FC2ブログ
2018年05月30日 (水) | edit |
久しぶりの烏山ランチ。
沖縄料理もいいな、と思って、
「確か“すくばり”ってランチやってたよね」と行ってみたら……

2018_05302427.jpg 2018_05302428.jpg
宮古島に帰省中とかで明日まで休業中。
何てこった!
私、結構こういうことが多いんですよね。
たまたま(数年に1度とか?)行ってみると臨時休業だったり、
たまたま行ってみると数日前に閉店していたりとか。
私ってそういう星の下に生まれたのでしょーか……

2018_05302432.jpg 2018_05302434.jpg
で、ちょっと路線を変えて町中華。
いつも気になりつつも素通りしていた「烏山飯店」に入っていました。
だって今まで水曜定休でお休みしてたんですよ?
なぜ今日に限って営業中???
まあ、いいか。(笑)

2018_05302441.jpg 2018_05302442.jpg
壁に所狭しと貼られたメニュー。
町中華にはよくある風景ですね。

2018_05302435.jpg  2018_05302436.jpg

2018_05302437.jpg  2018_05302438.jpg
いろいろメニューはありますが、
今日は五目炒飯(¥890)と餃子(¥490)で行ってみましょう。
値段は意外とお高めです。(^^;)

2018_05302443.jpg
しばらく待っていると、炒飯とスープが出てきました。

2018_05302446.jpg 2018_05302444.jpg
このスープ、変わってるね。
味噌汁碗にすまし汁風のスープが入っていて、具は豆腐や油揚げ。
完全に和風です。

2018_05302449.jpg 2018_05302452.jpg
炒飯は全体に黄色い色がついています。
卵が米粒にコーティングされているということでしょうか。
食べてみるとパラパラでもしっとりでもなく、
ちょっと米粒のつぶれた感じがしますね。
味は、しょっぱいところとそうでないところが混ざっています。
私の好みとしては、全体を均一に味付けしてほしいところです。
いや、これは好みの問題ですから、
「しょっぱいところと味の薄いところを交互に楽しみたいから
均一にしないでほしい」という人だっているはずです。
味の変化を楽しみたい人にはお勧め。
私は胡椒をたっぷりかける食べ方がいいと思います。
それとね、マッシュルームが入っているのもビックリしましたよ。(@@;)

2018_05302458.jpg
炒飯をモグモグ食べていると、餃子も出てきました。

2018_05302454.jpg 2018_05302455.jpg
餃子は一人だけひねくれちゃったヒトがいます。(笑)
いるんですよ、こういう集団になじまない奴が。(^^;)

2018_05302457.jpg 2018_05302459.jpg
食べてみると、わりとしっかりニンニクがきいています。
中の具にはそこそこ味がついていますが、
タレをつけて食べる方が美味しい餃子ですね。

気になったのは、メニューのカレーライス。
町中華ってカレーライスも人気だったりしますよね。
店頭のサンプルが美味しそうだったので、そちらも要チェックです。


さて。
食後にダイソーに行ったついでに、
クレアビル1階にあるサーティワンに寄りました。

2018_05302462.jpg
久しぶりにトリプルポップなどを食べてみる。(笑)
中華を食べたので口の中をさっぱりさせたいですからね~

2018_05302461.jpg 2018_05302463.jpg
今回のチョイスはクリームソーダ・サーティワンラブ、
ピンクカモフラージュの3種類。
サーティワンは試食して選べるところがいいですよね。
実際に食べてみると、「これはあまり好きじゃないかも……」とか
「これは意外にいいかも」というのが分かりますからね。

2018_05302468.jpg 2018_05302465.jpg
今回のクリームソーダも試食をしてみて
サイダー系のさっぱり感が気に入って選んだものです。
ラムネが入っているのがまたサイダーっぽくていいですね。
サーティワンラブはミントとライムとマシュマロが入っていて
こちらもライムの爽やかさがミントを引き立てています。
夏向きでいいですね~
そして、ベリーがたっぷり入ったピンクカモフラージュ。
ちょっと甘いかな、という感じもしますが、
苺とラズベリーの酸味でギリギリさっぱり系に踏みとどまっています。
今回のチョイスはわりと正解(←今日の私の気分には)でした。


そしてバリバリ夜までお仕事。
1日24時間では足りない気のする今日この頃。
でも、24時間は誰もみな平等。
これでやっていくしかないですね。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック