FC2ブログ
2007年11月08日 (木) | edit |
「ほほ~、長崎・神戸・横浜に続いて東京にも中華街が出来たのか~」
と思った方、思いっきりブブーーーッ!
ハズレでした。
これは池袋北口にある中国料理屋さんの名前です。(笑)
2007_11070050.jpg
このあたりはエスニックな店が密集している
言ってみれば怪しい地帯。
2007_11070051.jpg
そんな雑居ビルの4階にこの店はあるのです。
昨日はここに13人集まって、
飲めや食えやの宴会でした。(←私たちは歌わない)

さて。
怒涛の料理を並べます。
2007_11070054.jpg
拌豆腐絲。
これは結構評判よかったですね~
ヤム・ママーを食べた中国人の友人が
「拌豆腐絲みたい」と表現していたので、
私も「中華風ヤム・ママー」と説明させていただきました。(笑)
2007_11070057.jpg
東北大拉皮。
“粉条”という太い春雨(普通の春雨は“粉絲”と言います)を使った前菜。
食感がなかなかよいですよ。
2007_11070056.jpg
鶏の四川風炒め。
「腰果鶏丁」や「宮保鶏丁」からカシューナッツやピーナッツを抜いた感じ。
これはまあ、説明不要でしょう。
2007_11070059.jpg
キャベツの四川風炒め。
これもとくに説明はいらないかな。
2007_11070063.jpg
老虎菜。
香菜を使った辛い前菜なのですが、
ここではほとんど辛さを感じなかったですね。
もしかして尖椒じゃなくてピーマンを使ってる?
2007_11070065.jpg
古老肉。
言わずと知れた酢豚ですが、これは広東式。
北京あたりの古老肉はカラリと揚げた豚肉に
甘酢を絡めるだけで野菜は入りません。
甘酢もケチャップを使わないの~
広東式の酢豚は“糖醋肉”と言うのよ~
2007_11070067.jpg
地三鮮。
ジャガイモとナスとピーマンの炒め物。
東北料理の定番。
ご飯が食べたくなる一皿です。
2007_11070068.jpg
魚香茄子。
茄子の辛み炒めですが、魚は入りません。
豆瓣醤を上手にいためると、魚が入っていないのに
魚の香りがするという料理人泣かせの一品。
日本の麻婆茄子の原型とも言われています。
2007_11070070.jpg
尖椒土豆絲。
ピーマンとジャガイモの千切り炒め。
炒めるときに酢を入れるとシャキシャキに仕上がります。
2007_11070073.jpg
西紅柿炒鶏蛋。
トマトと玉子の炒め物。
これは中国ではごく一般的な家庭料理。
これがあればご飯が何杯でも食べられちゃう。
2007_11070076.jpg
2007_11070078.jpg
香辣烏賊。
イカの辛み炒め。
ビールがすすみます。
2007_11070081.jpg
辣子鶏。
鶏肉の唐辛子炒めです。
これまたビールがすすむおつまみ的な四川料理です。
2007_11070083.jpg
蟹炒め。
パリパリに揚げてあったので、殻も全部いただきました。
カルシウムばっちり♪(笑)
2007_11070087.jpg
孜然羊肉。
羊肉のクミン炒めです。
やっぱりウマイですね。
クミンの香りが羊によく合います。
2007_11070086.jpg
2007_11070088.jpg
拔絲苹果。
揚げたリンゴに飴を絡めたものです。
取り分けるときに飴が糸を引くので“拔絲”と言います。
リンゴだけでなく、葡萄やサツマイモなどでも作ります。
食べるときは水に浸して、
飴をしっかり固めてパリパリにします。

というわけで、定番料理から珍しいものまでいただきました。
満腹でした。
ご馳走様でした。m(_ _)m


さてさて。
昨日からスタバではクリスマスプロモが始まってます。
私は例によってベアリスタちゃんを仕入れてきました。
2007_11080027.jpg
スノーマンとペンギンだよ~
かわいいよ~♪
2007_11080028.jpg
カップ&ソーサーも買っちゃいました。
ソーサーがちょっと大きめなのがうれしい。

で、今夜のおやつ。
2007_11080019.jpg
ハーゲンダッツの「Kokuto&Kuromitsu」です。
これ、新商品なのですが、かなりイケます。
黒蜜がこってりしすぎてなくて美味ですよん♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック