FC2ブログ
2019年02月17日 (日) | edit |
おはようございます。
北海道、2日目です。

2019_02172642.jpg

        2019_02172611.jpg
今日もお天気は悪くない。
やはり私の行いがよいからでしょう。(多分)

2019_02172614.jpg 2019_02172615.jpg
誘い合わせて7時半に朝食。
蜂蜜なんか蜂の巣からそのまま流れ出ちゃってますよ。

2019_02172616.jpg 2019_02172621.jpg

2019_02172623.jpg 2019_02172625.jpg
和洋中にベトナムまで!
ご飯のお供もどっさりと並んでいます。
この充実っぷりはすごい。
そして、朝からフォーというのがビックリです。

2019_02172627.jpg 2019_02172628.jpg
というわけでこんな感じ。
フレンチトーストがちょっとうれしくて、取っちゃいました。(笑)

2019_02172630.jpg 2019_02172631.jpg
麻婆豆腐はそれほどでもありませんでしたが
帆立カレーが美味しかったです。

2019_02172632.jpg 2019_02172635.jpg
フォーも麺がチュルチュルしていてよかったですね~

2019_02172648.jpg
食後、忘れ物がないかチェックして、宿を後にしました。

2019_02172650.jpg
ちなみにこちら、埋もれちゃってますが、宿の敷地にある足湯です。
ブラタモリで紹介されたらしいですヨ。


2019_02172657.jpg 2019_02170460.jpg
本日の予定・その1は洞爺湖の遊覧船。
9時スタートの1時間ごと出発。
朝が遅かったので10時出発に乗ることになりました。
船着き場までは遠くはないのですが、急にちらつき始めた雪のせいか
若干気温が下がってきて耳が痛い。

2019_02172662.jpg
とりあえず10時出発の遊覧船に間に合いました。

2019_02172672.jpg 2019_02172673.jpg
船内は2階建て+屋上という構造。
ほぼほぼ外国人観光客に囲まれ、アウェー感満載な雰囲気。

2019_02172677.jpg

2019_02170483.jpg 2019_02172676.jpg
船の出港が迫ってくると、手すりに群がってくるカモメたち。
どうやら船内案内によると、オオセグロカモメという種類らしい。

2019_02170489.jpg
群がってくるのは船客が手持ちのお菓子を投げ与えるから。
すっかり餌付けされてしまったようです。
餌付けするのはだいたいが外国人。
韓国人らしきグループが「セウッカン」「セウッカン」と連呼していたので
恐らくえびせんを投げ与えたものと思われます。

2019_02170492.jpg 2019_02170500.jpg

2019_02170508.jpg 2019_02172686.jpg
傍若無人なカモメ。
私はイスタンブールのホテルで朝食をかすめ取られたので
カモメには憎しみしかございません。

2019_02170514.jpg 2019_02172695.jpg

2019_02172698.jpg 2019_02172701.jpg
船は洞爺湖の中心部に位置する中島のところで引き返します。
寒いけれども「ん? そんなに寒くないよな?」という感じ。
考えてみれば私の生まれ育った島根はそこそこ寒い地域だったのでした。
多分身体が寒さに慣れている~

2019_02172712.jpg 2019_02172714.jpg
そして、船内でもポケモンGOを手放さないA。(笑)
なんと中島にもポケストップがあったのにはビックリでした。

2019_02170525.jpg
ところでですね。
昨夜壊したレンズですが、それはもう諦めて(←動作しないから)
予備で持ってきた望遠レンズをくっつけました。
とりあえずスマホと望遠をつけたE-M10を併用します。

2019_02172731.jpg
船から降りると「洞爺湖サミット 宣言の地」の碑を見に行きました。
この形……サメの背びれみたい……

2019_02172736.jpg

        2019_02172734.jpg
その後、観光案内を求めてビジターセンターを目指す途中、
雪が降りだしてきました。
雪はふわふわでさらっとしています。
驚いたことに結晶の形がきれいに残った雪だったのでした。
マクロレンズ欲しい~~~!

2019_02172739.jpg
で、バスターミナルに移動して、ここからバスで昭和新山に向かいます。
バスターミナルと昭和新山の往復券を買ったのですが、
私は昭和新山到着後、速攻で無くしました。
スマホケースからサラッと落ちてしまったようです。
まあ、片道340円(往復券は620円)をもう一度払えばいいだけなので
そんなに懐は痛みませんが。

2019_02172743.jpg
        2019_02172747.jpg
                2019_02172753.jpg
さすが北海道。
熊のおみやげ、熊牧場など、熊尽くしです。

2019_02172755.jpg 2019_02172757.jpg
我々はロープウェイで有珠山に登ります。
ふもとの外気温は-2度、上の気温は-6度とのことでした。
まあまあ暖かい方ではないでしょうか。

2019_02172758.jpg

2019_02172759.jpg 2019_02172762.jpg

2019_02172767.jpg
上に到着しました。
いくつかの展望台があるのですが、
我々は時間の関係で2つだけ行ってみることにしました。
というか、この雪道、長時間歩くのはスキルが必要ですし。

2019_02172768.jpg
ちなみに、なぜかツムツムの雪像が……
一週間遅れの雪まつり?(笑)

2019_02172776.jpg 2019_02172773.jpg
ここからは昭和新山がよく見えます。
これがモコモコっと盛り上がった様子を想像すると
自然の脅威を感じます。

2019_02170532.jpg 2019_02170533.jpg

2019_02170537.jpg 2019_02170541.jpg
まだ湯気が出ていて、
「チャンスさえあれば、またいつでも盛り上がっちゃうんだかんな!」
という昭和新山の意気込みを感じます。

2019_02172782.jpg
そしてここからが雪山登山の様相を呈してきました。

2019_02172783.jpg
雪道&階段を登る我々。
ここでもスマホを手放さないAが派手にすっ転びました。
(Aは帰りにももう1度すっ転んだ!)

2019_02172791.jpg 2019_02172785.jpg
ようやくの展望台。

2019_02172789.jpg
三方に雄大な風景が広がっているはずなのですが
視界が悪く、あまり見えません。
残念。

2019_02172795.jpg 2019_02170546.jpg
それでも今なおモクモクと湯気だか煙だかが上がる噴火口を見ると
なるほど、これが地熱というものか、
このおかげでそこそこ気温が保たれているのかと思ったのでした。

2019_02172798.jpg 2019_02172801.jpg
再びロープウェイで下りてきまして……

2019_02172750.jpg 2019_02172808.jpg
時間調整のため、ここでお昼ご飯。
ちょうどロープウェイの駅の横にあった「カフェレストラン 噴火亭」です。

2019_02172803.jpg 2019_02172804.jpg
朝食をたらふく食べて満腹のワタクシ(普段朝食は食べないので)と
AとKは飲み物だけを選択。
私が選んだのはしそジュース。
すっきりとした酸味でさっぱりしました。
本当は暑い夏にでも飲むとよいのでしょうが、
寒い冬でもウィンタースポーツ(←多分違う)をした後の身体には
ひんやりちょうどいいドリンクでした。

2019_02172805.jpg 2019_02172807.jpg
豚角煮プレートやソースカツ丼を注文したツワモノもいましたけどね。

2019_02172810.jpg
さて、バスでバスターミナルまで戻ります。
来たときよりも天気が回復してきたようです。

昭和新山→バスターミナル→洞爺駅という経路を取る予定だったのですが、
Sが突如「ここで下りれば洞爺駅終点のバスにすぐに乗り継げる!」と言い出し
全員慌てふためいてバスを降りるという場面がありました。
ちなみにこのS、昨年末も旅行先で突発的にその日の行動を決め、
電気ポットのケーブルに懐かれてしまったという過去の持ち主です。

2019_02172811.jpg
この役場の横がJR洞爺駅。

2019_02172814.jpg 2019_02172818.jpg
駅弁も売られていて、地方の駅ののどかさがあります。

2019_02172819.jpg 2019_02172821.jpg
この駅の雰囲気なんかも私にはなじみ深いものです。

2019_02172824.jpg 2019_02172825.jpg
函館発のスーパー北斗(画像は函館行きのスーパー北斗)で
南千歳を目指します。
それにしても暖かいですね。
帽子もマフラーも手袋もいらない。
北海道ってこういうイメージではなかったんだけど……

列車の中では暫しの休息。
約1時間半の旅なので、今回の旅行にかかった費用を計算したり、
寝たりして過ごしました。

2019_02172828.jpg 2019_02172834.jpg
南千歳駅でスーパー北斗を降り、ここからJR線で新千歳まで一駅です。

2019_02172831.jpg 2019_02170552.jpg
南千歳駅の外にある千歳空港には政府専用機がとまっていました。
これ、新しい方? 古い方?


2019_02172842.jpg
さて。
新千歳空港に到着です。
この1泊2日の旅行も間もなく終了。
でも、その前におみやげを買わねばなりません。
とりあえず集合時間と場所を決めて、四方に散らばりました。

2019_02172840.jpg 2019_02172838.jpg
私はまず、手近なところでカルビープラスへ。
東京駅やソラマチ(現在は閉店)のカルビープラスと基本的には同じ。
揚げたてのぽてりこが人気です。
私はすぐに食べないのでぽてりこではなく、
「北海道限定」とあったじゃがりこを買ってみました。

2019_02172837.jpg 2019_02200003.jpg
しかし、開けてビックリ!
全国のご当地じゃがりこの詰め合わせでした。
北海道限定じゃがりこが8袋入っているわけではなくて、
全国のじゃがりこを詰め合わせたものが北海道限定商品だったわけです。
分かりにくい書き方しないでよー(泣)


2019_02172845.jpg
次に「きたキッチン」。

2019_02170576.jpg 2019_02170579.jpg
欲しかったスードレ(スープドレッシング)は販売されておらず、
肉ドレとその他のドレッシングを買ってみました。
肉ドレはわりと味が濃いめですが、なるほど肉に合わせると
ご飯がすすむ感じの味です。
フライドオニオンのサクサク感もあって、食感が楽しいですね。
玉ねぎドレッシングは容量が小さいのですが
酸味が強すぎず、食べやすいドレッシングでした。
これも野菜が美味しく食べられちゃいますね。

2019_02172846.jpg
グリコの生キャラメル屋さんは今回はパス。

2019_02172849.jpg 2019_02172847.jpg
当初の予定では買うつもりではなかったのですが、
揚げかまぼこ屋さんに列ができていて、とても美味しそうだったので並んでみました。
こちらのかまぼこ屋さん、「かま栄」というみたいです。

2019_02170559.jpg 2019_02170561.jpg
今回はパンロール、マヨサンド、じゃがコーン(空港店限定)、
豆腐けんちんの4種類。
じゃがコーンは思ったほどコーンが入っていなくて残念でしたが、
角切りのじゃがいもがホロっと崩れるのが面白かったです。
パンロールはあまり油っぽくなくてよかった!
マヨサンドはハムとチーズが入っていて、少々洋風。
でも、これもよかったな~
一番気に行ったのが豆腐けんちん。
ぷりんとした歯ごたえであっさりめの味です。
いずれも揚げたてで温かかったので、家に持ち帰ったときにもまだ
少し温かさが残っていました。
北海道から買って帰る揚げかまぼこ。
なんだかいいですね。
これ、おみやげの定番にしたい!

2019_02170568.jpg 2019_02170573.jpg
あとはぶらぶらと歩いていたら、「釧路港市場」というところで
牛トロを見つけました。
これも欲しいな、と思っていたのですが(そのために冷凍庫に場所を作っておいた)、
ちょうど目についたのでラッキーでした。
お店の方に聞いてみると持ち歩き8時間までOKとのこと。
今が16時半、家に着くのは22時頃なので十分間に合います。
買いましょう。(笑)
さすがにそろそろ現金が心もとなくなってきたのでクレカで支払いをしました。(^^;)
(家に持ち帰ったとき、まだ保冷材が凍っていました)

2019_02172855.jpg
そして、3階のロイズチョコレートワールドにある
ロイズベーカリーで念願のパン。

2019_02172853.jpg 2019_02172852.jpg

2019_02170583.jpg 2019_02170586.jpg
生チョコカレーパンに心惹かれながらも
生チョコクロワッサン(オーレ)、チョコメロンパン、
グテの3個を買って帰りました。

さあ、それでは晩ご飯。
私が「海鮮丼を食べたい!」としつこく言い続けていたので
「○○○、好きなところを選べ」と選択権をもらいました。

2019_02172857.jpg 2019_02172864.jpg
海鮮丼はいろいろな店で提供されていましたが、
専門店らしき「きたみなと」と「海鮮丼専門店 どんぶり茶屋」と「きくよ食堂」を
見比べてから決めるところまで絞りました。
「○○○の悔いが残らないように選べ」と重ねて言われた結果、
最終的に「海鮮丼専門店 どんぶり茶屋」に決めました。

2019_02172859.jpg 2019_02172860.jpg

2019_02172861.jpg 2019_02172862.jpg
びっくりすることに、本当に丼専門店なんですよ。
選べない。
目移りしちゃう。(笑)

2019_02172865.jpg 2019_02172884.jpg
それでも何とか注文をすませ、乾杯です。
乾杯のビールはサッポロクラシック。
北海道限定のビールですよ!
醤油はハラル対応のものでした。
そういえばお客さんにもムスリム系の人たちがいましたね。

2019_02172867.jpg 2019_02172868.jpg
ドーンドーンドーンドーンドーンと丼が5つ来ました。
そのうち2名は同じ丼だったので4つ並べて撮影。

2019_02172869.jpg 2019_02172870.jpg
どれも美味しそうですが……

2019_02172875.jpg
私はかに・いくら・うにの丼を選びました。
蟹はなくてもよかったのですが、うにといくらだけの丼は
相当お値段がお高かったのでした。
ちなみにかに・いくら・うにでも2880円。
そこそこいいお値段です。

2019_02172874.jpg 2019_02172872.jpg
ウニは生うに。
形もきれいです。

2019_02172876.jpg 2019_02172878.jpg
いくらもたっぷり。

2019_02172881.jpg 2019_02172883.jpg
蟹はそんなに印象に残らなかったのですが
うにが甘くて美味しかったですよ。
ああ、このうにをてんこ盛りで食べたい。
痛風になってもいいから食べたい。(笑)
でも、痛風になる前に懐が痛みます。
だって生うに丼は[時価]ですから。(≧∇≦)ノ

食べ終わったあと。
「○○○、満足したか?」と聞かれ、大変満足した旨を伝えました。
美味しかったです。


2019_02172885.jpg
そして、北海道に残るT、別の飛行機に乗るSと別れ、
AとKと3人で保安検査場へ向かいました。
が!
「私が並ぶ列は列が進まない」というジンクス通り、
私の列は驚くほど列が停滞し、AとKを待たせに待たせてしまいました。
しかも荷物検査用のトレイが無くなってしまってしばらく経っても
全く補充されないので「トレイがありません」と告げると
「わかりました」と答えつつ、別のまだトレイの残っているレーンへ
補充してしまうという係員の不手際。
旅の最後に私の火山が噴火するかと思いました。

2019_02172887.jpg
そして、ようやくゲートへ。
移動に次ぐ移動ですっかり疲れた我々。
Aはすでに椅子に座って舟をこいでいますが
Kが「ソフトクリーム食べたくない?」というので
「食べましょう、食べましょう」ということになりました。
そんなわけでKと二人でこっそりとソフトクリームタイム。(笑)

2019_02172889.jpg 2019_02172893.jpg
ちょうどゲート前に合ったのがブルースカイで、
ここでは白い恋人ソフトクリームが販売されていたのでした。

2019_02172894.jpg 2019_02172897.jpg
私は欲張りな体質なので、ミックス。
誰が何といおうとミックス。(笑)
サイズ的には雪印やきのとやに比べると相当小さいのですが、
それでもチョコレートの風味がするソフトクリームで満足しました。
クリームもなめらかで、そこそこ濃厚でした。
何よりも空港が暑くて乾燥していたので
ソフトクリームの適度な水分がとてもありがたかったのです。
千歳空港でソフトクリーム。
これは今後の定番にしたいものです。


さて。
機材の到着が遅れて、必然的に出発も遅れたANA便。
それでも無事に千歳を飛び立ちました。

2019_02172900.jpg
今回はプレミアムクラスにアップグレードしなかったので
普通クラスの席です。
ただし、AやKとは別に取ったので席は少々離れます。
私が取ったのは非常口座席と言われる場所。
ここ、前のシートがないので足元が広いんですよね。
手足の長い私にはこの席がありがたい。
と思ったら!
通路側も窓側もあいてなくて真ん中を予約しておいたのですが……
窓側のヲヤヂはマナーがいいのですが、通路側のヲヤヂが酷い。
後から来たくせに、シートのひじ掛けを我が物顔に使うんですよ。
飛行機でのひじ掛け問題は常に勃発する永遠のテーマですが
それにしても酷い。
途中、飲み物が提供されるのですが、
その際に非常口座席の場合はひじ掛けのところから
テーブルを引っ張り出す必要があるわけです。
なのに、肘をひじ掛けからどかさない通路側のヲヤヂ。
あくまでもひじ掛けを死守しようとするヲヤヂ。
CAさんが、「お客様、申し訳ございません」と言って
ようやくひじ掛けから手を放しました。
だから嫌なの。
普通クラスの席ってこういう客がいるから嫌なの。(泣)
今度からは少々高くても(北海道便だと+14000円~15000円)
絶対プラミアムクラスにしよう。
だってひじ掛けも心置きなく使えるし。

2019_02172902.jpg
そうこうしながらも飛行機は順調なフライトを続け、
少々遅れたものの無事に羽田空港に着陸しました。
私はリムジンバスの時間が迫っていたので
大急ぎでチケットを買ってバス乗り場に向かいました。


1泊2日の北海道旅行はかなりタイトなスケジュールでしたが
北海道の雰囲気も分かったので、これからは気軽に行けそうです。
札幌あたりも行ってみたいし、函館、釧路などそれぞれの地域も訪れたいので、
1回1都市と決めて北海道を回ってみるのもよさそうです。
今回の学年旅行を企画・幹事してくれたT君、ありがとう&お疲れ様。
一緒に参加したS君、A君、K、楽しかったです、ありがとう。
今回参加できなかった大勢の白○○同期生、
次回はぜひ一緒に旅をしましょう、楽しみにしています。

というわけで、私の北の大地上陸物語はここに完結です。
長々お付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック