FC2ブログ
2020年01月06日 (月) | edit |
今日は、毎年恒例の初詣。
いつものように深大寺です。

2020_01060089.jpg
 「あけおめでしゅ♪」
今日もネズミちゃんの被り物を持って行って
モカさんにはネズミになってもらいました。(笑)

2020_01060001.jpg 2020_01060002.jpg
さてさて、それでは参拝しましょう。
今日は平日ですが、結構にぎわっていますね。
私のように三が日と土日を外した人が多いのでしょうか。
ちなみに深大寺のお店は月曜定休のところが多いので
気を付けましょうね~

2020_01060007.jpg 2020_01060011.jpg
さあ、お参りしましょ。
さっそくお賽銭をと思ったら、財布の中にあったのは50円玉。
いつもお賽銭は100円なのですが、100円玉がなかったので
仕方なく50円で……
まあ、12月に3回も来てお参りしていますしね。(^^;)
モカさんもちゃんといい子でノンノンできました。

2020_01060024.jpg 2020_01060018.jpg
ご挨拶をすませたら、これも毎年恒例のおみくじです。
こちらは200円ですが、小銭がないので1000円でお釣りをもらいまいた。
 「吉、でしゅか?」
ですです。
ここ数年の流れはこんな感じ。
  67凶(2004)→9大吉(2005)→60小吉(2006)→99大吉(2008)
  →71凶(2009)→78大吉(2010)→28凶(2011)→34吉(2012)
  →91吉(2013)→23吉(2014)→91吉(2015)→81小吉(2016)
  →42吉(2017)→ 29吉(2018)→ 31半吉(2019)

比較的「吉」が多いですよね。
去年の「半吉」は最悪の内容でしたけど。( ´Д`)
ちなみに深大寺のおみくじは
大吉→吉→半吉→小吉→末吉→末小吉→凶
という順になっているようです。

で、気になるおみくじの内容ですが……

  【第九十二吉】
幼(いごけな)きより 常に旅を為す
春に逢ふて 駿馬驕る
前程 宜しく歩を進むべし
箭(や)の 青霄(せいせう)より降るを得ん

●此ミクジにあふ人は 旅で他国をかけまはりかせげば仕合よし
萬事此心にて此方より足手をはこびてする、
又、是正直の徳によつて天のめぐみを受るの義也
若不正直の人ならば此裏にて罰を受くべし
天道を祈りて吉
●悦事吉
●病人本ぶくす
●望事叶ふ
●あらそひ事かち也
●待人は来らず
●失ものたづねてよし東の方高き所にあるべし
●ふしん、やうつりなど春にしてよし
●ゑんだん吉
●産は安産
●そせう事叶ひかたし
●生死は生く
●奉公たびだちよろづよし
●職は土、金糸に縁あることよし

ようするに生まれたときからふらふら定まらず、
不正直してるとバチが当たるってことですよね。
でも、去年に比べたらよっぽどいいことが書いてありますよ。(笑)


おみくじも引いて気がすんだので、お昼を食べに行きましょう。

2020_01060026.jpg
途中、モカさんのプリケツにくらくら。(笑)

2020_01060028.jpg 2020_01060034.jpg
どんぐりの帽子もかぶせてみたり。


2020_01060038.jpg 2020_01060040.jpg
さて、今日のお昼は松葉茶屋です。
ここもすっかり常連になりましたね~

2020_01060073.jpg 2020_01060075.jpg

2020_01060042.jpg 2020_01060041.jpg
モカさんがいるので外席ですが、
今日はお天気もいいし、火も焚いてあるので暖かいですよ。
仕事始めからそのままお昼がてら深大寺にお参りして
その流れでお蕎麦というお客さんも多く、
20名以上の団体さんが訪れたりして、あっという間に満席になりましたよ。

2020_01060043.jpg 2020_01060044.jpg
年末年始なのでメニューは絞ってあります。
本当は鴨南蛮を食べたいところなのですが
この時期はメニューから外れているので、別のものを。
じゃあ、せっかくだから天かけにしてみましょうか。

2020_01060047.jpg
 「今日もママちゃん、飲むでしゅか……」
飲むよ。
2本飲むよ。
ってことで、深大寺ビール。
これ、ホッピービバレッジが作っているのですが、
このホッピービバレッジが実は地元調布なんですよね。
本社が赤坂、工場が調布。
なので深大寺ビールとか調布びーるというのを製造しているのです。
深大寺ビール、飲みやすくて私は好きですよ。

2020_01060049.jpg
まずはビールのつまみにおでん。
ホカホカの湯気で見た目にも温かそう。

2020_01060052.jpg 2020_01060053.jpg
大根、玉子、ごぼう天、さつま揚げ、竹輪、こんにゃく、結び昆布。
7種類入って縁起がよさそう。
中までしっかり味がしみていて美味しかったですよ。

2020_01060054.jpg
 「果報は寝て待てって言うでしゅけど、いつまで待てばいいでしゅか?」
食べ終わるまでね。(^^;)

2020_01060057.jpg 2020_01060058.jpg
こちらは両親のけんちんそば。
なかなか具沢山で美味しそう。

2020_01060064.jpg
こちらが私の天かけ。
かけそばに天ぷらがついています。
別盛になっているので天ぷらの衣がサクサクのままです。

2020_01060062.jpg 2020_01060060.jpg

2020_01060068.jpg 2020_01060072.jpg
今回、海老はちょっと火の通しすぎでしたね。
衣はしっかり歯ごたえがありましたが。
南瓜と鱚が美味しかったな。
かけそばの方も最初はあっさりとしたシンプルなお蕎麦ですが、
天ぷらをつゆに浸していくうちに
少しずつ天ぷらの油がつゆに溶け出して、
徐々に濃厚なつゆになっていきます。
12月は深大寺で3回お蕎麦を食べましたが(深山茶屋・玉乃屋・谷田部茶屋)
それぞれに違う味で楽しいですよね。
都内の老舗蕎麦屋さんでこだわりのお蕎麦を食べるのも
もちろん美味しくておすすめなのですが、
深大寺には両手では足りないほどのお蕎麦屋さんが並んでいるので
今日はどこで食べようかな、と迷う楽しみがあります。
そしてその半数以上のお蕎麦屋さんはペット可なので
お散歩の途中でふらりと立ち寄ってお蕎麦を食べることができるのです。
常連さんも多く、「私はいつも○○なの。○○のお蕎麦が好きなのよ」
という言っていたお客さんもいました。
人それぞれ贔屓のお店があるんですよね。
私はと言えば、わりと気分ですね。
「今日は○○は混んでるから△△にするか~」とか、
「今日はお天気がいいから□□かな」とか。
比較的近くに住んでいて、お散歩がてら行けるからこその
楽しみなのかな、とも思います。

さてさて。
人間たちの食事が終わったら、モカさんもお食事タイム。

2020_01060076.jpg

      2020_01060079.jpg

            2020_01060082.jpg
この子は本当に変わった子で、生の(地面から生えている)
草は全然興味がなくて、落ち葉・枯れ葉の類が大好き。
パリパリと軽快な音をさせながら落ち葉を食べています。
まあ、いいでしょう。
深大寺の落ち葉を食べて少しでもお掃除のお手伝いをしてください。(笑)


        2020_01060085.jpg

2020_01060090.jpg
そして延命観音の方から回って、そのまま深大寺の入口に向かいました。
今日は両親と一緒だったので、あまりあちこち歩けず、
お参りとお蕎麦のみという深大寺でした。
一人(+1匹)だともっとのんびりあちこち歩いて
ぶらぶらとお散歩ができるんですけどね~
まあ、またゆっくり来ましょう。
今度はだるま市の頃でもいいですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック