FC2ブログ
2019年11月22日 (金) | edit |
私は服と本に関しては結構物持ちのいい女です。
本はとりあえず置いておいて、服のお話をしますが、
気に入ったものは何年も何年も……そりゃあ何年も着続けます。
コートなんかは10年以上着ていたりしますし、
Tシャツなんかも結構10年近く着ていたりします。
まあ、Tシャツはそこまで長く着なくてもいいと思うので
適当に処分して新しいものを買ったりするのですが……
長袖の物はなかなかそうはいきません。
何しろ私は異様に手足の長い女でもあるのです。
身長は175cmですが、両手を広げるとその長さは190cm近くあるので
いかに他の人より手が長いかがわかります。
そんな私の場合、袖が長いというのはそれだけで貴重。
そういうものと巡り合ったときにはその出逢いに感謝しなければなりません。

2019_11212271.jpg
(※ 指の指紋は加工して消してありますのでご心配なく♪)
そんなわけでこのセーターなんか30年着ています。(@@;)
大学生の頃、伊勢丹のトールサイズショップで
6900円くらいで購入したセーターなのですが、
結構物がよかったらしく、今でもまだ毛玉一つできず使っています。
ただ、袖口は擦れてきたので、黒い糸で補修しながらですが
毎年毎年大切に着ています。
本当はそろそろこれは処分して新しいものを買うべきなのですが、
なかなかこれに替わるセーターが見つからないのです。
袖丈が長くて質がよくて(←30年くらい着ることができて)
安価なセーターがあればぜひ紹介してください。(笑)

ちなみに。
薬指が外の方を向いちゃっているのは、中学3年のとき、
下り坂でスピードを出していた高校生の乗った自転車とぶつかって
私の自転車は大破、私の指はあらぬ方に曲がり、
薬指の付け根にヒビを入れてしまったのでした。
そして2ヶ月ばかり固定して不自由な生活を送りました。
それでもピアノの練習をして
固定が外れてからコンクールに出たりしましたが、
今でも指は微妙に明後日に近い方向を向いており
(中指も内側を向いちゃった!)、
二胡を弾くときに若干不便を感じたりもしています。
そうはいってもちゃんと動くし(他の指よりは鈍いけど)、
普通の人だって薬指は一番動かしにくい指ですし、
別に生活に影響するわけでもありませんからね。

2019_11212231.jpg 2019_11212232.jpg
さて。
昨日と今日は板橋です。
安定の板橋ランチ。(笑)
でも実は……ここに行きたかったんですよね。
先週通ったときにランチをやっていて、
牛すじカツカレーだったので気になっていたんです。
でも、しばらくランチ休業のお知らせ。
ガッカリ……orz
他のお客さんも店を覗いて「ランチ休業なのか……」と
失望をあらわにしながら去っていきました。

2019_11212213.jpg 2019_11212212.jpg
ってことで、久しぶりに「超家」に行ってみました。
9月に行ったときにあまりお客さんの姿を見かけませんでしたが
今日はほぼほぼ満席。
相席必至でした。

2019_11212214.jpg 2019_11212215.jpg
前回気になった三杯鶏のランチ(10食限定)をオーダー。
ふと壁を見ると「白身魚ガシリク炒め」「ニラもヤし塩炒女」の文字。
やっぱりここ、日本語がアヤシイ。(笑)

2019_11212216.jpg 2019_11212217.jpg
ランチは麻婆豆腐ともやし炒めがセルフで付いていました。

2019_11212218.jpg 2019_11212221.jpg
「三杯鶏は少し時間がかかります」とのことだったので
麻婆豆腐ともやし炒めを食べながら待つことにしました。
麻婆豆腐は少し甘め、もやし炒めは作って少し時間が経っていたので
若干しんなりはしていましたが、無料で付いてくるものなので
それはもうあるだけでありがたいというものです。
とくにモヤシで野菜が補給できるのはうれしいですよね。

2019_11212222.jpg
で、しばらくして三杯鶏が出てきました。
酒と醤油と油を1杯ずつ入れるから三杯鶏。

2019_11212223.jpg 2019_11212225.jpg
本場の台湾では台湾バジルを使うようですが、
こちらはあまりバジルの香りはしませんね。
でも、鶏肉も白菜も厚揚げもたっぷり!
かなりのボリュームです。

2019_11212226.jpg 2019_11212230.jpg
思っていた三杯鶏とは若干違いましたが、
甘辛で鶏肉にもしっかり火が通っていて、
ご飯にもよく合う味付けでした。
セルフの麻婆豆腐もラー油をプラスしてライスにオン。
いやはや、満腹になりました。


そして、今日。
急に冬になったかのように寒かったですね。
もう、家を出るときからぶるぶる震えるような寒さで
今日は絶対温かいものを食べようと決めていました。

2019_11222277.jpg 2019_11222281.jpg
そういえば先日オープンしたバーン・クン・メーにも
温かい麺があったんじゃなかったっけ?
ってことで行ってみました。

2019_11222279.jpg 2019_11222280.jpg
これこれ、ミャンマーの麺、オンノカオスエですよ。
今日はこれにしましょう。

2019_11222282.jpg 2019_11222283.jpg
しばらくして出てきたオンノカオスエのセット。
実はここがバーンクンメーになる前には
クルア チャオプラヤーというタイ料理屋さんがあったのですが、
その前は「ミョー・ミャンマー」というミャンマー料理屋さんでした。
その頃ここでオンノカオスエを食べたことがありました

2019_11222284.jpg
以前食べたことのあるオンノカオスエはわりとあっさりした味でしたが、
こちらのオンノカオスエはぽってりとしたポタージュ状のスープに入っています。
タイのカオソーイと語源が同じらしいので、
麺の上に揚げ麺がトッピングされているのも特徴でしょうか。

2019_11222287.jpg 2019_11222286.jpg
セットなのでミニガパオとサラダ付き。
このガパオはかなり油っぽくて、
前回同様ガパオが入っているにもかかわらず
若干の物足りなさを感じる味でした。
何だか甘いんですよね、味が。

2019_11222288.jpg

2019_11222289.jpg 2019_11222291.jpg
それではまずはスープから。
見た目通り、ぽってりとした食感です。
モヒンガーなどと同じようにかなり濃厚なスープです。
「ココナッツラーメン」という和訳の通り、ココナッツミルクのマイルドさ全開です。
でもココナッツの香りはそれほど強くないので
ココナッツミルクが苦手な人でもポタージュ感覚でいけそう。
麺はちょっと太めでしっかりとからまっていたので
スープのぽってり感と相まって、麺を持ち上げにくくなっていました。
そんなオンノカオスエの味はやさしい味わいで悪くないのですが
やっぱり何か一つ足りない感じがします。
卓上のレモン汁を入れてみるとちょっときついクエン酸の味。
さて、どうしたものか……
とりあえず唐辛子を入れて少し刺激を加えてみました。
さっきよりはよくなったかな……
ナムプラーを少し入れてもよかったかもな。
そんな感じで試行錯誤しながらのオンノカオスエでした。


そして、仕事を2つこなし、ようやく帰宅。

2019_11222307.jpg
とにかく寒かったので、冷凍庫のパンを焼いて耐熱皿に入れ、
レトルトのミートソースとコストコのチーズをのせてオーブンで焼きました。
即席グラタンです。
熱々のグラタンは寒いときの救世主。
この冬はレトルトのミートソースが大活躍しそうです♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック