FC2ブログ
2019年08月29日 (木) | edit |
今日はカレーのお話ですが、その前に……
ちょっとバウムクーヘン(バームクーヘン)のお話を。

先日の「マツコの知らない世界」を見ていたら
バウムクーヘンがテーマになっていました。
それはもちろんいいのですが……
「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」の違いについて
ビックリするような見解が述べられていました。

「バウムクーヘン」→伝統的な材料や製法で作られているもの
「バームクーヘン」→材料や製法は自由

おいおい、それは違うだろ、と思ったわけです。
確かにドイツでは「Baumkuchen」の材料や製法が
厳密に決められているでしょう。
そしてそうでないものは「Baumkuchen」と名乗れない。
それは別にいいのですが。
「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」は
ドイツ語の「Baumkuchen」のカタカナ表記の違い(揺れ)でしかありません。
「violin」を「バイオリン」と書くか、「ヴァイオリン」と書くか、
「main」を「メーン」と書くか、「メイン」と書くかというのと同じです。
昔は表記をできるだけ簡単にする方法がとられていたので
「バイオリン」や「メーン」でしたが、
最近は言語の音に近い「ヴァイオリン」や「メイン」も
許されるようになってきました。
「Baumkuchen」も昔は「バームクーヘン」と表記されていましたが
最近は原音に近い「バウムクーヘン」と表記されるようになった、
というだけのことなのです。
「バウムクーヘン」が本物で「バームクーヘン」は亜流、というのは
彼らのローカルルールであって、決して一般的なルールではありません。

それよりも。
私はバウムクーヘンの切り方をきちんと述べてほしかった!
番組ではショートケーキのように縦割りに切っていたし、
それを何も言わずパクパク食べていましたが、
本当のバウムクーヘンの切り方はそうじゃない!
削ぐようにして切るのがドイツ流なのだそうです。
それはデパートの催事でユーハイムの人に教わりました。
同僚のドイツ語教員にも聞いてみたら
ドイツでは削ぐようにして切るとのことでした。

2019_08298699.jpg
こんな感じ。
確かにこの切り方だと口の中がモソモソしないし、
よりエアリー感が感じられて、美味しいんですよ。
だから私はいつもこの切り方で切っています。
これは昨日ディズニーシーで買ってきた
ダッフィーのバウムクーヘンですが、
さすがユーハイム製、しっとりしていて美味しかったですよ。( ´Д`)

ちなみに番組内でユーハイムの方が焼きたてのバウムクーヘンを
出演者の皆様に提供していましたが、
ちゃんと削ぐようにして切ってありましたね。
さすが、ユーハイムです。(≧▽≦)ノ


さて。
それでは気持ちが落ち着いたのでカレーのお話を。(^^;)

ここ最近、なんだかカレーをよく食べてるな、と気づきました。
それはカレーライスという形に限らず、いろいろな形で。

2019_08270040.jpg 2019_08270048.jpg
この間はルパ(京王系列のパン屋さん)のイートインで
カレー&スパイシーフェアをやっていたので
「とろ~りチーズの入ったキーマカレーマフィン」というのを食べました。

2019_08270063.jpg 2019_08280168.jpg
いなばのカレー缶詰の合いがけというのもやってみました。
カレーヌードルにモッツァレラチーズを入れるというのもやってみました。
やっぱり夏はカレーが食べたくなるんだよね、ということなのでしょう。


2019_08298655.jpg 2019_08298656.jpg
で、今日は用事で仙川に行ったついでにお昼をということで
島忠のあたりを歩いていたら、ふとカレーの香りが漂ってきました。
あれ?
もしかしてこれは「Curry Bar Mirch (カリーバー・ミルチ)」?
前に除いたときは臨時休業だったけど今日はやってるのかも。
お店の前に行ってみると、OPENの札。
やってた!

2019_08298662.jpg

        2019_08298663.jpg 2019_08298660.jpg
ということでお店に入ってみました。
カレー屋さんというよりアンティークショップという感じの
落ち着いた佇まいです。
へぇ~、こんな感じのお店だったのか~

2019_08298658.jpg 2019_08298659.jpg
ランチメニューの中からポークキーマを選びました。
サフランライスとチャパティのハーフ&ハーフで。
オプションでアイスチャイを付けました。

2019_08298670.jpg
ランチにはミニサラダとヨーグルトデザートが付いています。

2019_08298666.jpg 2019_08298665.jpg
サフランライスにはレーズンが3粒。
チャパティは久しぶりですね。
チャパティって全粒粉を水で練った感じなので素朴な味です。
日本でいうところの白いご飯、という感じ?

2019_08298664.jpg 2019_08298669.jpg
ポークキーマにはピーマンと玉ねぎが添えられていました。

2019_08298671.jpg 2019_08298672.jpg
ではまずはカレーをそのままいただいてみましょうか。
スパイスはあまり強く主張していなくて
全体が丸くまとまっているという感じです。
ポークキーマなので豚肉のはずなのですが
不思議なことに羊肉っぽさがありました。
これがスパイスの効果なのかな?

2019_08298673.jpg 2019_08298674.jpg
今度はライスやチャパティと一緒に。
食べてみて気づくのは、さらりとしていて
カレーなのにあまり刺激を感じないこと。
身体というか胃にやさしい、お腹にやさしいカレーなんですね。
毎日食べても大丈夫というか。
なるほど、このカレーは独特の世界で美味しいかも。
結構気に入りましたよ。

2019_08298677.jpg 2019_08298678.jpg
食後にセットのヨーグルトとオプションのチャイ。
カレーとヨーグルトは相性バッチリですよね。
お店の雰囲気も分かったし、カレーの味も分かったので
また行ってみようと思います。

そうそう、ずっと「Mirch」という店名が謎だったのですが、
調べてみたらヒンディー語で「chiri (唐辛子)」の意味なんですね。
いや~、奥が深い。(@@;)


で。
お昼にカレーを食べたら、夜もカレーが食べたくなったので、
ひき肉を買って帰ってキーマカレーのような
ドライカレーのようなものを作ってみました。

2019_08298697.jpg
かなり適当に作っているのでデタラメですが、
味はそれなりに美味しく仕上がりました。
カレー、やっぱり大好きです♪
(富澤商店のカレー粉、買ってこなくちゃ……)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック