FC2ブログ
2019年09月06日 (金) | edit |
閉店の噂が絶えなかった伊勢丹府中店。
昨年、とうとう閉店のアナウンスが流れ、
「ああ、そのときが来たのか」と思いました。
思えば6年前に仕事が激減し、どうやって生活しようかと
途方に暮れていたときに府中での仕事が1つ決まり、
それ以来のお付き合いだった伊勢丹府中店。

2019_09068890.jpg 2019_09068891.jpg
いよいよ今月末で閉店です。

2019_09068892.jpg
今日は久しぶりに伊勢丹でお昼にしましょうか。

2019_09068893.jpg 2019_09068917.jpg

      2019_09068900.jpg 2019_09068902.jpg

2019_09068904.jpg 2019_09068905.jpg

      2019_09068906.jpg 2019_09068907.jpg

2019_09068908.jpg 2019_09068909.jpg

      2019_09068911.jpg 2019_09068912.jpg

2019_09068914.jpg 2019_09068915.jpg
伊勢丹府中店のレストランフロアには
大食堂以外にもいくつかの専門店が入っています。

2019_09068895.jpg
今日は、ずっと気になっていながら行く機会のなかった
「AGIO」に行ってみましょう。
そうでないと絶対後悔しますからね。

2019_09068899.jpg 2019_09068898.jpg
さすがに伊勢丹の閉店が近いということで
どのお店も混みあっていますが、こちらもその例に漏れていません。

2019_09060009.jpg 2019_09060011.jpg
しばらく待って、ようやく席に案内されました。

2019_09060001.jpg 2019_09060002.jpg
今回はランチメニューから
「合鴨とエリンギのピッツァ バルサミコソース」にしました。
ランチにはサラダかスープ、そしてドリンクが付いているので
サラダとアイスコーヒーで。
ちなみに季節のスープはサツマイモのポタージュとのことでした。

2019_09060013.jpg 2019_09060015.jpg
まずはサラダ。
オリーブオイルとビネガーのシンプルなドレッシング。
なるほど。

2019_09060017.jpg
そして、ピッツァ。
薄焼きでパリパリしたタイプのピッツァです。

2019_09060023.jpg 2019_09060019.jpg
それにしてもこれは具が 貧弱 寂しすぎじゃありませんか?
8枚に切り分けられたピザには8切れの合鴨がトッピングされていますが
なんだか切れっ端のような合鴨です。
エリンギは薄くてペラペラなので全く存在感がありません。
バルサミコのかけ方もヤル気がないような……

2019_09060025.jpg 2019_09060021.jpg
味がよければOKなのですが、
やっぱりエリンギが全然エリンギらしくありません。
合鴨もな~、ちょっとな~
せっかくのピッツァランチでしたが、不完全燃焼な感じでした。

2019_09060028.jpg
食後のアイスコーヒーはよかったですよ。


食後は催事場に下りました。

2019_09068918.jpg 2019_09068919.jpg
デザートにソフトクリーム。

2019_09068921.jpg
「濃い夕張メロンソフトクリーム」にしましたが、
メロンアイスの味がしました。


食後は腹ごなしにお散歩です。
結構お腹いっぱいになっちゃいましたしね。

2019_09068932.jpg

        2019_09068936.jpg

2019_09068939.jpg

        2019_09068942.jpg

2019_09068946.jpg

        2019_09068948.jpg
大國魂神社を歩いて、お散歩を楽しみましたが、
とにかく暑かったです。(^^;)

2019_09068925.jpg 2019_09068949.jpg
そして今日は18時~21時にこのけやき通りで
ビールイベントがあるようなので、仕事の後で行ってみることにしました。
ガパオと生ビールをオープンエアで楽しめるなんていいじゃありませんか。

ということで、冷房のない部屋で仕事をして、
20時少し前にようやく終了。

2019_09068955.jpg 2019_09068963.jpg
ガパオを求めて行ってみましたが、
ガパオは影も形もありませんでした。(@@;)

2019_09068968.jpg
唯一の収穫は島根の板わかめが買えたことと、
ふちゅこま君に会えたこと。


2019_09068969.jpg
すっかり当てが外れてしまったので、
電車に乗る前に駅改札前のプロントに寄りました。
軽く1杯飲んで帰ろうと思いまして。

2019_09060029.jpg
      2019_09060030.jpg
            2019_09060032.jpg

2019_09060034.jpg
まずは東京クラフトビールのペールエール。
柑橘系の香りのするさっぱりしたビールです。
一緒に「揚げたて フライドキャッサバ」を注文したのですが
なかなか出てくる気配がないので追加オーダーしました。

2019_09060041.jpg
追加は「ホルモンの洋風煮込み&ビームハイセット」。
で、30分待ってもフライドキャッサバ出てこないので
「最初に注文したものがまだ出てこないのですが」と言うと
すぐにキャッサバが出てきました。
何で??? (--;)

2019_09060042.jpg
フライのシリーズはソースが選べるということで
バジルマヨネーズにしました。

2019_09060043.jpg 2019_09060044.jpg

2019_09060046.jpg 2019_09060048.jpg
キャッサバはタピオカの原料ですが
有毒のものと無毒のものがあるんですってね。
そんなキャッサバのフライは、大根のような食感の部分もあれば
クリームコロッケのような食感の部分もあり、
繊維の多いところはパイやデニッシュのような層ができていたりして
それぞれに異なる食感が楽しめました。
味はほぼほぼないので、ソースの味ということになります。

2019_09060049.jpg 2019_09060051.jpg
そして「ホルモンの洋風煮込みが出てこないなー」
「ハイボールが無くなっちゃうなー」と困っていると、
ようやく煮込みが出てきました。

2019_09060052.jpg 2019_09060054.jpg
こちらは味噌とトマトソースがベースになっているようで
バゲットか何かをつけて食べたくなる味でした。
ちょっと濃いめなんですね。
ホルモンはもう少し量が入っているとよかったのですが
全体的には固形分が少なかったように思います。

ということで、ここでお会計。
2200円ほどでした。

それではもう1軒ハシゴしますか。

2019_09068973.jpg
先月1日にオープンした「やきとんまるじ」です。
こちらはつつじヶ丘の駅前。
駅のホームから見えるロケーションです。

2019_09060058.jpg 2019_09060059.jpg
まずは生ビールを飲みながら、注文を決めました。

2019_09060057.jpg 2019_09060060.jpg
が!
如何せん品切れの物が多すぎる……
100円串のはらみ、かしら、たん、がつを注文したら
「かしらとかしらあぶらとはつはじは売り切れました」とのこと。
うーむ、じゃあ、かしらのかわりにしろで。

しばらくして「たんも売り切れです」と言われて
少々途方に暮れました。
そういうのは最初に言ってほしい……
で、結局、はらみ(横隔膜)、がつ(胃袋)、しろ(大腸)、
れば(肝臓)の4本にしました。

2019_09060061.jpg
注文してから串を焼いてくれるので
焼きたて出きたて熱々です。
カラシも景気よくたっぷり添えられています。

2019_09060062.jpg 2019_09060063.jpg

2019_09060064.jpg
はらみ、美味しいですね。
がつもくにゃくにゃした食感が好みです。
しろはちょっと臭みがありますね。
肉厚なんですけどね……
ればは……しょっぱかった!
そういえばさっき盛大に塩を振ってましたね。
レバーの臭みはないけど、塩気が強すぎるのがちょっと……

2019_09060066.jpg
ってことで、追加ははらみとがつ。

2019_09060067.jpg 2019_09060068.jpg
がつの貝っぽい食感がやっぱり好きですね。
はらみの弾力もいいと思います。

2019_09060069.jpg
追加の串と一緒に注文したのが「特大カキフライ」。
特大と言うほどの特大でもありませんが、
確かに普通のカキフライよりは大きめです。
こちらは冷凍だったので揚げるのに少々時間がかかりました。

2019_09060070.jpg 2019_09060071.jpg
カラッと揚がったカキフライの身はクリーミー。
ジューシーではなくクリーミー。
このカキフライもいいと思います。

で、ここでお会計。
1500円ほどでした。


伊勢丹との別れを惜しむつもりが
府中から調布への流れとなりました。(^^;)


ついでなので一昨日のお話も。

2019_09048844.jpg 2019_09048858.jpg
一昨日のお昼は新しくできたラーメン屋さんに行ってみました。
「中華そば TORICO (トリコ)」ですって。
鶏の虜になっちゃう感じ!?

2019_09048845.jpg 2019_09048848.jpg
中華そばは750円~、特製中華そばは950円。
特製って普通の中華そばと何が違うのか分からなくて
店員さんに聞いてみたら、
「チャーシューと鶏チャーシューとメンマがそれぞれ2つずつのって、
それに味玉がつきます。
具が2倍になるだけであとは中華そばと同じです」
とのことでした。
ふむふむ。
味玉が食べたいけど普通の中華そばには味玉がのらないらしいので、
特製中華そばにしてみましょうか。

2019_09048847.jpg 2019_09048846.jpg
食券を渡してカウンターの隅に座りました。
ここ、「みくりや」の居ぬきですよね。
なので内装は以前と同じ。

2019_09048851.jpg
さて。
こちらが特製中華そば。
醤油ベースのスープはかなり黒い感じがします。

2019_09048852.jpg 2019_09048853.jpg
面白いのはメンマ。
長~いメンマが存在感たっぷり。
これだけ長いものの、しっかり炊いてあるので
やわらかくなっています。
このメンマは結構好き。
チャーシューは低温調理でしあげたものを
薄くスライスしてあって、しゃぶしゃぶのような感覚です。
簡潔に言えばベトナムのフォー ボー(牛肉のフォー)みたい。
フォーボーは生の牛肉に熱々のスープをかけて火を通しますが、
こちらのチャーシューも最初はピンク色で
徐々に熱が加わると色が変化していきます。
味玉は半熟よりもう少し火が通った感じの仕上がりでした。

2019_09048849.jpg 2019_09048856.jpg
麺が全粒粉なので小麦粉の香りがしっかりします。
でも、かん水の感じはなく、ちょっとお蕎麦に近いような食感です。
この麺は面白いですね。
スープは丸鶏と真昆布から取っているとのことでしたが、
なぜか昆布よりも椎茸感を強く感じました。
苦手な人は苦手かもね。
見た目通り醤油は結構しっかり入っているので
全体の味は塩気が強めです。
もうちょっとまるい味だと飲みやすいかな~?


ついでに。

2019_09048877.jpg
一昨日の夜は日清焼そばU.F.Oの「.四川花椒香る 担々焼そば」。
あまり辛くなかったので(痺れも強くない)
自家製ラー油をたっぷり足して食べました。
やっぱり自家製のラー油を入れると一味違うよ。(笑)


食べてばかりの毎日ですが、まあ、それだけが楽しみですから。
井伏鱒二の厄除け詩集にもあるじゃないですか。
ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ
ってね。。。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック