FC2ブログ
2020年01月22日 (水) | edit |
昨夜は友人たちの誕生祝い(←私以外全員12月生まれ)を兼ねて
池袋でちょっとした宴会をしてきました。

2020_01213866.jpg

        2020_01213869.jpg
夜の池袋はなかなかきれいですね。
イケバスも初めて見ましたよ。
なんだかオシャレ! (@@;)

2020_01213870.jpg 2020_01213879.jpg
予約の時間まで時間があるので、
友誼商店と友誼食府を覗いていくことにしました。

2020_01213874.jpg 2020_01213875.jpg
エレベーターを降りると、左奥が食品スーパー、右奥がフードコート。

2020_01223908.jpg
今回は3回目にして初めてプリペイドカードを作りました。
少しずつチャージして使うことにしましょう。

2020_01213876.jpg 2020_01210161.jpg
最初にフードコートの方の大沪邨(だうつん)で
「香酥鸡」を買いました。
これ、パリパリの食感に包まれている鶏肉なのですが、
ちょうどいい塩加減になっています。
ご飯のおかずだけでなく、ビールのつまみにもいい惣菜です。

2020_01210164.jpg 2020_01210165.jpg
そして食品スーパーの方では、「香辣妹子」の商品を
冷蔵ケースからごそっと買ってきました。(笑)
四川ソーセージに香辣醤、そして夫妻肺片。
そう、夫妻肺片がパック入りで売られているんですよ。

2020_01220001.jpg 2020_01220003.jpg
パックを開けると牛モツや野菜とともに和えダレが入っていて、
これをからめるだけであっという間に夫妻肺片ができあがるわけです。
便利、便利!


さて。
そろそろ時間です。

2020_01213886.jpg 2020_01213904.jpg
池袋北口の「大沪邨 (だうつん)」です。

2020_01210045.jpg 2020_01210044.jpg
さてさて、今日のおすすめ何かな???

メンバーがそろったところで乾杯です。
さあ、それでは宴会と参りましょうか。

2020_01210077.jpg
老上海酱鸭 (上海味噌味アヒル)
まずはコレ!
私、アヒルが食べたかったんですよ。

2020_01210073.jpg 2020_01210081.jpg
濃すぎない甜麺醤味で、アヒルも独特の脂分がありつつ
さっぱりと食べられる一皿でした。

2020_01210088.jpg 2020_01210089.jpg
香菜干丝 (香菜と押し豆腐の胡麻和え)
これも中華と言ったら定番。
水分を抜いた豆腐なのであっさりしています。
そう、中華ってこってりしたものばかりではないんですよ。

2020_01210096.jpg 2020_01210094.jpg
蟹粉狮子头 (蟹入り肉団子スープ)
さあ、今回の予約料理がこちら。
4時間かけて煮込んだスープに蟹入りの肉団子を入れて煮てあります。
4時間ですよ?
そりゃ、予約料理になっちゃいますよね。

2020_01210105.jpg 2020_01210106.jpg
このスープが本当にしみじみ美味しい。
このスープだけでも何杯も飲みたい!
博多の水炊きってスープが美味しいじゃないですか。
そんな感じです。
そしてほろっと崩れるくらいにやわらかい肉団子も
スープの旨みがしみこんでいました。

2020_01210099.jpg 2020_01210101.jpg
炒豆苗 (豆苗炒め)
おすすめということで、豆苗炒めを。
実はこの豆苗は普通私たちがスーパーで見かける豆苗よりも
太くて葉が大きいんです。
だから香りも歯ごたえも全然違いますよ。
この豆苗、美味しいですね。

2020_01210110.jpg 2020_01210111.jpg
こちらはセリと押し豆腐を炒めたもの。
これもシャキシャキした食感で、セリの香りが程よくて
食欲がどんどん進みます。
こんなのご飯にのせたらいくらでも食べられちゃう!

2020_01210113.jpg 2020_01210115.jpg
醉蟹 (酔っぱらい蟹)
本当は本日のおすすめを見て、醉虾(酔っぱらい海老)を注文しようとしたのですが、
「酔っぱらい海老は今日はない。酔っぱらい蟹ならある」と言われ、
ちょっと、それこそ本望じゃないですかってことで、
酔っぱらい蟹をオーダーしたのでした。

2020_01210117.jpg 2020_01210118.jpg
生きた上海蟹を紹興酒に漬けて酔っぱらわせるのですが、
紹興酒だけではアルコール度数が低いので
白酒なんかも使うらしいですよ。
なので、この皿の下の方にたまっているタレが美味。
メスなのでとろっとした卵もあって、これがまた美味。
蟹の身はとろ~んと舌にからみつくような感じで
舌全体で蟹の味が楽しめます。
ウマ~イ!!!
もう10年位上海蟹とはご無沙汰な関係でしたが
奇しくもここで再会できてうれしかったです♪

2020_01210125.jpg 2020_01210123.jpg
剁椒鱼
もう1つ、おすすめ料理。
こちらは唐辛子を刻んで魚と蒸し煮にしたお料理。

2020_01210120.jpg 2020_01210129.jpg
魚は淡泊なのでおつゆがしみこんだところが美味しく、
その魚から出た出汁を豆腐が吸っていて、
こちらもまた絶妙な味だったのでした。

2020_01210130.jpg
牛肉煎包 (焼き牛肉まん)
予約したときに肉まんを16個お願いしていたのですが、
昨日の昼間に老板から電話がかかってきて、
「何を16個でしたっけ?」と聞かれて肉まんだと答えると、
「肉まん、作ってない」と言われました。
で、そのかわりにあったのが牛肉煎包。
ちょうど焼きたてだというので、お願いしちゃいました。

2020_01210133.jpg 2020_01210135.jpg
熱々の生地の中には牛肉餡がぎっしり。
ジュワッと肉汁も出てきます。
これはウマイ!
先日、友誼食府の大沪邨でも食べましたが、
そちらは出来立てではなかったのでジューシーさがあまりなかったのですが、
この作り立てはもはや全然別物でした。
牛肉煎包、ありがとう!

2020_01210138.jpg
葱油面 (葱油和え麺)
これは今回私が食べたいと言っていたメニュー。
自分でもよく葱油拌麺です。

2020_01210142.jpg 2020_01210144.jpg
こちらの葱油拌麺は葱が完全に黒くなる前でとめて
香ばしさを出していますね。
基本的に葱と油と醤油と砂糖があればできてしまうシンプルな麺なので
シンプルであるが故の店による違いが出てきます。
ここのは甘さ控えめであっさりしていますよ。
私が作るのともまた違うので勉強になります。

2020_01210153.jpg 2020_01210158.jpg
酒酿小圆子 (酒糟入り白玉スープ)
デザートに白玉。
上海ではよく、これに金木犀の花を入れたのを食べますね。
ほんのり甘い酒醸入りの温かいシロップに
紅白のかわいらしい白玉が浮かんでいて、とてもおめでたい気分になりました。

いや~、気が付いたら4人で10品食べてました!
そりゃ、満腹になりますよね。 ( ´Д`)
ビールや紹興酒も飲んだのでお会計が一人8000円くらいになりましたが、
上海蟹も食べたことを考えると、かなり安かったのではないかと思います。
何よりどの料理も美味しかったのが◎でした。


ところでですね。
そんな昨日の戦利品を元に、今夜のご飯を用意しました。

2020_01220005.jpg
仕事から帰ってきて21時過ぎの晩御飯ですが、
大沪邨の牛肉煎包と香酥鸡、それに香辣妹子の夫妻肺片で
ちょっとした中華プレートのできあがり。
はぅ~~~っ、満足です♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック