FC2ブログ
2019年09月08日 (日) | edit |
昨日は二胡教室の定演リハ。
クラスの演奏をバンドさんと合わせて最終チェックをします。
実際にはこのあとで細かい修正が入りますが、
ここで大筋が決まります。

2019_09070036.jpg 2019_09070002.jpg
私のクラスのリハは19時頃でしたが、
定演幹事の打ち合わせが昼に入っていたので
11時前に武蔵小山のWeiWei's Cafeに入りました。
隣り合った場所の上と下にスタジオ3つとカフェがあるので
こういうときには大変便利です。

さて。
12時過ぎに打ち合わせが終了。
ここから先が長いので、どうするか!?
そう、こんなときこそ行ってみたいところがありました。

2019_09070006.jpg 2019_09070007.jpg
「はいむる珈琲店」。
ラーメンとかき氷が人気のカフェですが、
現在ラーメンは休止中。
もう少し涼しくなってからラーメンは再開のようです。

しかし並んでますね。
11時開店ですでに何組ものお客さんがウェイティングでした。
私の名前ははるか下の方で、
私の前には11人くらいのお客さんがいるようでした。

2019_09070005.jpg 2019_09070009.jpg
待つこと1時間半、ようやく名前が呼ばれました。
時間はたっぷりあるので、その間に注文は決めておきましたよ。
私は断然ピスタチオ!
ピスタチオのジェラートとか好きなんですよね。

2019_09070016.jpg 2019_09070015.jpg
店内は、空席ができるとすぐに次のお客さんを入れる方式ではなく、
作る方と食べる方の様子を見ながら、
2~3卓空いたところでお客さんを数組入れる、という方式です。

2019_09070022.jpg
さて。
しばらく待ってピスタチオのかき氷が出てきましたよ!
最近よく見かけるコロンと丸いフォルムのかき氷。
いや、私が子どもの頃は富士山型のかき氷がほとんどでしたからね。

2019_09070023.jpg 2019_09070021.jpg
ラズベリーシロップとピスタチオの合わせ技です。
上にはピスタチオチョコクリームとピスタチオの実。

2019_09070027.jpg
氷の状態はふんわり空気を含んでいますが、
nice&warmのような細かさではなく、
どちらかというとかんなで削ったような薄氷というイメージです。

2019_09070031.jpg 2019_09070033.jpg
ではではいただいてみましょう。
おお、ピスタチオですね。
若干シロップのしみこんでいない部分もありましたが、
全体的にピスタチオの風味がいきわたっています。
うれしいことに中からはブルーベリーが発掘されました!(笑)
ブルーベリーの酸味とラズベリーシロップの甘酸っぱさと
ピスタチオの香ばしい風味。
いいですね。
美味しいですよ。
これで上にラズベリーの実が1個飾ってあったら
さらに映えそうなかき氷でした。


さて。
はいむるの時間が結構長くかかってしまったので
中途半端な時間になりました。
14時か……
ならばお昼はお店に入らず、パンを買って、
カラオケボックスで二胡の練習をしながら食べよう、と決めました。

2019_09070037.jpg 2019_09070041.jpg
久しぶりに「パンの田島」なんかどうでしょう?
ちょうど夏限定のコッペパンもあるみたいですし。

2019_09070038.jpg 2019_09078978.jpg
なんと、ふく耳食パンなる小さめサイズの食パンも登場していました。
これ、食べてみたいけど、今はちょっと無理だな。
ってことで、コッペパンとカレーパンを買って、カラオケボックスに移動です。

2019_09070051.jpg
すっかりご無沙汰していた「ベスト10」。
昼間は20分100円(土日料金無し)。
持ち込み自由でドリンクのノルマとかはないのでお手頃です。
とかいいつつ、私は200円のソフトドリンク飲み放題をつけちゃいましたけどね。(笑)

2019_09070055.jpg 2019_09070062.jpg
昨日はすいていて待ち時間なしで部屋に入れたので、
まずは買ってきたパンでお昼ご飯です。
今回は夏コッペの「キーマカレー炙りチーズ」と
ビーフカレーパン。

2019_09070056.jpg 2019_09070061.jpg
コッペパンがツヤツヤしてますよね。
私が子どもの頃に給食で食べたコッペパンはガサガサしていて、
食感もポソポソしたようなものでした。
マーガリンをたっぷりつけないと飲み込めないという感じの。
でも、今のコッペパンは全然違いますよね~
表面もツヤツヤですが、パン生地もふっくらしっとり。
軽い弾力がモチッとして、もはやあの頃のコッペパンとは別物です。

2019_09070060.jpg 2019_09070058.jpg
キーマカレー炙りチーズはたっぷりのドライカレーが入っていて
辛さひかえめながらなかなか美味しいコッペパンでした。

2019_09070057.jpg 2019_09070063.jpg
カレーパンの方もフィリングがたっぷり。
牛肉は煮込まれていて、すでに繊維状になっていますが、
牛肉の味が感じられるカレーフィリングでした。
何よりもパン生地の周りについているパン粉の食感がカリカリで
これが小気味よかったですよ。


さあ、食べたし。
あとは練習、練習。
ここ最近、二胡を触っていなかったのでリハビリから。
部分練習と全体練習。
ちょっと録音してチェックしたりして、
適当に休みを入れつつ4時間弱、カラオケボックスで過ごしました。


その後、再びカフェに移動してクラスのみんなと合流。
軽く合わせてからリハをして、その後定演当日の注意を確認。
これでようやく長い1日が終わりました。

……って、もう20時半!?
もう少し時間が早ければムサコでご飯を食べていきたいところでしたが、
このままムサコで食べるには少し遅い時間です。
なので、そのまま直帰。


2019_09078982.jpg 2019_09070117.jpg
八幡山で途中下車して、「NIVAL (ニバル)」に寄りました。
ここなら遅い時間になってもカレーが食べられますからね。

2019_09070068.jpg

2019_09070065.jpg 2019_09070066.jpg
ちょうど混みあっていてカウンターがいっぱいだったので
初めてテーブル席に座りました。
レアな体験です。(@@;)
ひとりでのんびりまったり……

2019_09070073.jpg
まずは開栓したてのオリジナルビール。
今回はナツメグとブラックペッパーらしいですよ。

2019_09070069.jpg 2019_09070076.jpg
なるほど、ナツメグのコクがきいてますね。
胡椒はそこまで強くない感じです。
ここにシナモンなんか足しても美味しそう。
おつまみはトリュフ入りのサラミとポテトチップス。
これも美味しいんだよね。

2019_09070078.jpg
昨夜の目論見はつまみ2品にカレー、というつもりだったので、
つまみを何にするか厳選。(笑)
前回食べ逃した「鶏白レバーのパテ」と
「無花果とブッファラ・生ハムのカプレーゼ」でいってみました。

2019_09070081.jpg 2019_09070084.jpg
昔は全然ダメだったレバー。
今は大丈夫です。
こっくりとしたなめらかすぎないレバパテ。
臭みはないですね。
でもちょっと、こんなのつまんじゃったらワインが欲しくなるじゃん!

2019_09070089.jpg 2019_09070094.jpg
ということで、グラスワインをお願いしました。
400円のハウスワインではなくて、もう少し高い方の白ワイン。
これがすっきりした味わいでするする飲めたのでした。
ダメだ、こんなの飲んだらきりがない。(笑)
でも、思った通り、レバーパテとの相性はバッチリでした。
チリ産のオーガニックワインですって。
覚えておきましょう。

2019_09070085.jpg
無花果とブッファラ・生ハムのカプレーゼの方は
バジルではなくてベビーリーフが合わせてあって
サラダ感覚に仕上がっています。

2019_09070087.jpg 2019_09070096.jpg
生ハムの赤みとベビーリーフと青みがきれいです。
ブッファラはブラータのようなクリーミーさで
イチジクともなじみやすかったようです。
私は前からイチジクと生ハムを一緒に食べてみたいと思っていたので
念願がようやく叶ったという感じです。
この食べ方は美味しいので、家でも真似をしてみましょう。

2019_09070106.jpg
そして〆にカレー。
今回は「スパイシー和キーマカレー」です。
これ、なかなか食べられなかったんですよね。(笑)

2019_09070097.jpg 2019_09070103.jpg
カレーに合わせて赤ワイン。
こちらは渋みと酸味がきいています。

2019_09070105.jpg 2019_09070110.jpg
和キーマカレーにはいつもの大根の漬物だけでなく
赤玉ねぎも添えられています。
ライスたっぷり、キーマカレーたっぷり♪(笑)
そこにたっぷりの青葱。

2019_09070112.jpg

2019_09070116.jpg 2019_09070114.jpg
隠れていた温玉を崩しながらいただきます。
なるほど、これは和風ですね。
かつお節の香りがきいていて、
カレーなんだけど味噌汁のような雰囲気もあって
ちょっと不思議なカレーです。
丸ごとトマトのカレーも和風なのですが
それよりももっと不思議な感じがします。
カレーなんですよ。
カレーなんだけど、そぼろご飯のような感じでもあるんですよ。
でも、美味し。
ここのカレーはどれも美味しいのですが、
この和キーマ、かなり気に入りました。


というわけで、すっかりお腹いっぱいになって満足。
さあ、今日からまた頑張りましょう!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック