FC2ブログ
2019年09月18日 (水) | edit |
伊勢丹府中店の閉店の日が近づいてきました。

2019_09189360.jpg 2019_09189402.jpg
残り2週間を切ってしまいましたね。

2019_09189391.jpg 2019_09189393.jpg
2階入口にはお客さんからのメッセージが鈴なりになっていました。
店内も今までの閑散とした雰囲気と違って、
各フロアともお客さんでにぎわっているのが印象的でした。

2019_09189389.jpg 2019_09189371.jpg
私も今日のお昼は伊勢丹のレストランフロアで。
一度行ってみようと思っていた「桃源酒家」です。

2019_09189372.jpg 2019_09189376.jpg
店内にはいくつか空席もありましたが、
20分ほど順番を待ちました。

2019_09180038.jpg 2019_09180011.jpg
案内された席はエアコンの効き過ぎで寒く、
「フロア全体同じ設定なので調整できません」とのこと。
若干寒さに震えながらの利用となりました。

2019_09180001.jpg

2019_09180002.jpg 2019_09180003.jpg

2019_09180004.jpg 2019_09180005.jpg

2019_09180006.jpg 2019_09180008.jpg
9月のおすすめやファイナルフェスタのメニューもありましたが
私は五目麺セットに決めました。
麺は五目つゆそば、五目焼きそば、五目揚げそばから選ぶシステム。
たまには揚げそばもいいよね、と思って揚げそばを選びました。

2019_09180020.jpg 2019_09180016.jpg
まずはグリーンサラダが運ばれてきて、
その後しばらくしてから五目揚げそば、さらに少し遅れて
五目春巻が運ばれてきました。
サラダはまあ、可もなく不可もなく……

2019_09180017.jpg
そして五目揚げそばが見事に茶色い。(笑)
白菜の緑は少しあるものの、麺も具もあんも全てが茶色い。
人参の一つも入っていれば彩りがきれいなのですが、
全く映える感じがしません。(^^;)
小さめの海老が2尾入っていましたが
そちらも赤みが全然ないので、色合いが単調。
やっぱり見た目って大切だと思いますよ?

2019_09180018.jpg 2019_09180024.jpg
あんのとろみはわりとゆるめ。
揚げそばはスパゲティーニくらいの太さです。
ここで揚げているのかな、と思ったのですが、冷たいし、
麺にちょっと油が回っているような味がしたので
きっとすでに揚げてあるものを使っているのだろうと思います。

2019_09180022.jpg 2019_09180033.jpg
春巻はパリパリに揚がっていました。
でも、1本では物足りない~ (^^;)

2019_09180029.jpg

2019_09180030.jpg 2019_09180031.jpg
五目揚げそばは上品な味で、あまり味が濃くありません。
具は海老、烏賊、木耳、豚肉、袋茸、白菜ですね。
やっぱり彩りが足りないので、全体的な味も淡く感じます。
途中で酢を少々かけてみましたが、この方が美味しく感じられました。
酢は有効ですよ。

2019_09180041.jpg
デザートは杏仁豆腐。
なめらかではありませんが、杏仁の香りがしっかりしました。
ちょっと牛乳の味が前面に出過ぎている感じはしましたけども……


食後は1つ下の催事フロアへ。

2019_09189364.jpg 2019_09180054.jpg
今日から大九州店が開催中です。
九州といったら、私の大好きな武雄温泉の佐賀牛弁当!

2019_09180055.jpg 2019_09180058.jpg
ふふふふ。
今夜のご飯用に買っちゃいました。
奮発して広告に載っているものよりワンランク上の
2種類の部位がが味わえるお弁当にしたので2484円という
かなり豪華な金額になっちゃってます。(笑)

2019_09180060.jpg 2019_09180061.jpg
佐賀牛のやわらかさと美味しさはお墨付き。

2019_09180064.jpg 2019_09180065.jpg
このお弁当を楽しみに、今日の仕事を頑張りました。
適度に脂のサシが入っているのでやわらかいうえに
じゅわっと肉汁がしみだしてきます。
美味しかった♪


さあ、明日はアレ、行ってみますか。
気になる?
じゃあ、それはまた明日ね。(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック