FC2ブログ
2018年10月26日 (金) | edit |
栄養、栄養。
治らない風邪には栄養補給に限ります。

2018_10258660.jpg

          2018_10268730.jpg
美味いものを探して東へ西へ。
昨日と今日は板橋です。

2018_10258640.jpg
昨日のお昼。
この前行った大山のトルコ料理屋さんが結構よかったので再び。
大山駅から商店街をぶらぶら歩いて到達。

2018_10258641.jpg 2018_10258645.jpg
あーーーっ!
ランチメニューができてるーっ!

2018_10258646.jpg 2018_10258647.jpg

2018_10258648.jpg 2018_10258649.jpg

2018_10258650.jpg 2018_10258652.jpg
ランチタイムはランチメニューだけなのか聞いてみたら
他のメニューでも全然OKでした。

2018_10258653.jpg 2018_10258656.jpg
他のメニューを選んでもランチタイムはサラダとスープが付くのでした。
ウン、やっぱりお得。
今回のスープはメルジメッキ・チョルバスと呼ばれる
レンズ豆のスープでした。
私、年齢が上がるにしたがって豆が好きになってきましたよ。
レンズ豆なんか最高♪
(でもまだウグイスマメとうずら豆とグリンピースは苦手)
じんわりと喉を通っていくスープに身体が温まります。

2018_10258663.jpg
昨日はピデ(トルコのピザ)が食べたかったので
「クイマル・ウスパナックル・ピデ」にしました。
クイマルはひき肉、ウスパナックはほうれん草。
ああ、そういえば英語でほうれん草はスピナッチでしたね。
こんなところに共通点が……
だから言葉って面白い。

2018_10258657.jpg 2018_10258661.jpg
トルコのピザと言えば、この舟型が特徴。
これがコンヤ地方の方に行くと、
ラフマジュンと同じ薄くて丸い生地になっていくわけです。

2018_10258662.jpg 2018_10258667.jpg
イタリアンのピザに比べると生地のモッチリさがなく、
歯切れのいい食感なのがピデの醍醐味でしょうか。
トルコで食べたものは小麦粉の種類が多分違っているので
もっと歯ごたえがありましたけども。
今回はひき肉とほうれん草のピデなので、
ほうれん草もたっぷり入っていてボリュームがありますね。
ひき肉はラフマジュン用の香辛料で味付けされたもののようです。
小麦粉、肉、ほうれん草、チーズ。
美味し。

2018_10258668.jpg
        2018_10258670.jpg
食後にサービスのチャイ。
このチャイグラスとお皿がトルコですよね。

ふぅ、満足。
お会計のときに「そこの花屋さんのヒトですよね?」と聞かれました。
思いっきり違います。(≧∇≦)ノ
勘違いであることを告げると、間違ったことがよほど面白かったのか
お店の人たちが大爆笑していました。
いやいや、陽気でなかなかよかったですよ。(笑)


2018_10268722.jpg 2018_10268738.jpg
今日のお昼は「粒粒香」。
久しぶりの四川料理。
今日は偶数週なのでメニューは右半分。
でも、頼むと左半分も作ってくれます。(笑)
こういうところが個人店のいいところ。

2018_10268724.jpg 2018_10268725.jpg

2018_10268726.jpg 2018_10268727.jpg
ランチタイムは小菜、煮卵(先着25名)、水餃子付き。
水餃子と泡菜(漬物)はおかわり自由。
私はいつも水餃子を山のように食べるのですが、
今日は病み上がりということもあってまずは6個。
その後6個追加し、さらに3個、合計15個。

2018_10268733.jpg
今日は汁なし担々麺。
辛さは5辛(1~5辛の5段階)。
前回の4辛は辛さが足りませんでしたからね。。。

2018_10268732.jpg 2018_10268736.jpg
前回は落花生を忘れられていたけど、
今日はちゃんと入っていましたよ。(笑)

2018_10268737.jpg
ちょっと麺がかたまっちゃってましたが、
しっかり混ぜて、全体に味をなじませてからいただきます。
ウン、今回はしっかりカラシビ。
麻辣がきいています。
とくに花椒の痺れがガツンときて、唇がビリビリ。
これこれ、これを求めていたんですよ!
今回はちょっとラー油の油分が多めだったので、
餃子用に取ってきた黒酢が有効でした。
黒酢でさっぱりさせるとエンドレスでいけますね。(笑)

ここもときどき来なきゃね。
でも、板橋界隈って行きたい店が多いから胃袋が足りない。(笑)


ところで。
京王新宿店のデパ地下が昨日からリニューアル。
春先にはお菓子コーナーがリニューアルしたのですが
この秋は総菜コーナーがリニューアル。

2018_10268718.jpg 2018_10268708.jpg
新しいお店がいろいろ入りました。

2018_10268714.jpg 2018_10268715.jpg
お弁当も以前より充実。
「こういうのが欲しかったんだよな」というのがそろいました。

2018_10268710.jpg 2018_10268709.jpg
その中で一番気になったのがココ。
タイ料理の「グッド モーニング バンコク」。

2018_10268706.jpg 2018_10268707.jpg
純粋なタイ料理というよりもタイ料理をベースにした
新感覚アジアンフードというイメージでしょうか。
なのでグリーンカレーなんかは「山椒香る」という枕詞がつくし、
「果物チャツネのキーマカレー」なんていう不思議なものもあったりします。
一番楽しいのはおかずが数種類選べるお弁当。
おかず1種類なら735円、2種類なら897円、3種類なら1059円。
以前タイの街角にご飯におかず2種類選んで20バーツ、
3種、類選んで30バーツとかの屋台が出ていましたが、
まさにあんな感じですね。

2018_10268756.jpg 2018_10268753.jpg
今回はトリプル弁当にしておかずを
「鶏肉のタイバジル炒め」「山椒香る鶏とナスのグリーンカレー」
「薬膳香る豚の角煮」の3種類にしてみました。
あとはデリのコーナーから「茹で鶏のタイ風バンバンジー(ガイヌン)」と
「豚肉と焼きナスのハーブサラダ(ラープ・ムー)」を。

2018_10268764.jpg
ライスはジャスミンライス。
ここにパクチーとゆで玉子がのっていてボリュームたっぷり。

2018_10268761.jpg 2018_10268762.jpg
ガイヌンはカオマンガイのチキン部分といえば分かりやすいかも。
やわらかいチキンに生姜のきいたタレがかかっていて
食べやすいし美味しいデリでした。
ラープムーはラープと言うにはカオクワ(炒り米)がないために香りが足りず、
全体的に酸味も塩味も辛みも足りないという出来。
しかもラープにパクチーは使わないのにしっかり
パクチーがのっちゃってます。
バイマックルー(コブミカン)の香りは結構いいんですけどね~
ナスも悪くなかったのですが、ラープの部分がかなりのパーセントで
足りなさにあふれて(!)いました。

2018_10268755.jpg 2018_10268766.jpg
お弁当の方のグリーンカレーはかなりクリーミー。
辛さと奥深さよりもココナッツミルクのクリーミーさが前面に。
具の鶏肉とナスは大きくて食べごたえがあるけど
ちょっとグリーンカレーとしては「違うかな」という印象。
それに対してガパオはかなりのガパオの葉が使われていて
なかなかいい香りでした。
ただ、こちらも味があまりピタッと決まっておらず
ちょっと辛みと塩味が足りません。
もう少しガツッとさせてほしいですね~
今回の中では五香粉ポークが一番完成度が高かった!
やわらかく煮た豚肉に八角の香りがしみていて
ご飯によく合いました。
これだけおかずとして買って帰って、家のご飯にぶっかけても
十分いける美味しさです。
茹でた青菜でも合わせたらバランスもよさそう。
またいろいろ試してみましょうね~


微熱の続くワタクシ。
明日もまた栄養補給に励みたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック