FC2ブログ
2018年07月19日 (木) | edit |
今日は築地の長生庵で蕎麦飲みですが、
それは夜の予定なので、まずは上野へ。
前から見たいと思っていた「ミラクルエッシャー展」を目指します。
ただ、エッシャー展は上野の森美術館で開催されていて
そちらは食事のできるレストランがないようなので
とりあえずアメ横でお昼を軽く食べていくことにしました。

2018_07190004.jpg
今回は御徒町で降りて、上野方面に向かうルートを取りました。

2018_07190012.jpg 2018_07190019.jpg
アメ横といったらケバブ屋さんが多く、
赤ケバブと緑ケバブの仁義なき(?)戦いが繰り広げられている、
というイメージでしょうか。
以前は「モーゼスさんのケバブ」一択でしたが、
現在はかなり状況が変わっているようです。
そんな中でもかなりアピールの大きい
「OSKAR KEBAB (オスカーケバブ)」をチョイス。
決め手は「バケットケバブ (バゲットケバブ)」があったこと。
トルコに行ったときはバゲットタイプのパンに
ケバブを挟んだケバブサンドが多く、
私が食べていたのもたいていそれでした。

2018_07190015.jpg 2018_07190020.jpg
ちなみに普通のピタパンだと500円、ラップケバブ、
バケットケバブ、ケバブ丼は600円。
大盛は+100円ですが、客引きのオニイチャンが
「オオモリタダニスルヨ! オトコトオンナノヤクソク!」とか
流暢な日本語で話しかけてくるので
基本的には「大盛」という概念はなさそうです。(^^;)

2018_07190021.jpg 2018_07190023.jpg
バゲット+ビーフ+激辛ソースの組み合わせでお願いしましたが、
注文が立て込んでいたので、私のバケットケバブは
少々時間がかかりました。
しかもピタと間違えていたので作り直し。(^^;)
そのおかげで作っているところをじっくりと見ることが出きました。
まずはパンを温めて、その上にドネルケバブの肉をのせます。
そしてまずはここに激辛ソースをたっぷりと。
そして玉ねぎ、トマト、キャベツをのせたら
再びソースをたっぷりかけて、その上にケバブ肉。
で、パンで挟んで完成。

2018_07190022.jpg
……でかい!
でかすぎる!
ざっと見た感じ25cmくらいでしょうか。
ちなみに私の頭の大きさが20cmなので(身長は175)
私の顔よりずいぶん大きい。(@@;)
「軽く食べよう」ってつもりだったのに、かなりガッツリいっちゃってます。

2018_07190026.jpg 2018_07190028.jpg
たっぷりのソースは「激辛 (very hot)」だけどそこまで辛いわけではなく、
サンバルソースっぽい味わいでした。
辛みとちょっとした酸味のバランスですね。
ビーフの肉はやわらかく、香辛料ひかえめのマイルドな感じ。
パンもふんわりとした食感で食べやすかったです。
でも、如何せん大きすぎる!
そしてたっぷりのソースが裏目に出て、
下の方からしみ出てきました。
ああああ。
洗いたての白いブラウスが……orz
それでも最後まで食べきってゴチソウサマ。

アメ横のケバブ巡り、またやってもいいかも。


2018_07190031.jpg 2018_07190032.jpg
さて、いよいよ目的の「ミラクルエッシャー展」。
横は通ったことはあるけど、入るのは初めての上野の森美術館。
チケット売り場にも行列ができていて先が思いやられます。
実際、中も混み合っていてイモムシというかダンゴ状態。
中には頑として梃子でも動かない、という人がいて、
その人の前には空間がたっぷりできているのに
後ろには長蛇の列が……ということもあって
鑑賞するのに苦労しました。

2018_07190060.jpg 2018_07190061.jpg
それでも、久々のエッシャー展は面白かった!
彼の作風の変化なんかも見られて
「ははぁ~、それでああいう絵になったわけね」と
納得することができました。

2018_07190069.jpg 2018_07190065.jpg
出口のところで図録とチョコレートを買って……

2018_07190039.jpg 2018_07190042.jpg
出てきたところで「ミラクル デジタル フュージョン」というのをやっていました。

2018_07190044.jpg
どうやら自分がエッシャーの絵の中に入れるという
映像体験型のイベントのようです。
せっかくなので並んでみました。

2018_07191507.jpg 2018_07191508.jpg
こんなのあるなら、もっと明るい色の服を着て行けばよかった!
でも、エッシャーの絵の中に入れて面白かったですヨ。


2018_07190059.jpg 2018_07190079.jpg
そして、あまりに暑かったので外を歩くのは断念して、
スタバに入りました。
コーヒーも飲みたかったしね。

2018_07190072.jpg
で、アイスコーヒーとコールドブリューコーヒー。

2018_07190073.jpg 2018_07190075.jpg
コールドブリューは水で抽出したアイスコーヒーで
熱湯を使っていないのでとてもまろやかな風味です。
舌触りもなめらか。
そして不思議なことにヘーゼルナッツのような
香ばしいナッツの香りもあって、とても飲みやすいコーヒーです。
ミルクなどを入れてもいいけど、私はそのままで。
普段はブラックでは飲まない、という人でも
そのままストレートに飲めるのではないでしょうか。


2018_07194644.jpg
しばらく休憩後。
日比谷線に乗るために移動するついでに
「のもの」に寄ってみました。
「パンのペリカン」の移動販売を行っているのですが、
今日は全然行列無し!
珍しい~、と思ってついついのぞき込むと、
全種類揃っていました。

2018_07194658.jpg 2018_07194659.jpg
これはいい、と小ロールと食パン(1斤)を買っちゃいました。
ペリカンのパンがあったら、あとはメンチでもあれば
おいしいサンドイッチができますよね。

2018_07194649.jpg 2018_07194651.jpg
ってことで肉の大山に寄り道。
メンチ2個、コロッケ2個、ハムカツ2個。
ワーイ! ワーイ!


で、ようやく築地に移動。(笑)
築地でもスタバで少々時間をつぶし……

2018_07190085.jpg
時間を見計らって長生庵へ。
お蕎麦屋さんですが料理もおいしく、日本酒も揃っているので
とてもとても楽しいお店なのです。

2018_07190093.jpg 2018_07190100.jpg
まずは「酒屋八兵衛」とともにお通しを。
お通しには賛否両論ありますが、
長生庵に限ってはお通しにもしっかり力を入れているので
このままおつまみとしても楽しめるので【大賛成】です。
酒屋八兵衛は辛口ですが、ほんのり甘みもあって
米の味が感じられるお酒です。

2018_07190096.jpg 2018_07190097.jpg
夏野菜のお新香盛合わせ。
とうもろこしというのが珍しいですよね。
かつお出汁の風味がしっかり入っていて
おひたしのようなお新香のような不思議な感じです。

2018_07190103.jpg 2018_07190106.jpg
鰻のくりから串。
貴重な首肉をいただきます。
美味し。

2018_07190108.jpg 2018_07190109.jpg
お刺身盛り合わせ。
穴子刺しも入れてもらいました。
穴子、美味しい!
しっとりなめらかですよ。

2018_07190110.jpg 2018_07190117.jpg
出汁巻き玉子と長葱の素揚げ。
出汁巻きには梅肉が添えてあって、さっぱり味。
長葱の方も甘く揚がっていて、
ちょっとしょっぱいお味噌とよく合います。
家でもやりたいけど、油がはねそうだな~

2018_07190114.jpg 2018_07190126.jpg
そしてジャケ買いの日本酒2杯。(笑)

2018_07190120.jpg 2018_07190122.jpg
蕎麦豆腐に鱧の天麩羅。
蕎麦豆腐は塩で食べると、より蕎麦の風味がいきてきます。

2018_07190124.jpg 2018_07190125.jpg
鱧の天ぷらもふわっと揚がっていて梅肉とよく合います。
塩だけでもあっさり美味しかったですよ。

2018_07190130.jpg 2018_07190132.jpg
最後の〆にカレー南蛮と冷やし鴨南蛮。

2018_07190133.jpg 2018_07190136.jpg
カレー南蛮は薄切りの豚肉とお蕎麦を
一緒に啜りこむとまろやかな味わいで美味し。
お気に入りはもちろん鴨南蛮。
しっかりとした弾力のある鴨肉が
あっさりとしたお蕎麦の風味とよく合います。
鴨の脂が美味しい。
そうか、鴨肉ってベーコンと同じで脂の旨みなんですね。
家ではなかなか鴨肉って扱えないから、
今度厚切りベーコンを使ってみよう……


というわけで、昼も夜も堪能しました。
眼福口福大満足♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック