FC2ブログ
2007年07月10日 (火) | edit |
昨日はまたもや午後がぽっかり空いたので、
今度は亀戸の「東京大排档」に行ってみました。
# 「大排档」は「屋台」という意味の中国語です。
2007_07090009.jpg
2007_07090011.jpg

2007_07090012.jpg

なんとこちらはランチバイキングが999円(120分)。
さあ、ガッツリ行きますよ~

というわけで。
まずは店内に入ってみる。
うーん。
だだっ広い。
これは……この雰囲気、確かにどこかで見たことある。
どこだったっけか?
そして席に案内され、ビュッフェ台を一巡して思い出した!
そう、これは中国にある中国系ホテルの朝食バイキングに
そっくりなんだな~
中国系ホテルの朝食バイキングは
麺点(包子とか餃子などの粉物)だけでなく、
炒め物に煮物、豆漿(豆乳)、
豆腐脳(おぼろ豆腐のあんかけ)などが
しこたま並んでいるわけです。
うん、まさにあれそっくりだ。
2007_07090013.jpg

2007_07090014.jpg

2007_07090015.jpg

2007_07090016.jpg

2007_07090047.jpg


んではまず第1陣よね。
2007_07090017.jpg

まずはこのくらい取ってきました。
バイキングのときは、1~2口で食べられる量を
いろいろ取ってくるのが成功の秘訣です。
2007_07090018.jpg

まずは前菜の皿。
干豆腐やアヒルがあるのが興味深いですね。
豚耳もちょっとうれしい。
ただ全体的に味が薄いのが気になります。
結局自分で酢やラー油をかけてしまいました。
2007_07090019.jpg

イカとアスパラの炒めやエビチリです。
エビチリは辛くなかった~
甘酢っぽい感じでした。
2007_07090020.jpg

鶏肉の煮込み。
これはしっかりダシが出ていておいしかった。
2007_07090021.jpg

そして小籠包。
なんでも自家製らしいんです。
私は最初3個持ってきたのですが、
すぐそばにいたおじさんは皿にてんこ盛りにしてきて
それをぺろりとたいらげたあと、何度も小籠包を取りに行き、
ついにはビュッフェ台の小籠包を食べつくし、
厨房内の厨師(コック)に「小籠包没有了!(小籠包がもうない!)」と訴え、
セイロで小籠包を出してもらってました。
なるほど、そういう食べ方がありましたか~
そうは言っても、私も9個食べたけどね。
2007_07090024.jpg

さて、今度は点心類を取ってきました。
棒餃子ははっきり言って不味かったです。
春巻はどうやら店内で作っているらしく、
形は不揃いながらパリパリしていておいしかった。
ニラ玉の餃子は結構おいしかったですね。
韮菜餅にこんなところで逢えるとは思っていなかったので
結構うれしかったのですが、
一緒に混ぜてあるコーンははっきり言って要りません。(^^;)
2007_07090027.jpg

これは再び前菜。
豚足がこんなバイキングで出てくるのは珍しいですね。
でも、食べ過ぎると他のものが食べられないので
小さいものを一片だけ。
棒棒鶏はなかなかよかったです。
2007_07090022.jpg

そして、やっぱりこれ!
豆腐脳ですよっっ
中国では朝の定番。
屋台でよく見かけます。
地方によって味は違いますが
豆腐はできたてでフルフルのアツアツが身上。
ちょっと残念だったのは
私が食べ終わってから香菜が出てきたことなのだ~~~!
私が豆腐脳を器に盛っていると、
中国人客(←中国人客しかいない)がそれは何かと尋ねるので
「これは豆腐脳。あっちは豆漿」と教えると、
「おお! 豆腐脳! おお! 豆漿!」と感激していました。
うーむ。
よいことをした。
2007_07090029.jpg

これは豚肉の煮込み。
やわらかくて美味でした。
スープがとてもウマイ。
2007_07090031.jpg

再び温かい料理を。
左に写っているのは揚げ魚のあんかけ。
ちょっと骨が多かった……
で、ふと見るとこんな張り紙に気付きました。
2007_07090034.jpg

あら~
刀削麺ね~
それはぜひ食べたい。
小姐に注文すると「豚角煮か牛バラか担々麺のいずれかを選べ」というので、
どれがおすすめか聞いてみると「牛バラ」とのことでした。
ということで私も牛バラに決定~♪
2007_07090037.jpg

厨師が一生懸命作ってくれてます。
私が注文するまで誰も刀削麺に注意を払っていなかったのですが
厨房内でにわかに動きがあったためか多くの客が注目し、
その後ひっきりなしに刀削麺のオーダーが入るようになりました。
うーむ。
またもやよいことをした。
2007_07090040.jpg

で、完成。
ちょっと昔の東京風ラーメンのような澄んだスープ。
これが意外と深かったですね。
さらに私は点心コーナーで変なものを見つけました。
2007_07090038.jpg

そう。
ピザです。
でも、何か違う……
食べてみるとピザ生地ではなくて火焼(フオシャオと呼んで下さい)
のようなみっしりした生地。
のっているのはキャベツの漬物(?)。
ほほう。
こんなところまで中国的にいくわけですね。
でも、あんまりおいしくなかったよ。
ごめん。
残しちゃった。
2007_07090039.jpg

でも、こっちの太陽餅(タイヤンビン)みたいな酥餅(スゥビン)は
サクサクして中に甘い層があっておいしかったです。
2007_07090048.jpg

ここまで来たら豆漿(豆乳)も、ということで飲んじゃいました。
油条があったので浸して食べたかったのですが
ちょっとお腹いっぱいになってきたので油条はやめました。
中国の豆漿は温かいのがポイント。
甘くないので自分で砂糖を加減して入れて飲んでね。
私は思い切り甘いのが好き。
2007_07090050.jpg

ごま団子。
これはあんこがイマイチだったな~
2007_07090054.jpg

そして杏仁豆腐。
自家製のようでしたが、味はイマイチ。
缶詰のフルーツがちょっと多すぎなんです。

というわけで、中国に行ったことのない日本人が迷い込むと、
「これはどうやって食べればいいの?」「これは何?」と
疑問符が頭に浮かぶものがかなり多いと思うのですが
中国に行きなれた人だとかなり懐かしいものが多くて
うれしくなっちゃうかもしれません。

そしてアヤシイ店内。
2007_07090046.jpg

鯉がいました。
でも、なぜ池が青なの?
こーゆーことするから私に「中国っぽい」って言われるんだってば。
そして私が入ったときは1人しかいなかった客も……
2007_07090060.jpg

私が帰る頃にはこんなに増えて賑やかになってました。
そして日本人は私と、後ろのテーブルの男二人連れだけでした。
なーぜそれ以外が中国人だとわかるかというと、
話し声、骨付き肉の食べ方など、いろいろです。(≧∇≦)ノ
んでもって件の「洗手間」。
2007_07090061.jpg

最初、「洗手間」の何が変なのか全然わからなかったのですが、
よく考えたら日本語だと「御手洗」なんですね。(^^;)
「洗手間」に違和感を感じなかった私って……(^^;;;
ちなみにこれは「洗・手間」ではなく、「洗手・間」と切ってください。
つまり「手を洗う部屋」=「御手洗い」ね。
最近は「厠所(直訳すると“便所”というイメージかな)」は
あまり上品ではないということで
「洗手間」や「化粧室」という言い方が広まってきてます。

全体的に味よりも雰囲気が勝っている感じです。(^^;)
この次に行くことがあれば、
+500円出して火鍋の食べ放題を付けたいな~
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/17(Wed) 20:01 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック