FC2ブログ
2018年10月17日 (水) | edit |
相も変わらずエスニック系のランチを食べ歩く日々。
基本的に外食は「家で作れない(又は作らない)ものを食べる」
というスタンスですので。(^^;)

2018_10168216.jpg

        2018_10178270.jpg
ってことで、昨日はバングラデシュカレー、
今日はタイチャーハンというラインナップ。

2018_10168199.jpg
まずは昨日のお話。
浅草橋の駅から少し北へ歩いたところに
「美味キッチン」というバングラデシュ料理のお店ができていました。
ここ、以前はタコライスと弁当のお店だったのですが、
いつの間にか閉店しちゃってるなと思ったら
こんなお店が開店したのでした。

2018_10168200.jpg 2018_10168201.jpg

2018_10168202.jpg 2018_10168203.jpg
基本はバングラデシュのカレーで、持ち帰りのお弁当もあるようです。
お弁当は500円のワンコインで結構お得かも。

2018_10168206.jpg 2018_10168207.jpg 2018_10168208.jpg
私は店内での飲食。
カレーは月~日の日替わり。
曜日によってはカレーではなくポラウやビリヤニの日もあるようです。
昨日は火曜日だったのでチキンカレーの日。
ランチは一律900円。
+300円で羊の脳みそやダルスープ、ドリンクが付きます。
そっか~、チキン化~
チキンもいいけど、ビリヤニとか食べたかったよな……

2018_10168222.jpg 2018_10168228.jpg
というわけで、今回はバングラデシュ家庭セット(950円)にしてみました。
エビブナ、ダルブナ、サラダ、ライス、ドリンクのセットです。

2018_10168218.jpg 2018_10168212.jpg
エビブナは汁気の少ない海老カレー。
大ぶりの海老が2尾入っています。
ダルブナは豆スープです。

2018_10168211.jpg 2018_10168214.jpg
サラダは浅漬け的な野菜でした。

2018_10168226.jpg 2018_10168225.jpg
それではまずはカレーからですね。
エビブナ、辛さはそれほどではないのですが
かなりスパイスの香りが感じられますね。
甘みもあるけど辛みもあって……
うん、やっぱり海老の香りが一番かな。
でもこの味どこかで……
あ、そうだ!
シンガポールのリトルインディアで食べたシュリンプカレーの味だ!
高級料理のカレーではなくて、誰もが食べられるカレー。
そうそう、あの味でした。
ちょっとボソボソっとしたライスと合わせると、
これが不思議と現地味という感じで美味し。
山盛りのライスがあっという間にお腹に消えていきます。
ダルブナの方も少しペーストのようになった豆が
口の中でざらざらと食感を主張したあと、するするっと喉を通ります。
ネパールのダルに近いかな。
あっさりしているけど、日本の味噌汁的な感じがします。

2018_10168230.jpg
食後にラッシー。
このラッシーはわりと薄めでした。
コーラの方がよかったかも。

というわけで、美味キッチン初訪のお話でした。
美味しかったからまた行きますよ、絶対に。
店内でチビッ子が絵本を読んだりしているところも
アジアの現地食堂のゆるゆるした感じそのものでよかったです。


2018_10178263.jpg 2018_10178266.jpg
そして今日は烏山でタイ料理。

2018_10171135.jpg 2018_10171136.jpg
久しぶりの「トム・ヤム・クン」。
2年ぶりくらいかな?

2018_10178267.jpg 2018_10178268.jpg
ランチメニューも変わりましたね。
今は鉄道チャーハンを再現した「カオパットロッファイ」が
イチオシメニューのようです。

2018_10178269.jpg 2018_10178272.jpg
それならばということで、鉄道チャーハン「カオパットロッファイ」にしてみました。

2018_10178279.jpg 2018_10178277.jpg
注文後に景気のいい音を立てて炒めてくれたわりには
チャーハンの米がベチャッとしてます。
ジャスミンライスは普通に炒めるだけでパラパラになるのですが
ちょっとベクトルが違うようです。
具は白菜が入っているところが珍しいですね。

2018_10178274.jpg 2018_10178273.jpg
ランチはスープとサラダ、デザート付き。
スープは干しエビ入りですが、中華スープの味がしました。
サラダはタイ料理屋さんに多い胡麻ドレ味。

2018_10178280.jpg 2018_10178278.jpg
そしてチャーハンの味はちょっと甘め。
これは多分シーユーダムが使われているのではないでしょうか。
もう少し塩気があるといいのにな~
ということで、プリックナムプラーを少々。
実はどんなチャーハンでもプリックナムプラーをかけると
不思議なことにタイチャーハンの味になるのです。
カオパットロッファイはもともとタイチャーハンの味ですが、
プリックナムプラーでさらにタイ味に。(笑)
添えられているトマトを崩して混ぜるとさらにさらにタイ味に。(≧∇≦)ノ

タイ料理は自分で少しずつ味変しながら食べるのが楽しいですね。
そうそう、こちらのお店も店員さんがカウンターでご飯を食べたりしていて
アジア特有のゆるさが漂っていました。


なかなかできない海外旅行。
しばらくはランチで気分だけ味わいますかね~ ( ´Д`)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック