FC2ブログ
2018年05月20日 (日) | edit |
昨日に続いて今日も目黒。
どこでご飯を食べようかな?

2018_05202042.jpg
あ、そうだ!
ここにしよう♪
前から気になっていたんだよね。
5年くらい前からかな?

2018_05202041.jpg 2018_05202047.jpg
目黒駅前の「バンコクオリエンタル」。
気になっていたのにいつも「この次ね」と素通りしていたのは、
「ローマの休日」の結末を10年越しで見たのと同じ理由。(多分)

2018_05202050.jpg 2018_05202048.jpg
人気店のようで、あっという間に席が埋まっていきます。
とくにタイ人のお客さんが多いのにビックリ。

2018_05202051.jpg
休日のランチタイムはランチバイキングのみ。
60分制で1300円。
平日はビュッフェに加えてセットメニューもあるようです。

2018_05202053.jpg 2018_05202058.jpg
では、まずはビュッフェ台のチェック。
バイキングスタイルのお店ではこれが重要ですからね。
端からどんどんお皿にのせていって、
食べたいお料理がお腹いっぱいで食べられなくなってしまったら
それはとてももったいないことですからね。
ビュッフェ台はサラダやメイン料理の台と、
スープ、麺、デザート、ドリンクの台に分かれています。

2018_05202054.jpg 2018_05202055.jpg

2018_05202057.jpg 2018_05202056.jpg
さあ、何を食べようかな?


2018_05202060.jpg
ということで、こんな形で盛り合わせてきました。
ムムム……お皿が小さい!(笑)
もう一回り大きいお皿だともう少しきれいに盛り付けができたでのすが……
あと、小碗はデザート用でカレーに使うのは禁止とのことで、
非常に苦労しました。
タイのカレーって「ゲーン」というくらいだから汁物なので、
平たいお皿にのせること自体無理がありますもんね。(^^;)
トムヤムクンは具無しだったのでちょっと残念。
ドリンクはパンダンリーフティーとタイティーの2種があったので
まずはタイティーの方を取ってきました。
タイティーはバニラの香りのする紅茶で、
甘くはないけどホッとする香りのお茶なんですよ。

2018_05202059.jpg 2018_05202061.jpg
まず、驚いたのはガパオ。
ガパオというのはホーリーバジルの葉のことなのですが
(イタリアンで使うスイートバジルとは違いますョ)、
ガパオ炒めに使われているガパオの量が「食べ放題」のガパオ炒めを
明らかに超えているんですよ。
ガパオの葉を探すのに苦労する「食べ放題ガパオ」も結構あるのに、
ここはガパオの葉がちゃんとたっぷり入っています。
タケノコやタマネギの分量も結構多いけど、
でもガパオがしっかり入っているのは良心的だと思います。

2018_05202062.jpg 2018_05202063.jpg
パッタイはちょっと太めのセンレックでモチモチしています。
そして、全然期待していなかったガイトード(鶏の手羽揚げ)が
ビックリするほど美味しい。
あっさり塩味の味付けで、甘辛のタレをかけてもかけなくても美味しい。
他のお客さんを見ていたら、
これだけ5本とか立て続けに食べている人もいましたよ。

2018_05202064.jpg 2018_05202065.jpg
ソムタム(パパイヤサラダ)はもうちょっと辛みが欲しいな~
生春巻は野菜のみを巻いたものだったので
ちょっと物足りなさがありましたね。
でも、ナムプリック オンが食べ放題にあるって珍しくないですか?
ナムプリック オンというのは、タイ風のミートソースを
茹で野菜にディップして食べるお料理です。
もうちょいトマト味がしっかりしていてもいいかな、という感じですが、
ここで出逢えただけでも奇跡かもしれません。(笑)


2018_05202066.jpg
2回目はガパオとパイナップルチャーハンをリピート。
チャーハンはパラパラで、パイナップルも結構入っていて
美味しくいただきました。

2018_05202068.jpg 2018_05202069.jpg
あと、具をのせたセンレックのお皿が置いてあって、
トムヤムクンのスープをかけてトムヤムクンラーメンを作る、
というセットもありました。
センレックというのは2~3mmくらいの米麺のことで、
これがもっと幅広(1cm)くらいになるとセンヤイ、
1mmくらいの細さになるとセンミーと呼びます。
これらの麺を総称してクイティアオと言います。
よく、センレックをフォーと間違える人がいるのですが、
フォーはベトナムの米麺。
ちなみにセンレックは米粉だけで作られることが多く、
フォーは米粉とタピオカ粉を使っていることが多いので、
フォーの方がツルツルとした食感になります。
私はトムヤムクンではなく、グリーンカレーをかけたかったので
こっそりとグリーンカレーをかけに行きました……
でもね、このグリーンカレー、具だくさんでとっても贅沢。
鶏肉も茄子もたっぷり入っていました。
辛さはひかえめですが、美味しかったですよ。
グリーンカレーの横にはマッサマンも置いてあって
(なぜかナンも置いてあった!)、そちらも具だくさんで美味しかったです。
ああ、カレー用の器が1つでもあればどんなによかったか……

2018_05202070.jpg 2018_05202071.jpg
そして、美味しかった鶏の手羽先揚げをリピート。
ちょうど揚げたてだったのでパリパリの表面が
とくに美味しかったです。
そして、取るのを忘れていた野菜炒めも少しだけ。
これもほどよい塩気と日本人にもなじみやすい味付けでよかったです。


2018_05202073.jpg
最後にデザートとパンダンリーフティー。
パンダンリーフティーは独特の香ばしさを持つお茶で
昔ゲウチャイでよく飲んでいた私はとても懐かしかったです。
(今はスマイルタイランドでタイティーをよく飲んでる……)

2018_05202074.jpg 2018_05202075.jpg

    2018_05202076.jpg

2018_05202077.jpg 2018_05202078.jpg
バジルシードゼリーやカボチャのプリンは
タイのデザートでよく見かけますよね。
お腹いっぱいでなかったら、カボチャのプリンをもう2~3個いきたいところ。
程よい甘さが結構好きです。
あとはタピオカとサツマイモのココナッツミルク煮。
どちらもタイデザートの定番ですね。
タピオカは久しぶりに食べて美味しかったので
思わずおかわりしちゃいました。(笑)


久しぶりの食べ放題でしたが、
病み上がりのためにあまり多く食べられず、残念でした。
今度行ったら、ガイトード、絶対5本食べるゾ!(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック