FC2ブログ
2007年10月18日 (木) | edit |
本日は西葛西でタイ料理。
2007_10170076.jpg
イサーン料理が得意だという「タイイサン」にトライ。
メンバーはHatsumiさんにおぢゃ~うさんと私の3名。
ややひっそりとした宴である。
(でも、全然ひっそりしてないけど……)
店は地下1階。
2007_10170078.jpg
入口は決して怪しげではない。
2007_10170084.jpg
店内はやや薄暗く、やや怪しげである。
注文を取りに来るおねえさんは日本語があやしく、
そこがとても初々しい。
2007_10170091.jpg
お通しはトードマンプラーを使ったもの。
トードマンプラーはさつま揚げみたいなやつね。
2007_10170098.jpg
「トマンカウーポー」というコーンを使った料理を注文しようとしたら品切れ。
え~?
これを食べに来たのにぃ~
というわけで……
2007_10170103.jpg
「ヤム カイヂョマー」。
いわゆるピータンのサラダ。
なるほど。
ピータンはヤム(和え物)にしてもおいしいのね。
多分ピータンには酢が合うんだと思うな。
2007_10170101.jpg
「ヤム グンチェアン」。
グンチェアン(「グンチャン」にも聞こえる)は腸詰なんだけど、
台湾や中国南方の腸詰にそっくり。
もちろん味もそっくり。
今度腸詰を買ったら作ってみなくちゃ。
2007_10170104.jpg
2007_10170111.jpg
「カポープラ」。
竹の子と魚の内臓入りの麺。
麺はセンレックやセンヤイではなくて、
このセンミーが使われるのが普通なんだって。
日本語のたどたどしいおねえさんが「細い方が合う」って言ってました。
2007_10170114.jpg
麺に添えられたタレがまたおいしかった。
酸味と甘みと辛みのバランスがGOOD!
「これはカポープラにしか使わない」と言われたけど、
私たちはいろいろなものにつけて食べてました。(笑)
2007_10170108.jpg
2007_10170115.jpg
「カウパウドン」。
ウドン地方のチャーハンです。
やっぱり腸詰が入っているのが特徴。
2007_10170116.jpg
「ムートーン」
豚肉の唐揚げです。
唐揚げ粉っぽい味で、なかなか気に入りました。
これにもカポープラのタレをつけて食べる私たち。(笑)
2007_10170119.jpg
カナー菜を使った「カナーナンマンホイ」が食べたかったのですが
こちらも品切れということで……
2007_10170117.jpg
カナー菜のかわりに空心菜を使ったものをだしていただきました。
袋茸もや赤ピーマンも入っていて、彩りや食感がよかったです。

会計の際にいろいろ聞いたところ、
イサーン料理は予約すれば何でもできるとのこと。
飲み放題2時間を付けて5000円~だそうです。
今度はイサーン特集もいいな~
また、行きましょ、行きましょ♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック