FC2ブログ
2019年08月16日 (金) | edit |
毎日暑いですよね。
こう暑いと肉よりも魚を食べたくなります。
イメージなのですが、魚の方が身体が冷えるというか……

で、ここ最近ホットな街、調布で今日もお魚を買ってきました。
そのついでにトリエのスタバでお昼ご飯。

2019_08168322.jpg
ここ最近の新メニューはほぼ試したので
久しぶりに石窯フィローネ チキン夏野菜カレーを食べてみました。

2019_08168325.jpg 2019_08168319.jpg
バターチキンカレーなので、全体的にはマイルドです。
カレーは風味だけ、という感じかな?
なのでお子様でも大丈夫。
ただ、チキンがゴロッと大きいので、食べにくさ全開。(笑)
普通の向きに食べると具が飛び出しそうになるので、
挟んである口が上向きになるようにして食べるのがコツです。
いや、これでもはみ出てきますけどね。(笑)


そしてお昼を食べ終えたら、パルコに移動。
以前も書きましたが、パルコには2つの魚屋さんがあります。
「魚きん」と「魚耕」。
お寿司が充実している魚きんに対して、お刺身や生の魚が充実している魚耕。
それぞれの持ち味があって、うまく共存しています。

今日は魚きんの方に行きました。
ここには本当にお世話になりましたよ。
そう、1993年の「平成の米騒動」のときにはね。
当時すでに仕事をしていた私はスーパーの米販売時間に
買いに行くことができず、家の米は底ついていました。
そこでインスタント麺やパスタに頼っていたのですが、
それでもどうしても米が食べたくなるときがあったので、
そういうときはパルコの魚きんでお寿司を買って
(好きなお寿司を選べる寿司バイキングがあるから)
米を食べたい欲求を満たしていました。

2019_08160051.jpg 2019_08160061.jpg
今日の目的はその寿司バイキングではなくて「おきゅうと」。
「おきゅうと(おきうと)って何?」と思われるかもしれませんが、
ようするに寒天です。
天草が原料で、酢味噌で食べるわけです。
刺身風に食べる寒天。
東京では珍しいですよね。
食感としては寒天そのものですが、
味は全くついていないので
この酢味噌で食べるのが有効なわけです。
もちろんわさび醤油でも大丈夫ですよ♪

2019_08160055.jpg 2019_08160066.jpg
お刺身も食べたいな、ってことで3品の盛り合わせを買いました。
まぐろ、いい感じでしょ?

2019_08160068.jpg 2019_08160070.jpg
臭みのないお刺身なので、ぺろりといけます。
この季節は煮魚よりも生魚ですね~

2019_08160054.jpg 2019_08160064.jpg
せっかくなのでかつおのたたきも買ってみました。
このくらいの量がちょうどいいですね。
なめらかなかつおの身。
こちらは生姜醤油で食べるとご飯が進みます。

2019_08160071.jpg 2019_08160072.jpg
で、昨日買ってきた塩うに(粒うに)と合わせて
今夜の献立にしました。
塩うには塩分がしっかりしているので甘みはありませんが、
ご飯と一緒に食べるとこっくりとしていてなかなかよろしい。
これ、むしろご飯に混ぜ込んじゃったほうが美味しいんじゃないかな?
明日は混ぜておにぎりにしてみよう。


2019_08160047.jpg 2019_08160050.jpg
食後にはチーズケーキ。
成城石井で買ってきたベイクドチーズケーキと
ビストロプレーンチーズケーキの食べ比べです。
黄色い方がベイクドチーズケーキで
白い方がビストロプレーンチーズケーキ。
今日はこれにスプレーホイップとオレンジマーマレードを添えて出しました。
ベイクドチーズケーキの方がしっかりとしたチーズ感ですが、
こちらはやや甘めの印象。
ビストロプレーンチーズケーキ(前にも買ったことがある!)は
サワークリームが使われているだけあって
酸味が少しあって全体的に軽い感じがします。
甘さもこちらの方がひかえめのようです。
スプレーホイップはどちらにも合いましたが、
マーマレードとの相性はビストロプレーンチーズケーキに軍配。
ちなみに両親の感想は父がベイクドチーズケーキ派、
母がビストロプレーンチーズケーキ派でした。
私もビストロプレーンチーズケーキ派。
だからどうということはなく、味は好みだということの証明でもありました。


さあ、明日の献立は何にしようかな?
あ、そうだ。
明日はモカさんの病院があるから
あんまりゆっくり料理なんかしてる暇はなさそうだな~ ( ´Д`)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック