FC2ブログ
2007年08月19日 (日) | edit |
【8月19日(日)】 時々

今日は朝7時に起床。
手早く身支度を済ませて7時50分に出かける。
行き先は、豫園。
2007_08190412.jpg
ここに来るのもやはり3年ぶり。
日曜日のせいか、この時間にもかかわらず
結構人がいる。
2007_08190416.jpg
まだ時間が早いので、開店していない店も多い。
まずは……
2007_08190417.jpg
そう、南翔饅頭店へ。
ここは1階がテイクアウト専門、2階が蟹肉入り小籠包専門、
3階がコース専門となっている。
目指すは2階。
5年前に来たときは16個で15元だったのに、
今回は16個で20元。
うーん、値上がりしてるなあ。
8時半には店に入って席に着いたのに、
かなり待たされる。
いわゆる、客の完全入れ替え制を取っていて、
前回の人たちが全員出て行ってから
ようやく今回の客の小籠包が出てくるということらしい。
結局小籠包が出てきたのは9時10分。
結構待ったなあ。
2007_08190422.jpg
とにもかくにも小籠包を一つ……
2007_08190425.jpg
昔、包子を食べた客が中身だけ食べて外側の皮を残していたので、
それではもったいないからと、薄い皮のものが考え出されたという小籠包。
おいしいんだけど、以前食べたときのような感動はない。
セイロの底がガサガサしていて、せっかくのスープが
漏れ出てしまう……
もったいない。
そろそろこの店にこだわらなくてもいいかな。
他にもおいしい店はあるしね。

2007_08190428.jpg
さあ、小籠包を食べたあとは、
スタバでタンブラーを買いましょう。
今回は豫園限定タンブラーが目当て。
スタバの傘もいいなあ。
でも、荷物になるので今回はパス。
2007_08190433.jpg
タンブラーを買ったら、九曲橋を通って
豫園の入口まで行く。
入園料は30元。
2007_08190439.jpg
門をくぐれば庭園が待っている。
2007_08190443.jpg
足元にはこんな模様が。
これ、西塘の方に行ったときも見かけたなあ。
2007_08190447.jpg
以前はこのあたりも入ることが出来たんだけど
改修&老朽化で進入禁止の場所も結構ある。
実際に豫園に入るのは10年ぶり。
10年という年月は、やっぱり長いんだな。
2007_08190448.jpg
龍壁。
爪が5本ある龍は皇帝しか使えないので、
ここは爪4本の龍になってます。
2007_08190451.jpg
このあたりは静か。
昔来たときは、結構カップルで写真を撮っていたりして
にぎやかだったんだけどなあ。
2007_08190460.jpg
中学生か高校生の学生さん達が
テキストのようなものを持って
豫園の成り立ちやそれぞれの庭園について勉強をしてた。
こういうところにも時の流れを感じるなあ。
2007_08190464.jpg
さあ、豫園を見学したあとは、
もう1軒のスタバで小休止。
まだあまり長い時間歩いていられないのだ。
2007_08190465.jpg
アイスコーヒーを飲んでのんびりしていると、
試食だといって月餅と紅茶を持ってきてくれた。
ちょっとうれしい。
そういえば、上海のスタバはメニューに
「ショート」「トール」「グランデ」「ベンティ」と書いてあるのに
なぜか「小杯」を注文すると「トール」が出てくる。
基本的に「ショート」は作ってないみたいね。
2007_08190476.jpg
さあ、今度はお土産を買うぞ~!
ということで上海老街を歩く。
豫園の南側は工事をしていてこんな建物ができていた。
今度来るときは完成してるかなあ?
2007_08190479.jpg
中国といえば、こういう飾りだよな~
2007_08190480.jpg
毛沢東グッズ。
これ、もらっちゃったら結構困るよね。(笑)
他にもいろいろなお店があったので、
お土産をいろいろ買う。
あるお店ではお水を1本サービスしてくれた。
おばちゃん、ありがとね。

そのお水をぐびぐび飲みながら
方浜路を西へ西へを歩いていく。
2007_08190490.jpg
途中で見つけた蒸留水の自動給水器。
生水の飲めない中国では
各家庭に蒸留水のボトルがおいてある。
なるほど、こういうところで補給するんだ。
2007_08190495.jpg
街のあちこちは工事中。
以前もこのあたりを通ったから
面影のある通りもある。
それでもこうして崩されている箇所があちこちにあると、
まるで知らない場所を歩いているようだ。
私の大好きだった上海はもう、ここには無い。
2007_08190504.jpg
さらに歩いていくと、
果物屋の店先でスイカが空を飛んでいた。
ひょえ~~~っ
スイカって投げていいの?
今にも落っことしそうでコワイ、コワイ。

2007_08190551.jpg
さあ、やっとお目当ての場所に着いた!
上海万商花鳥魚虫交易市場。
ここに来てみたかったんだよね~
中に入ると……
2007_08190517.jpg
早速シマリスくんを見つけた。
元気いっぱいのシマリスくんは全力でアピール中。
うーむ、でも、買えないなあ。
2007_08190518.jpg
ロボロフスキーやジャンガリアンも発見。
以前はゴールデンハムスターが全盛だったけど、
最近はロボやジャンのようなドワーフハムスターが人気なのかも。
2007_08190522.jpg
2007_08190527.jpg
ケージも日本で売ってるのとほとんど同じ。
というか、日本のと同じもの?
2007_08190524.jpg
アヒルの子は元気に歩き回っていたけど、
とくにこの子はカメラのレンズが気になる様子。
何度カメラを構えても、レンズの前に顔を出す。
うーん、君はウチのまぐっちにそっくりだぞ。
2007_08190529.jpg
猫は……
ぐったりしてた。
そりゃそうだよなあ。
この暑さだもの。
人間だって動くのがつらいのに、
夜行性の猫には愛想を期待しちゃいけないよな。
2007_08190540.jpg
犬の方はくっついて丸まってた。
かわいいけど、上海では売れるのだろうか……
登録料が結構高いって言うしね。
他にもコオロギや魚が売られていました。
コオロギはとくに人気だったなあ。

ペット市場の向かい側は、東台路古玩市場。
2007_08190552.jpg
ここはいわゆる骨董市場なんだけど、
ほとんどがニセモノらしい。
でも、一応見ていくか……
2007_08190554.jpg
毛沢東語録です。
実は私は持ってない。
1冊くらいは買っておくべき?
2007_08190559.jpg
周璇のポスター。
周璇と言えば、「何日君再来」だなあ。
2007_08190561.jpg
古銭もアヤシイ。
絶対ニセモノだよな。
2007_08190566.jpg
こんな感じで両側に店が並んでいて
欧米人には結構人気。
オリエンタルな雰囲気がするからかな。

このままずっと西に歩いていくと新天地に到着。
アイスコーヒーを1杯飲んで、ついでに財布を覗くと、
もう500元しか残ってない!
慌てて近くの中国銀行に走る。
今日は日曜日なので開いている窓口も少なく、
結局きっかり1時間半待たされた。
今日のレートは1万円で647.4元。
14日が625元、15日が630元、16日が634.9元、17日が651元。
上昇して下降か……
本当は新天地内の鼎泰豊で小籠包を食べたかったんだけど
まだお腹が減らない……
仕方ないのでタクシーでホテルに帰る。

ホテルに戻ってみるとまだ部屋は掃除が終わっていなかったので
急いで掃除を頼む。
しかし、疲れた。
暑かったし、途中でお天気雨も降ったしな~
そのままベッドでしばらく休み……

気付いたら16時だった。
3時間近く寝ちゃったな。
慌てて食事に出かける。
地下鉄で南京西路まで。
2007_08190572.jpg
そっか。
寝てる間に雨が降ったんだ……
2007_08190577.jpg
ぜひとも買い物しようと思っていたZARAに行ってみたけど
目ぼしいものが無い。
うーん。
値段も日本と同じか、ちょっと高いくらいだし。
仕方ないので、そのまま夕食を予定していた
タイ・ギャラリーに行ってみた。
ん?
店が暗い。
さてはつぶれたかと思っていると、
店のドアが開いた。
18時開店なんだそうだ。
ガイドブックには16時開店って書いてあったのに~
でも、中で待たせてもらえるということなので、
とりあえずテーブルについて40分待った。(^^;)
2007_08190582.jpg
店内はおしゃれな造りになっている。
売り物のアートも展示してある。
2007_08190584.jpg
さて、メニューは……
英語、タイ語(アルファベット表記)、中国語で書いてあるね。
あれもこれも食べたいけど、一人だしなあ。
でもまあ、今日は豪華に行ってみよう!
「泰式青木瓜沙拉(ソムタム)」50元、
「辣味碎鶏肉沙拉(ラープ・ガイ)」48元、
「海鮮沙拉(ヤム・タレー)」58元、
「泰式緑咖[口厘]配青檸及羅勒葉(グリーンカレー)」58元。
2007_08190604.jpg
まずはグリーンカレーが来た。
今回は豚肉で作ってもらった。
具がたっぷりだし、バイマックルー(コブミカンの葉)と
ココナツミルクがとてもいい香り。
米の炊き方はもう一つだけど、
マイルドな辛さでとてもおいしい。
2007_08190612.jpg
そしてラープ。
実はこれが一番辛かった。(笑)
一緒に出てきたレタスに包んで食べるようにと言われたけど、
そのまま食べても充分おいしかったなあ。
2007_08190616.jpg
ソムタムはほとんど辛くない。
でも、久しぶりのこの青パパイヤの食感がうれしい。
中国料理は好きなんだけど、続くと結構胃に重い。
タイ料理の甘酸っぱさがとてもいい。
2007_08190617.jpg
そしてヤム・タレー。
エビもイカもたっぷり。
普通の玉ねぎが使ってあるのでちょっと甘いけど
とっても爽やかな辛さだわ。
これ以外の料理もだいたい50~60元という手頃さ。
もちろん中国の物価からすればかなり高いけれど、
今回私が注文した4品は3人で食べても充分な量。
これで約250元だからそれほど高くはないかな。
私が感心したのは……
2007_08190620.jpg
この唐辛子で作った花飾り。
きれいでしょう?
これは絶対真似したい!
ここは意外と繁盛店みたいで、
次々客が入ってきた。
そうか、これからは中国のタイ料理も目が離せないな~
でも、お願いです。
私に英語で話しかけるのはやめてください。(笑)
相手が外国人と見ると、即英語で話しかける習慣は
どうかと思うの。
もちろん、料理を注文するとか日常会話程度なら
英語でも充分こなせるんだけど、
私の語学力は、日本語>中国語>英語なんです。(笑)
できれば中国語で話しかけてくれた方が助かります。

2007_08190627.jpg
そして早めにホテルに戻り、シャワーを浴びて
のんびりチョコ&コーヒータイムとなりました。

(旅行中につけていた日記に加筆修正したものです)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック