FC2ブログ
2019年11月03日 (日) | edit |
今日は久々に銀座。
どのくらいぶりかというと……
前回のブログの銀座の記事が2018年8月末なので
1年以上ということになりますね。
新宿だの板橋だのは頻繁に出没しますが銀座は
ほぼほぼ縁のない生活をしています。
若い頃は銀座というと大人の街、憧れの街で
ハタチそこそこの私が行くなんてとんでもないという感じでしたが
今や外国人も多く訪れる街となって、若干イメージも変わった気がします。

2019_11030067.jpg 2019_11030072.jpg
本日の目的地はこちらの「宇平」。
ちょうど銀座シックスの裏になります。
ちょっと早めの15時に集合しました。

2019_11030075.jpg 2019_11030076.jpg
お刺身、焼き物、揚げ物などいろいろあって
日本酒や焼酎も飲めるという隠れ家的なお店です。

2019_11030078.jpg
私はまず、スパークリングで乾杯!
ビールの人、焼酎の人、いろいろでございましたよ。(笑)

2019_11030085.jpg 2019_11030081.jpg
まず最初はいろいろなおつまみが盛り合わせになって出てきました。
箸置きもかわいらしい。

2019_11030088.jpg
いくらおろし、カキ時雨煮、ポテトさらだ、メカブ酢物、亀の手。

2019_11030089.jpg 2019_11030091.jpg
いくらプリップリ、メカブとろっとろ、
牡蠣もギュギュっと旨みがあって
ポテサラは和風マッシュポテトという感じ。
亀の手は初めての味ですが、ほぼほぼ貝ですね。

2019_11030094.jpg 2019_11030101.jpg
さて。
せっかくの美味しいものなので日本酒をいただきましょうか。
最初は石鎚、次は麒麟山、最後はもう一度石鎚に戻りました。

2019_11030095.jpg
お刺身は盛り合わせで。
本マグロ、カンパチ、活タコ、〆サバ、クエ。

2019_11030097.jpg 2019_11030098.jpg
マグロ、うまい。
カンパチもいい食感です。
〆サバ?
そりゃもう脂がのって美味いですよ。
クエは初めて刺身で食べましたがモチモチで美味しいですね。
そして秀逸なタコ。
菊の花のように仕上げてあって目でも楽しめます。
しかも包丁が入っているので食べやすい。
こういう処理をしたタコは初めてです。

2019_11030104.jpg 2019_11030110.jpg
お次はホッキ貝みそ貝焼。
濃すぎない味噌味で、これは食べやすいですよ。
北寄貝の食感もしっかり残っていてご飯が欲しくなります。(笑)

2019_11030113.jpg
そして宇平コロッケ。
「宇平」というのは店主ホーリーさんのお家の屋号なんだそうです。
そういえば昔はみんな屋号ってありましたよね。
だってその集落一帯に同じ苗字の人がいるから
屋号でないとどこの家のことかわかりませんものね。
私の父の実家は小原、母の実家は新屋でしたよ。

2019_11030115.jpg 2019_11030117.jpg
さて、そんなコロッケの中身は肉じゃが風。
衣のパン粉が細かいので油っぽさはなく、
カリッとホクッと揚がっています。
何もつけずにこのままで美味しいコロッケ。
これはもうビールだよね、ってことでビールを追加しました。
わかるよね、この感じ?

2019_11030120.jpg
そして、鍋。
「オレ、鍋得意なの」とホーリーさん。
「鍋が得意ってどういうこと?」と思ったのですが、
それはおいおいにわかってきました。
ちなみに今日のお鍋は「蛤と根菜あんかけ煮」
「つみれときのこの小鍋」「ハタハタ小鍋仕立て」が用意されていましたが
今回はスペシャルな豪華版!

2019_11030124.jpg 2019_11030130.jpg
まずはクエのアラが登場。
骨をしゃぶりつくすといい味が出てきます。

2019_11030134.jpg 2019_11030118.jpg
このクエの出汁が出たところに根菜を投入。

2019_11030138.jpg
味のしみた人参や里芋、蓮根がウマ~イ。

2019_11030142.jpg 2019_11030145.jpg
そこに今度はマツタケやフグの皮が入って
さらに香りと味がプラスされます。

2019_11030146.jpg
茸やクエの身も入って、味がより複雑に。

2019_11030148.jpg 2019_11030150.jpg
全ての味を吸った牛蒡が美味い。
そしてそんなだし汁を吸い込んだ葛切りがウマイ。
最後の一滴まで葛切りが味を吸い込んでいるので
これをズルズルッと啜ると、鍋はすっかり空っぽに。
「鍋が得意」ってこういうことか~!
この小さい鍋でもこうやって味を含ませていくと
美味しい鍋が出来ちゃうんだな~

2019_11030153.jpg 2019_11030158.jpg
〆はカキ飯バター正油。

2019_11030161.jpg
土鍋いっぱいの牡蠣!
しゃもじで混ぜるとほわ~っとバターの香りが立ち上ります。

2019_11030166.jpg 2019_11030169.jpg
くぅ~~~っ
バター醤油ってうまいよな。
牡蠣のぷりぷりしたところも美味しいんだけど
米がやっぱり美味しです。
同じものは作れないけど、何かのときに
このやり方をちょっと真似してみようっと。

ふぅ、満腹です。
ご馳走様でした。
今度、忘年会はここでいただきます。m(_ _)m


さて。
15時からスタートしたので、実はまだ19時そこそこです。
もう1軒行きましょう、ということで、三笠會館へ。

2019_11030170.jpg 2019_11030171.jpg
「LA VIOLA (ラ・ヴィオラ)」。

2019_11030172.jpg 2019_11030173.jpg
奥にはテーブル席があってゆったりとくつろげますが、
入口付近には立ち飲みカウンターもあって
ここではリーズナブルにちょい飲みができちゃうのです。
知らなかった~!(@@;)

2019_11030174.jpg 2019_11030175.jpg
先ほどさんざん飲み食いしたので
ここでは軽くデザートをいただくことにしました。

2019_11030176.jpg 2019_11030178.jpg
まずはエスプレッソプリン。
しっかりとした昔ながらの焼きプリン。

2019_11030179.jpg 2019_11030180.jpg
そしてガトーショコラ。
こちらは温めての提供で、バニラアイスとラズベリーソースが添えられています。

2019_11030184.jpg 2019_11030185.jpg
むっちりとした食感のプリンにはエスプレッソの苦みがきいた
カラメルソースがよく合います。
もちろんプリンは甘いのですが
エスプレッソの風味で大人の味に仕上がっているんですね。
なるほど、これは真似したい。
ガトーショコラも温めてあるので、口の中でとろけるような食感です。
チョコレートの風味がしっかりしていますね。
口の中が甘くなったところをアイスコーヒーで流します。
そしてまたプリン、ガトーショコラ、アイスコーヒー。
エンドレスにいけちゃいますが、
個人的にはプリンがかなり美味しくて気に入りました。


ついでに。
久しぶりの銀座だったので、銀座シックスも覗いてみました。

2019_11030189.jpg 2019_11030190.jpg
ぶらぶら歩いていたら、「美珍香 (BEE CHENG HIANG)」を見つけました。
ここ、前はコロッケを売ってたんじゃなかったっけ???
どうやら今年6月からバーベキューポークの美珍香に変わったようです。

2019_11030191.jpg 2019_11030192.jpg
銀座シックスのすぐ近くと新橋に店舗があるんだそうですよ。
美珍香そのものはシンガポールからやってきたものですが、
このバーベキューポークは中国ではとってもポピュラーなおやつ。
「猪肉脯 (zhūròufǔ)と言ってちょっと甘いポークジャーキーなのです。
よく店頭で試食させてもらって、お気に入りのを買ったりしていたのですが
現在は日本への持ち込みが出来なくなってしまったので
大変残念に思っていたところでした。
100g650円というのは中国の値段からするととても高いのですが
中国まで食べに行くことを考えれば安いわけです。(笑)
今回はちょっとお試しで定番のスライス・ポークを買いましたが
次回は他のタイプのものも買っちゃおうと思います。


さて。
そんな銀座ですが、「宇平」の前は何をしていたのか、
そのあたりについてはまた明日お話ししましょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック