FC2ブログ
2007年08月14日 (火) | edit |
【8月14日(火)】
いつも中国に行くときは、
朝暗いうちに起きて家をでるのだけれど、
今回は午後便出発ということで、
のんびりと8時40分に家を出た。
このくらいの時間だと助かる~
電車もラッシュ時間帯のはずが、
お盆休みの人が多いらしく、結構すいている。
よかった~

さて。
空港での集合時刻は11時半。
今回は私の通っている二胡教室の人たちと一緒に
上海音楽学院で行われる二胡検定を受けに行くのだ。
というわけで、みんなで同じ飛行機に乗る。
# 個人で飛行機&ホテルを取った人も有り。
すでに出国ラッシュはピークを越えたらしく、
空港は比較的すいている。
全員で飛行機のチェックアウトをしたあと、
海外用携帯電話を持たない人たちは
携帯電話のレンタルをしに行った。
私?
私は去年のトルコでレンタル携帯に痛い目を見ているので、
今回は最初から自分で海外用携帯を持って行ったのだ!
携帯レンタルに時間がかかったものの、
税関はスムーズ。
みんなで一緒に二胡の持ち出し申請。
実はこれをしておかないと後で大変なことになる。
2007_08140006.jpg
空港にはこういうものが大抵置いてあるが、
要するに帰国の際に「持ち込み不可」ということになり
没収もしくはニシキヘビの皮を剥がれることになるのだ。
各自書類に自分の二胡の特徴を記し、
税関の印を押してもらって手続きは完了。
その後の出国手続きは非常にスムーズ。
やっぱり成田は第1ターミナルと第2ターミナルに分けて
よかったね~

出国がすめば、しばらく自由行動。
私たちは小腹がすいたということでスタバへ。
ここでしばらく休憩の後、ゲートへと移動した。
第1ターミナルは改装がすんだばかりなので本当にきれい。
2007_08140011.jpg
自分の乗る飛行機を眺めながら、だんだんうれしくなってくる。
実は私は「飛行機が大好き」なのだけれど、
「飛行機が大の苦手」でもある。
ただ、今までのところ、飛行機事故に遭ったことはないし、
前日まで欠航だったのに自分の乗る便は予定通り飛んだりで、
意外と飛行機は相性がいい気がする。
そんなことを考えながら機内で待機していると、
14時10分に飛行機は動き始め、14時半に無事離陸した。
そして15時に、お待ちかねの機内食♪
2007_08140016.jpg
見た目はいいけど、味はもう一つ。
デザートがないのもちょっとさびしい。
全日空なので「FLY! パンダ」の機体だといいなあ、
と期待していただけに失望感は否めない。
食後、デジカメの時計を1時間戻す。
腕時計はもともとデュアルなので戻す必要無し。
いつもは一人旅なので退屈する機内での時間も、
今回は大勢(なんと16人!)での旅なので
暇になる時間もない。
あっという間に上海に到着。
時計を見れば17時10分(現地時間)だった。

入国審査は「中国人専用ゲート」に並んでよいという指示だったので
あっという間に完了。
外に出て、ガイドの周さんという女性と合流。
みんなで大型のバスに乗り、ホテルまで移動した。
途中、「あれが万博会場ですよ」と教わる。
2007_08140018.jpg
上海の万博は2010年。
その頃までにこのあたりはきれいになってるんだろうな~

ホテルに着いたのが18時頃。
部屋(811号室)に荷物を置いたら、すぐにロビーに集合。
とりあえず他の人を待つ間にエクスチェンジしてみる。
1万円→625元。
1元がちょうど16円。
悪くない。
ついでにウェイウェイ先生と写真を撮ってみる。
2007_08140027.jpg
(写真の無断使用・二次使用禁止)
書き忘れていましたが、
私の入っている教室は「心弦」というところであります。
私の直接の先生はウェイウェイ・ウーさんではないけれど、
ときどきレッスンを見に来てくれるので
お互いの顔はわかっているというところか。
さて。
本日の「検定頑張ろう会」はホテル近くの
「蘇浙匯」(ジェイドガーデン)。
2007_08140033.jpg
なかなか雰囲気の良いところである。
メニューはウェイウェイ先生におまかせ。
2007_08140041.jpg
まずは前菜系の料理が並ぶ。
2007_08140042.jpg
とりあえず検定前なので私はアルコール抜き。
ウェイウェイ先生おすすめのスイカジュースで乾杯!
フレッシュなスイカをしぼってあって結構おいしい。
2007_08140038.jpg
これは凍み豆腐を似たもの。
「これを食べれば検定合格ですよ!」との言葉に
みんな先を争って食べる。(笑)
2007_08140039.jpg
豚の煮こごり。
見た目もきれい。
味もさっぱりしていておいしい。
2007_08140040.jpg
見たとおり、キュウリの和え物。
これはまあ定番かな。
2007_08140044.jpg
前菜を皿に並べてみた~
これだけでも彩り華やか。
2007_08140048.jpg
薄切りの豚肉のドームの下は湯葉。
これまたさっぱりとした味で
いくらでも食べられそう。
2007_08140050.jpg
こちらは胡椒のきいたベトナム風牛肉料理。
肉はやわらかくて最高。
2007_08140052.jpg
桂魚の丸揚げもいただきました。
2007_08140053.jpg
アスパラはシャキシャキ。
アスパラって大好き!
2007_08140056.jpg
こちらはまん丸の麩を煮込んだもの。
麩がスープを吸っておいしい。
2007_08140058.jpg
なんとアワビ入りのスープもいただきました。
冬瓜も入っていてお腹にやさしい。
2007_08140062.jpg
2007_08140064.jpg
来ました、来ました、上海ダックちゃん♪
小さな貝の形のマントウにはさんでいただきます。
燻製されたダックの香りがかぐわしい♪
思わず4切れ以上食べてしまいました。(^^;)
2007_08140065.jpg
葱油餅。
これはウェイウェイ先生も大好きなんですって。
ここのはものすごくパリパリしていて
本当においしかった!
店によっては油っぽいのがあるんだけど
これは大丈夫でした。
2007_08140066.jpg
そしてウェイウェイ先生イチオシのデザート。
酒醸(ジウニァン=酒かすのようなもの)を使った
甘酒風のものに小さく切ったお餅が入っています。
金木犀の花も入っていて香りがとてもいい。
食事の〆にバッチリでした。
2007_08140067.jpg
中国のデザートといえば、
果物も忘れちゃいけない。
なぜか大抵はスイカとミニトマトなのです。
というわけで、たらふく食べて(19品!)100元。
いつもの私からは想像できない贅沢です。(笑)
でも、おいしかった~

そして、そんなポンポコリンのお腹を抱えて、
ウェイウェイ先生御用達のチャイナドレス屋さん「金[氵名](ジンミン)」へ。
私は早速チャイナドレスをオーダー。
シルクで注文して800元。
まあまあのお値段でしょうか。
自分のチャイナドレスを決めた後は、通訳として活動。
他の人たちが見せの人と交渉したり話したりするのを
サポートさせていただきました。

ホテルに戻ればもう23時。
2007_08140068.jpg
今夜はゆっくり休んで、明日の検定に備えます。
おやすみなさ~い♪

(旅行中につけていた日記に加筆修正したものです)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック