FC2ブログ
2019年03月22日 (金) | edit |
若い頃は白いご飯があまり好きではなくて、
炊き込みご飯や炒飯、ピラフの方が好きでした。
今は白いご飯も普通に好きですけどね。

2019_03224220.jpg

        2019_03220016.jpg
今日のご飯は、そんな私の好みを象徴したようなゴハン。

2019_03224214.jpg 2019_03224215.jpg
お昼は久しぶりに板橋の「龍王」です。
リーズナブルな町中華。

2019_03224217.jpg 2019_03224216.jpg
カウンターや調味料入れがちょっと油にまみれているのも
町中華らしいところ。

2019_03224218.jpg 2019_03224230.jpg
先月店の前を通ったときに
「そういえばナスバター炒飯ってどんなのかなー?」と
気になっていたので、ナスバター炒飯にしてみました。
あとは焼き餃子。

2019_03224228.jpg
ナスバター炒飯が700円、焼き餃子が300円、合計1000円です。

2019_03224221.jpg 2019_03224222.jpg

2019_03224224.jpg 2019_03224229.jpg

2019_03224227.jpg 2019_03224233.jpg
ナスバター炒飯にはハムと叉焼、ピーマンとパプリカ。
茄子は素揚げしてあります。
今日のチャーハンは少しベチャッとしています。
団子になってくっついちゃってるところがあったり、
ご飯粒がつぶれているところがあったり。
バターの香りはひかえめですが、
昔懐かしい「焼きめし」という感じです。
子どもの頃に近所の食堂でこういう味の焼きめしをよく食べました。
ただし、盛りはこちらの方が断然多い。(笑)
ノスタルジックな焼きめし系炒飯で満腹です。
焼き餃子の方は焼き目が少々薄いですね。
餡は野菜が多めで薄味なのであっさりしています。
ただ、餃子のサイズもそこそこボリュームがあるので
炒飯+餃子だとかなりお腹がパンパンになりました。


2019_03224236.jpg 2019_03224237.jpg
帰りに新大久保に寄って、またまた「旬 やおや」へ。
インド&ネパール惣菜を売っている謎の八百屋さんです。(笑)

2019_03220017.jpg
今日はお目当てのマトンビリヤニでありませんでしたが
チキンビリヤニ(表示名はチキンビリヤーニ)を買ってきました。

2019_03220012.jpg 2019_03220013.jpg
大きめのチキンがゴロゴロっと入っているのはもちろん、
バスマティライスの香りも食欲をそそります。
299円できちんとしたビリヤニ。
素晴らしい。

2019_03220008.jpg
そうそう、包みものも好きなのでサモサを。
これ、1個150円ですからね。

2019_03220010.jpg 2019_03220018.jpg
手のひらサイズの大きなサモサが150円。
コスパ良すぎです。
中にはたっぷりのジャガイモや野菜。
ほんのりとしたカレー味なので食べやすいですよ。
生地も端の部分がカリカリでうれしい。

2019_03220006.jpg
包みものつながりでチキンティッカロールも買ってきました。

2019_03220004.jpg 2019_03220007.jpg
野菜とチキンティッカが入っていて
あっさりとした酸味のきいたドレッシングで味付けされています。
トルティーヤの皮が薄くて野菜もしっかり入っているので
サラダラップサンドという感じで食べられちゃいますね。

2019_02230002.jpg 2019_02230003.jpg
ちなみにちょっと前に買ってきたのはグリーンピスプラワ。
ようするにグリンピースプラオってことですね。
こちらも香りのいいバスマティライス。

2019_02230005.jpg 2019_02230008.jpg
プラオと一緒に買ってきたのはチキンティカ(チキンティッカ)でした。
やわらかく仕上がっていてお値段以上の価値がありました。


米って考えてみたらいろいろな形になりますよね。
そして日本ではいろいろな国の米料理が食べられる!
いい時代に生まれたものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック