FC2ブログ
2018年05月26日 (土) | edit |
最近のスタバは新商品の展開が早くて追いつけない。(^^;)

2018_05192033.jpg 2018_05121836.jpg
5月9日からは「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」が登場しています。
こちらはベース変更ができないため、
ノンファットやソイでは変更できないのですが、
エスプレッソを使った大人味のフラペに仕上がっています。
ただ、とてもとても溶けやすい。(笑)
熱いエスプレッソとフラペチーノで、あっという間にコーヒー牛乳状態に。
結構甘さがあるためライトシロップにしましたが、
それでもまだ私にはちょっと甘い感じがしました。

2018_05182028.jpg 2018_05182027.jpg
で、別の店舗で飲んだときにはライトシロップでしたが、
さらにシロップを少なくして、ショット追加にしてみました。
もうちょっと甘さを減らしてエスプレッソを楽しみたい。
さらなる方法としてはブラウンシュガーを抜く、という方法もあるみたいです。
次回はライトシロップ、ブラウンシュガー抜き、ショット追加でいってみますかね。

2018_05252213.jpg

2018_05252218.jpg 2018_05252217.jpg
その他には「#チョコレートベリーマッチフラペチーノ」も発売されています。
こちらはコーヒーベースのフラペチーノに
チョコソース、チョコチップ、ダークチョコレートパウダー。
かなりチョコ感が強い仕上がりになっています。
私はノンファット変更、ライトシロップ、ショット追加で注文。
シロップが少なすぎるとチョコレートの風味がなくなるので
悩ましいところです。
チョコレートパウダーを増量してもらうのがいいのかな~?


そして、表題の「スタバでご飯」。
最近は軽めの食事、という気分のときにスタバを利用しています。
とくにトリエのスタバはリザーブやナイトロコールドブリューコーヒーがあるので
スターバックスリワードのチケット消費にも
一役買っているという感じです。(笑)

2018_05232129.jpg
この日は石窯フィローネ スピナッチ&チーズに合わせて
コロンビア カウカのアイスをお願いしました。

2018_05232133.jpg 2018_05232135.jpg
ハーブ感のあるすっきりとしたコーヒーで、
南米産のコーヒーのイメージとはちょっと違うのが面白い。
これは断然アイスで飲むのがおすすめかも。

2018_05232137.jpg 2018_05232132.jpg

2018_05232130.jpg
フィローネの方はたっぷりのほうれん草に
チキンやベーコンが入っていて、そこそこのボリューム。
とろりと溶けたチーズがなかなか美味しい。
ほうれん草の風味とコロンビア カウカのペアリングもよかったです。

2018_05262233.jpg
そして今日もトリエのスタバ。
休日は家で仕事をしているので(平日はちゃんと仕事に行ってますヨ!)
短時間で行って帰ってこられるトリエが便利です。
今週水曜日からの新商品(ほうじ茶のフラペ)の案内を見ながら……

2018_05262252.jpg
ベーコンとほうれん草のキッシュ、サラダラップ グリーンベジタブル&バジル、
そしてナイトロコールドブリューコーヒー。

2018_05262237.jpg 2018_05262243.jpg
ナイトロコールドブリューは注ぎ方にコツがあるみたいで、
人によって若干泡の出方が違うようです。
クリーミーな泡は徐々に消えていくので、その変化を楽しむのがおすすめ。

2018_05262254.jpg 2018_05262255.jpg
久々のキッシュ。
こっくりとしたチーズの香るキッシュはお気に入り。
以前とパイ生地部分が変わりましたね。
以前よりさらにサクサクしたパイ生地になったようです。
ポテトがしいてあるのも以前とは違っています。
若干フィリングがどっしりした感じでしょうか。

2018_05262248.jpg

2018_05262247.jpg 2018_05262249.jpg
それに対してサラダラップの方は
シャキシャキとした野菜がたっぷり入っていて、
サラダをそのまま手に持って食べている感覚です。
アボカドやクリームチーズのとろっとした食感も
野菜と対照的でいいと思います。


さーて、と。
今夜は、朝のうちに仕込んでおいたやきとりを焼く予定。
我が家は炭火がないのでガス&フライパンですが、それも致し方なし。
一仕事したら、夕飯の準備に取りかかりましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック