FC2ブログ
2020年01月31日 (金) | edit |
昨日、今日は板橋の日。
昨日はお昼はどうしようか考えて、
「そうだ、十条のあのお店に行ってみよう」と思い立ちました。

2020_01304104.jpg 2020_01304105.jpg

2020_01304108.jpg 2020_01304109.jpg
十条といえば商店街がなかなかのものですが、
あっという間にタピオカ屋さんが4軒も! (@@;)
ビックリです。

2020_01304113.jpg 2020_01304114.jpg
「あのお店」というのは具体的に言えば
「MAA HALAL FOOD (マー・ハラル・フード)」。
ハラルフードの食材店がレストランにリニューアルしたらしい。

2020_01304115.jpg 2020_01304118.jpg
ビリヤニもいいよね、と思って階段を上がっていったのですが、
お店、やってませんでした。(泣)

さて、どうしましょうか。
板橋まで移動して食べてもいいけど、
せっかくの十条だからぶらぶらしてみますか。

2020_01304110.jpg 2020_01304111.jpg
こちらの立ち飲み屋さん「勝 (しょう)」は
自家製のミートボールやおしゃれなキッシュがあったりして
結構気になりますね。
仕事前なので飲めませんが。(≧▽≦)ノ

2020_01304119.jpg 2020_01304122.jpg
こちらの「じゃじゃ馬」も入口のビリケンさんもさることながら、
厚切りトンカツ720円というのにも心惹かれます。

2020_01304125.jpg 2020_01304126.jpg
先日、王子で行った「桂園」の赤羽店ですが、
何となくこちらの方が美味しそうに見えますよね。

2020_01304128.jpg 2020_01304173.jpg
肉骨茶(バクテー)の「とんちゃんハウス」も
久しぶりに食べたいところですが……

2020_01304131.jpg
昨日は結局「中国家庭料理 楊」に行ってみることにしました。
以前はこのあたりをよく通っていたのですが、
その頃はこちらのお店は私が通るときに店を開けていないことが多く、
ずっと行きたいと思っていたんですよね。
というのも……このはす向かいのようなところに
「成家料理」という中国料理屋さんがあって、
そこのオーナーの成さんは「楊」でコックをしていたのでした。
すぐ近くに店を出すことについて、いろいろ言われたりもしていましたが、
私は成家料理のお料理が好きで、よく担々麺を食べていました
今は成家料理が無くなってしまったので、
あの担々麺をもう1度食べたいものだと、ずっと思っていました。
そんなわけで「楊」です。

2020_01304138.jpg 2020_01304137.jpg
4人掛けのテーブルが3つにカウンター2席(1.5席?)。
思った以上に狭いですね。

2020_01304134.jpg
        2020_01304135.jpg
                2020_01304136.jpg
オーダーはもちろん「汁なし担々麺セット」。
辛さは「辛め」、小ライスをつけてもらいました。

2020_01304139.jpg 2020_01304142.jpg
しばらくして汁なし担々麺が出てきました。
やっぱり成家料理と通じるところがありますね。
麺の感じは長崎ちゃんぽんっぽい感じですよ。

2020_01304144.jpg
麺の上にはチンゲン菜と落花生、ひき肉炒めがのっています。
ひき肉炒めは軽い塩味といった感じです。
結構、麺もたっぷり入ってるな~
食べきれるかしらん?
いや、通常なら大丈夫なんですよ。
でも、今のところ病み上がりで胃袋の容量が小さくなっているのです。
いつもの半分の量で満腹になってしまいます。
ドキドキ……

2020_01304145.jpg 2020_01304146.jpg

2020_01304149.jpg 2020_01304156.jpg
サラダとスープ付きで、スープはかなり具沢山。
あっさりしていて美味しいですよ。

2020_01304150.jpg
「よく混ぜてお召し上がりください」と言われましたが、
なるほど、下の方にたっぷりと担々麺のタレが隠れていました。

2020_01304151.jpg 2020_01304154.jpg
よく混ぜてみました。
…………赤い。
危険な香りが……
食べてみましょう。
一口目。
まずは芝麻醤(練り胡麻)が口いっぱいに広がります。
結構ゴマゴマしてますね。
二口目。
…………痺れる。
私、唐辛子の辛さには強いのですが、花椒の痺れには少々弱いのです。
あ、そうそう、たまに「花椒」のことを「花山椒」って呼ぶ人がいますが、
「花椒」と「花山椒」は違いますからね。
中国の山椒は花のように実が開くので「花椒」と呼ばれます。
「花山椒」というのは山椒の花のことなので、混同してはいけません。(^^;)
そんな花椒の痺れが唇から舌、喉、食道、胃壁へと広がっていきます。
これはちょっとヤバイかも。(^^;)
とにかく痺れでほとんど味が分からなくなってきました。
ここまで痺れるのはタンタンタイガー以来です。(@@;)
胃が痙攣する……
半分くらい食べたところで満腹になってきました。
でも、ここまで食べたら全部食べなきゃもったいない!
ひき肉と落花生はライスにのせたりして
最後まできれいに完食しました。
それにしても、まさかここまで好戦的な担々麺とは!
恐れ入りました。m(_ _)m
花椒と芝麻醤が好きな人にはたまらない担々麺ですよ♪


食後。

2020_01304130.jpg 2020_01304157.jpg
お隣の「鳥肉の山田屋」の猫と遊びました。
人の靴を勝手に枕にしちゃうフレンドリーな猫です。

2020_01304159.jpg 2020_01304163.jpg
「どこにも行っちゃ嫌ニャ!」「もっともっと撫でるニャ!」と
ものすごく懐かれました。
やっぱり猫ってかわいいよな~

2020_01304172.jpg
そうそう、十条駅の踏切のところにあった「バンプー」というタイ料理屋さんが
いつの間にか無くなって、ガールズバーになっていました。
残念だな。。。


さて。
今日は素直に板橋です。

2020_01314177.jpg 2020_01314179.jpg
久しぶりの「破天荒」。
やっぱりときどき食べたくなっちゃうんですよ。
昨日の担々麺で勢いづいたというか……(笑)

2020_01314181.jpg 2020_01314180.jpg
2ヶ月ぶりの今日は汁なし担々麺だな。
いつものように辛口、キャベツトッピングで。

2020_01314184.jpg 2020_01314186.jpg
ワーイ、ワーイ!
あふれんばかりのキャベツと、これでもかとかけられた黒胡麻。
キャベツトッピングにすると野菜のおかげで
担々麺がよりさっぱりと食べられるんですよ。
このポキポキした食感のゆで加減もちょうどいいですしね。
花椒はあまり強くありませんが、私にはこのくらいがちょうどいいようです。
花椒は好きなのですが、あまり多すぎると胃が拒否反応を起こすみたいで……

2020_01314189.jpg 2020_01314190.jpg
太めの縮れ麺も濃厚なタレが絡みやすくていいですよね~
もはや四川風とか日本風を超越して「破天荒の担々麺」なんですよ。
そして2/3くらい食べ進めたら、今度は黒酢をかけちゃいます。
黒酢は体にもいいですし。
そして、ここ大事なのですが、破天荒で使っている黒酢は「金山牌」。
鎮江香醋(鎮江黒酢)にはいくつかのブランドがあります。
私はいつも中国食材店で買うのですが、一番安いものだと1本150円くらい。
でも、高いものになると1本300円弱。
中でも金山牌は一番高級で高い黒酢なんですよ。
「北固山」とか「老騾子」とかは安い方の黒酢ね。
破天荒のお店でも最初は安いのを入れていたらしいのですが、
途中からこちらの高いものに切り替えたのだとか。
濃厚だけどまろやかな黒酢なので、私も家では金山牌を使っています。
実はこういうメインのメニュー以外のところでこだわりがあるというのは
とても大切なことなのではないかと最近思うようになりました。


奇しくも今週は麺ばかり、しかも後半は担々麺ばかりという1週間でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック