FC2ブログ
2018年09月12日 (水) | edit |
千歳烏山というと中華のお店が多いイメージ。
今日はそんな烏山の中華のお店でランチです。

2018_09126611.jpg 2018_09126612.jpg
今年のGWにリニューアルオープンした「[麵専門店]コウミボウ」。
そう、地元の超有名店「広味坊」の姉妹店。
実はこの場所、何回かリニューアルして店が変わってるんですよね。
最初はやさい寿司の「koumibo-」、次が「広味坊 粕谷店」、
Ren」と業態が何度か変わりながら続いています。
そして今回が「[麵専門店]コウミボウ」。

2018_09126616.jpg 2018_09126615.jpg
内装は「Ren」のときそのままに、
メニューは「広味坊 粕谷店」の頃に近くなった感じでしょうか。

2018_09126628.jpg
私は辛いものが食べたかったので、麻辣麺を。
そして餃子も食べてみたかったので焼き餃子をオーダーしました。

2018_09126619.jpg 2018_09126621.jpg
まずは最初に麻辣麺が出てきました。
意外と時間がかかりましたよ。
麺にはサラダか高菜ご飯がついているとのことだったので
サラダをお願いしました。

2018_09126624.jpg 2018_09126627.jpg
サラダのドレッシングは中華、胡麻、大根と3種類用意されていました。
大根ドレッシングは大根おろしが入っていてさっぱりしています。
このドレッシングはなかなかいいかも。

2018_09126630.jpg 2018_09126632.jpg
しばらくして焼き餃子。
想像していたより大きめですね。
銀座天龍ほどではないものの、
モンキーバナナより一回り小さいくらいの大きさです。

2018_09126633.jpg 2018_09126636.jpg
さて、それでは麻辣麺を一口。
辛めでお願いしたのですが、辛さはほとんどありませんね。
まず、麻(花椒の痺れ)が全くありません。
表面に花椒の粉は見えているのですが、痺れは皆無です。
そして辣(唐辛子の辛さ)もほぼ無し。
「足りなければラー油で調整してください」とのことでしたが
ラー油を追加してもあまり辛さは変わりませんでした。
麺はあまりコシのない中国的なタイプで、
スープそのものがわりとあっさりした味わいなので
麺との絡みがあまりよくないかな、という感じです。
焼き餃子の方は、餡がふんわりと練ってあって、とても軽い食感です。
でも、餡にほとんど味がないので、タレ(酢醤油)に頼らざるを得ません。
もうちょいしっかり味がついてる方が好きだな~


という感じで中華ランチのお昼だったのでした。
そして昼間と夜の仕事を終え……
ちなみに夜の仕事の方では村上春樹の「鏡」と
中島敦の「山月記」をやっていたのですが、
「鏡」なんかは教室の電気を消してムードたっぷりにやっていたのに
時間切れで最後まで読まなかったのが悔しい。
「山月記」もちょうどこれからってところで終わってしまったので、
次回への持ち越しです。

そして。

2018_09120007.jpg 2018_09120002.jpg
夜はシェトス(ヤマザキのスーパー)の春巻と
三崎港のお寿司を買って帰りました。
実はシェトスの春巻って、値段が安いわりに(5本で300円くらい)
パリパリの皮でレベルが高いんです。
春巻が食べたくなると、いつもここで買ってきます。
三崎港のお寿司は今回初めて、かな。
21時閉店のところ、20時45分くらいに店の前を通ったので
半額セールをやっていて、思わず覗いちゃったのでした。
いつもはショーケースの中がほぼ空なのに、
今日は結構残っていたのでより取り見取り。
せっかくの半額なので、一番高い「漁火」というのをチョイス。
大トロやウニ、いくらなど贅沢なにぎりがセットになっています。
半額なのでとくに不満はありませんが、
酢飯の酢がちょっときつめかな、という感じ。
あと、大トロがあまり大トロっぽくなかった……
ウニはちょっとミョウバン臭さがありましたね……
カレイのエンガワが一番よかったかも。
脂ののった感じでコリコリの歯ごたえとともに楽しめました。


と、まあ、今日はそんな感じ。
さあ、明日も頑張りますかね~ ( ´Д`)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック