FC2ブログ
2019年06月30日 (日) | edit |
昨日はちょちょいと鎌倉まで出かけてきました。
私の二胡の師匠であるところのウェイウェイ・ウー先生が
歐林洞で恒例のあじさいコンサートだったので
それに出かけてきたわけです。
私は2年ぶりの鎌倉です。

2019_06290005.jpg

        2019_06290008.jpg
せっかくの鎌倉なので、早めに行ってぶらぶらすることにしました。

2019_06290013.jpg 2019_06290014.jpg
最初に訪れたのは幸せのパンケーキ。
あまりスイーツを食べない私でも店名を知っている
有名なパンケーキ屋さんです。
都内にも数店ありますが、パンケーキなんてあまり食べる習慣がないので
鎌倉で入ってみることにしました。

2019_06290022.jpg

2019_06290020.jpg 2019_06290021.jpg
お食事パンケーキとスイーツパンケーキがある中で
私は一番基本の幸せのパンケーキをオーダーしてみました。

2019_06290028.jpg 2019_06290030.jpg
焼き上がりまで15~20分くらいかかるとのこと。
まあそうだろうな、と思っていたので、持っていた文庫本を読みながら
時間を過ごしました。
日本人だけでなく、外国人のお客さんの姿も見かけましたよ。

2019_06290031.jpg
さて。
約20分後、幸せのパンケーキができあがりました。
前評判通り、ふわっふわです。
皿をゆするとふるふると波打ちます。(笑)

2019_06290036.jpg 2019_06290039.jpg
イメージとしてはスフレをオーブンではなく鉄板で焼いた感じでしょうか。

2019_06290040.jpg 2019_06290041.jpg
マヌカハニーと発酵バターを使用したホイップバターが
パンケーキの上にぽとんと落としてあって、見た目もかわいらしい。

2019_06290042.jpg 2019_06290049.jpg
ではでは、メープルシロップをかけていただきましょう。
パンケーキはふんわりしっとりしていて、しかもむっちり。
見た目から想像した通り、スフレっぽいですね。
中にリコッタチーズの塊が見えますが、全体的には甘さがひかえめで、
シロップをかけてちょうどよくなるように仕上がっています。
ホイップバターは濃厚で、クリームチーズのような風味もありました。
これが発酵バターの効果でしょうか。
周りのお客さんは、カップルやグループが多く、
お食事パンケーキとスイーツパンケーキを1つずつ注文して
シェアしている人たちも多かったですよ。
私も次回はお食事パンケーキにトライしてみたいですね。


2019_06290052.jpg
さて。
幸せのパンケーキを出たあとは、
小町通りを更に北の方に向かって歩きます。

2019_06290054.jpg 2019_06290063.jpg
次の目的地はここ「露西亞亭(露西亜亭)」です。
露西亞亭といえば30年程前に入った思い出のお店です。
大学に入って最初の夏休み。
高校時代の友人が上京してきたので鎌倉に出かけることにしました。
そのときに入ったのがこの露西亞亭。
その当時は小町通りにお店があって、
長い行列ができていて、暑い中で順番待ちしたのを覚えています。
考えてみたら鎌倉で最初に食べたお料理が
露西亞亭のボルシチとピロシキだったわけです。
その後も鎌倉に来るたびにピロシキを買って帰っていましたが、
今は小町通りから入ったところにあるピロシキ専門店となっていました。

2019_06290056.jpg 2019_06290058.jpg
久しぶりにピロシキを1つ購入。

2019_06290059.jpg 2019_06290061.jpg
ふかふかしたパン生地タイプのピロシキです。
日本でよく見かける揚げたピロシキですが油っぽさはありません。
中の具は少し少なめですが、あっさりとした塩味で
春雨の食感がきいています。
牛肉の味もしっかりしていますよ。
小ぶりのピロシキなのでペロッと1つ食べられちゃいます。
店の横に専用のベンチがあったのですが、
昨日は雨だったので座ることができず、立ち食いとなりましたが、
とても懐かしい気持ちになれました。
またお店が再開されるといいですね。

2019_06290064.jpg 2019_06290067.jpg

      2019_06290069.jpg 2019_06290070.jpg
さて。
さらにぶらぶら歩きます。
鎌倉はいつの間にかシラスと鎌倉野菜とカレーの街になっちゃいました。(@@;)
学生の頃、卒業してからの期間もたまに鎌倉を歩きましたが
あの頃のお店とはずいぶんお店が変わりましたね。

2019_06290073.jpg 2019_06290089.jpg
さあ、次はこちら。
「鎌倉点心」です。
豚ちゃんの置物がかわいくて、小町通りを通るたびに
豚ちゃんの写真を撮っていたお店です。(笑)

2019_06290074.jpg 2019_06290075.jpg
こちらは豚まん専門店ですが、隣のインビス鎌倉と同じ経営なので
ビールを注文するとお隣から運んできてくれます。(@@;)

2019_06290079.jpg 2019_06290087.jpg
店内にはイートインスペースも設けてあるので雨でも安心♪

2019_06290077.jpg 2019_06290081.jpg
私はニラ入りのピリ辛豚まんが気になったのでコレにしてみました。
これはかなり大きくてふかふかしてますね。
1個400円ですが、それだけのボリュームはありますよ。

2019_06290082.jpg 2019_06290085.jpg
二つに割ってみると、中の餡がプリンとしています。
かなりしっかりとした弾力があって、肉汁が出てきます。
ピリ辛であって激辛ではないのでお子様でも大丈夫(多分)。
餡の味はちょっとソーセージっぽい味で、
「なるほどインビスと同じなのね」という感じでした。
この豚まんが思いのほか美味しかったので、お土産用に2個購入。

2019_06290227.jpg 2019_06290228.jpg
あらびき豚まんと東坡肉の豚まん。
保冷剤を入れてくれるので持ち歩きは1日OKとのことでした。
冷蔵庫で5日間保存できるそうですよ。

2019_06290100.jpg
さて。
鎌倉ときたら鶴岡八幡宮ですよね。
他のお寺には行かないので、ここだけでも参拝しておきましょう。

2019_06290101.jpg 2019_06290108.jpg
ちょうど結婚式が行われるところのようでした。

2019_06290110.jpg 2019_06290113.jpg
大銀杏も2012年には小さな小さな苗木状態でしたが
こんなに大きくなりました。
月日の経つのは早いものです。

2019_06290119.jpg 2019_06290121.jpg

2019_06290122.jpg 2019_06290125.jpg
池の蓮もちょうど時期が来たところ。

2019_06290127.jpg
これから徐々に咲いていく感じですね。

2019_06290132.jpg

        2019_06290142.jpg
さらにぶらぶら。
「鎌倉赤坂飯店」って、鎌倉なのか赤坂なのか気になります。(笑)

2019_06290097.jpg
さあさあ、喉を潤しておきますか。
昨日は雨が降ったりやんだりでしたが、
暑かったのでちょっと休憩しなきゃ倒れちゃいますからね。

2019_06290096.jpg 2019_06290155.jpg
で、選んだのが腸詰屋。
鎌倉に行くたびにここでお買い物をするんですよね。
以前この場所には腸詰屋のアルカマックカフェがあったのですが、
腸詰屋 八幡宮前店にかわりました。
ちなみに腸詰屋は鎌倉に3店舗展開。
他には西口店と若宮大路店がありますよ。

2019_06290159.jpg 2019_06290160.jpg
もちろんあとでお買い物もしますが……

2019_06290156.jpg 2019_06290157.jpg
まずはビール、ビール!

2019_06290172.jpg 2019_06290171.jpg

2019_06290169.jpg 2019_06290162.jpg
ビールセットで乾杯!

2019_06290163.jpg 2019_06290165.jpg
ゴールデンエールとフレッシュバジルのソーセージ。

2019_06290166.jpg 2019_06290168.jpg
ビールは柑橘の風味が口の中に広がります。
ほんのりとした苦みでさっぱりします。
ソーセージにはバジルがたっぷり入っていていい香り。
プリッとした肉の食感もいいですよね~
ビールとソーセージの組み合わせは最高です。

2019_06290167.jpg 2019_06290231.jpg
商品の購入も伝えてあったので
試食の盛り合わせもいただけました。

2019_06290232.jpg 2019_06290233.jpg
今回はコーンドビーフ2本、ハンガリアンサラミ、
フライシュケーゼを買って帰りました。
ここのコンビーフはあっさりしていて好きなんです。
ハンガリアンサラミも噛みしめると肉の味がしっかりするし、
フライシュケーゼはプリッとした弾力で
サンドイッチにもオードブルにも重宝しますよ。

2019_06290174.jpg 2019_06290175.jpg
このあとは時間までしばらく休憩ということで、
先ほど見つけたVERVEに行ってみました。

2019_06290176.jpg
新宿のお店は利用したことがありますが
ここはフードメニューも充実していて
ちょっと休憩するのにちょうどいいですね。

2019_06290177.jpg 2019_06290179.jpg
店内も広々していて落ち着きます。
贅沢な造りにちょっと感動。

2019_06290181.jpg 2019_06290183.jpg
私はエチオピアのアイスをお願いしました。

2019_06290184.jpg
アフリカ系コーヒー特有の酸味があって、夏場にはすっきりします。
その酸味の中に洋ナシのような甘みがあって美味しい。
グラスの形状のおかげで香りもしっかり感じられます。
このあとで同じエチオピアのホットも試飲をいただきましたが
ホットの方は酸味よりも甘みが強く出る感じでした。
なかなかいい休憩場所を見つけられてよかったです。


2019_06290188.jpg 2019_06290191.jpg
さあ、いよいよ歐林洞へ。
実は私、今回は来られるかどうか全然わからなかったので
本当にギリギリのチケット購入。
チケット番号は97番というほぼほぼ最後の番号でした。(^^;)

2019_06290193.jpg 2019_06290195.jpg
すでに会場は満席状態でしたが、最後列に席を確保。

2019_06297205.jpg 2019_06297207.jpg
今年発売のアルバム「扉」からの曲が盛りだくさん。
ピアノと二胡とチェロでの演奏会はやさしい響きでうっとりしました。
今回は一番後ろの席で、しかも前の人の頭が動くので
二胡を弾く手がほとんど見えなかったのですが、
それでもいくつか気づくこともあって勉強になりました。


さて。
長い1日もいよいよ終わり。

2019_06297212.jpg 2019_06290200.jpg
鎌倉から都内まで一直線に戻ってきて、八幡山で途中下車しました。
行先は「NIVAL」。
いつもランチタイムの利用ですが、いつか夜の利用もしてみたかったのです。

2019_06290197.jpg
席があるか心配でしたが、カウンターの奥が空いていました。
よかった♪
早速ビールを注文です。

2019_06290198.jpg 2019_06290199.jpg
ビールはオリジナルビール。
ちょっと柑橘系の風味でさっぱりします。
お通しにポテトチップスとサラミ。
いずれもトリュフが練りこんであっていい香りでした。

2019_06290203.jpg
まずはキハダマグロとアボカドのタルタル。

2019_06290202.jpg 2019_06290205.jpg
マグロとアボカドって美味しいですよね~
これはもう間違いのない味です。
たいていの人は「美味しい」って言うと思います。
ちょっとピリッと辛みがきいているところも◎でした。

2019_06290208.jpg
おかわりはカシスビア。

2019_06290209.jpg 2019_06290210.jpg
実は白レバーパテをオーダーしてあったのですが
作り忘れだったので、オーダーを変更して、
スティックセニョールのビスマルクにしました。

2019_06290211.jpg 2019_06290213.jpg
スティックセニョールのシャキシャキとした食感と、
その茎部分の甘み。
ここに目玉焼きがからまって、いいおつまみになりました。

2019_06290220.jpg
そして〆は青赤唐辛子とグリルチキンのカレー。

2019_06290221.jpg 2019_06290215.jpg
辛いと噂の青赤唐辛子とグリルチキンのカレー。(笑)
グリルチキンがたっぷり入っていてかなりのボリューム。
食べきれるかしらん?

2019_06290222.jpg 2019_06290224.jpg
おお!
確かに辛いですね。
汗が噴き出ます。
でも、梅雨のジメジメした気候にはこの辛さが心地いい。
美味し。
グリルチキンも香ばしく焼いてあって美味しかった!
かなりのボリュームでしたが、さすがカレーは飲み物、
あっという間に食べちゃいましたよ。

お客さんは私以外は常連さんたちでしたが、
皆さんのお話も面白くてあっという間の1時間半でした。


長~い1日だった昨日でしたが、楽しい1日でした。
さあ、もうしばらく忙しい日々が続きますが、頑張りましょう!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック