FC2ブログ
2019年12月11日 (水) | edit |
いろいろ事情がありまして。
今日は非常にタイトなスケジュールとなりました。
本来ならば烏山での水曜の午後の仕事は16時25分に終了。
その後府中に移動して仕事をするわけですが、
今日はイレギュラーに北千住の先まで行く必要がありました。
しかも17時45分までに。 ( ´Д`)
烏山の仕事場から駅までは歩いて20分近くかかり、
烏山から足立区の仕事先までは約1時間半かかります。
2時間弱の移動を1時間20分で完了しなければなりません。
普通に考えたら無理です。(^^;)

でも、どんなに無理なことでもなんとかするのが私です。
まず、午後の仕事が幸いにも今日だけ15時40分まででした。
ただ、後処理などをしなければならなかったので
仕事場を出られたのは15時50分過ぎ。
そして歩いて20分の道を10分で歩き切りました!
ここから先は電車まかせなので自分の努力は乗り換えのときだけ。
あとは向こうの駅についてから15分の道を10分弱で移動しました。
無事に17時半に到着。
「私、絶対間に合うように来ますからね! 心配せず待っていてください!」
と伝えてありましたが、宣言通り、ちゃんと間に合いました。
私、「やる」と言ったらやる女です。
ワープする能力もすでに身についているかもしれません。 (@@;)

        2019_12112920.jpg

2019_12112921.jpg 2019_12112922.jpg
そんなハードな1日を乗り切るためのお昼ご飯は
「スマイルタイランド」のタイ料理でした。
クイッティアオ ヌア トゥンのランチです。

2019_12112928.jpg 2019_12112924.jpg
ようするに牛筋煮込みヌードルです。
麺はタイらしくセンレック(3mmくらいの米麺)。
小麦粉麺より米麺の方がスープのしみこみがいいように思います。

2019_12112930.jpg
麺と牛筋以外にネギやモヤシがたっぷり。
パクチーものっていて、肉と野菜のバランスが◎。

2019_12112933.jpg 2019_12112931.jpg
今回はなぜか麺が団子のようにくっついていました。(笑)
ゆでてからしばらくこのまま置いてあったんですかね?(@@;)

2019_12112935.jpg
牛すじはホロホロッとしているのが見てわかる状態です。
ワーイ♪
いっただっきまーす!

2019_12112940.jpg 2019_12112942.jpg
米麺に八角などのスパイスが香るスープがしみこんでウマイ。
もちろんスープだけ飲んでもウマイ。
私はここに唐辛子と酢を少々。
私がいつも「調味料クダサーイ!」とお願いしていたので
最近では黙っていても調味料を持ってきてくれます。
ありがたい。
酢の酸味でギュッと全体を引き締め、
唐辛子で刺激をプラスして、スープの旨みを楽しむ。
ああ、なんと贅沢な麺なのでしょうか。
そして牛筋のやわらかさといったら! (泣)
ちょこっと小ライスにのっけて牛筋丼にしてみたりして
心ゆくまで楽しんだのでした。


で。
夜の仕事を終えて帰ってきたら、
出かける前に仕込んでおいたおかずで簡単に晩ご飯。
ようするに両親の食べた残り物ですが。

2019_12112968.jpg
朝、整形外科に行く途中にあった朝採れ野菜のコーナーで
とても立派なら葉付き大根を100円で売っていたので
それを仕込んでおいたのでした。
葉っぱと大根は煮ものと浅漬けに、
大根の皮は家にあった人参と一緒にきんぴらに。
大根を短時間で煮るために、私は電子レンジを使います。
適当な大きさに切った大根をレンジに5~10分くらいかけるのです。
これで大根がしんなりしたら、あとは煮るだけ。
大根がすでにやわらかくなっているので30分もあれば煮物が完了します。
そんな大根の煮汁の残りで、残っていた大根を煮ようと思っていたのですが、
なんと母が煮汁を全部捨ててしまっていたのでひと悶着。
だいたいいつもそう。
母は後片付けや後始末を一切やらないくせに
やってもらっては困ることに限って率先してやるのです。
私と母とは永遠に分かり合える気がしません。
もはや他人だと思っていた方が精神衛生上いいかもしれません。
父にしても母にしても、とにかく何をするにも時間がかかる!
私が10秒で終わらせることを4~5分かけてやったり、
私が6~7個やる間に1つができなかったりするのでイライラします。
まあ、先述のように2時間かかる移動を1時間半でこなす、
というように私は何をするにもスピーディーなので
人より多くのことができてしまうのかもしれませんが。
(でも給料は同じなんだよ~ん)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック