FC2ブログ
2019年08月08日 (木) | edit |
今日はぶらぶら~っと成城学園の方まで行ってきました。

2019_08088154.jpg 2019_08088157.jpg

      2019_08088158.jpg 2019_08080147.jpg
前回見つけた「JATI Seijo」でランチです。

2019_08080122.jpg 2019_08080126.jpg
バリ島リゾートのイメージ。
もともとは普通の居酒屋だったようですが、
現在はこんなエキゾチックな雰囲気に。

2019_08080119.jpg 2019_08080121.jpg
ランチは4種類。
ナシチャンプルとナシゴレンで迷う私。
ナシゴレンが大好きだけど、昼ビールのつまみにするなら
ナシチャンプルもありだな、と。
結局、“本場バリ人シェフの「ナシゴレンランチ」”に決めました。

2019_08080128.jpg 2019_08080130.jpg
まずはランチビール。
500円なのでそこそこ量はあって満足。(笑)

2019_08080133.jpg
20分くらいして出てきたナシゴレン。

2019_08080131.jpg 2019_08080132.jpg
サンバルがついてこなかったので、別にお願いしました。
このサンバルは多分自家製ですね。
フレッシュで美味しかったです。

2019_08080134.jpg 2019_08080136.jpg
ナシゴレンには半熟目玉焼き。
半熟というか半生?(@@;)
まだ白身が固まっていない状態の目玉焼きにちょっとビックリ。
もうちょい火を通してくれてもいいですよ?

2019_08080135.jpg 2019_08080137.jpg
インドネシア料理といったらえびせん。
これ、美味しいですよね。
ここのはとくにパリパリというかバリバリしてました。
そしておかずはチキンをカレー味で焼いたもの。
これもアヤムゴレンになるのかなー?
思っていたよりあっさりした味付けにしてあってよかったですよ。

2019_08080139.jpg 2019_08080141.jpg
で、ナシゴレン。
ディナーメニューに「当店のナシゴレンはあえて具を入れず、
バリ人スタッフ手作りのソースと目玉焼きのやさしい味との相性を
味わっていただきたく、シンプルに仕上げています」と書いてある通り、
具は入っていません。
全体的には甘みが強めの味になっています。
食感はかなりしっとりしていますよ。
リゾットとか雑炊に近い食感かも。
ここに半生(半熟じゃなくて……)の玉子なので、
余計に雑炊っぽい感じがしますね。
私はもう少しパンチがある方が好きなのでサンバルを加えながら食べました。
サラダがガドガドっぽくなっているとか、
ピクルスがついているとか、もう少しインドネシア色をだしてもいいのではないか
と思ったりしました。

2019_08080145.jpg 2019_08080146.jpg
食後にコーヒー付き。
こちらはセルフサービスでした。

2019_08080142.jpg
      2019_08080143.jpg
            2019_08080144.jpg
ディナーメニューを見てみると「スパイシーチョリソーのふかふかパイ」
というのがありました。
「ふかふか」という形容と「パイ」が私の中では結びつかないので
大変気になりました。


そして今夜は茄子バター炒飯。

2019_08080168.jpg
以前、板橋の龍王でナスバター炒飯を食べましたが
それの改良版です。

2019_08080169.jpg 2019_08080163.jpg
入っているのは茄子と玉ねぎとベーコン。
あとは冷凍してあったコーンと枝豆もパラパラと。
味付けは塩胡椒と醤油少々。
胡椒をきかせるのがコツです。
ついでに……最近はまっているのが酸辣黄瓜。
胡瓜の中華風浅漬けです。
レンジで30秒くらいチンするのがコツです。
これで短時間でもしっかり味がしみこみます。
ぜひお試しを。。。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック