2018年05月12日 (土) | edit |
一昨日の朝、Windowsの更新がかかったのですが、
その後、Photoshopを使うたびに画面がフリーズして……

2018_05111833.jpg
ブルースクリーンが頻発。
この忙しい時期にPC不調とか……泣く。orz
Photoshopの更新プログラムも入っていましたが、
何回やってもダウンロードに失敗するので、
必要なデータだけバックアップを取っておいてから
Photoshopのアンインストール→再インストール。
とりあえず普通に動くようになりました。

それにしてもオソロシイ。
PCのこの青い画面(Win10のは初めて見たけど)を見ると
背筋がゾ~~~ッとします。


さて。
今日は「町中華」のお話。
世の中の中華料理屋さんには高級中華と大衆中華というジャンル分け以外に
中国人のやっている中国の味を提供する中国料理屋さんと
日本人のやっている昔ながらの中華料理屋さんという区分があるのを
皆様はご存知でしょうか?
私は結構前から(20年くらい前?)かなり厳密に分けていたのですが、
最近、この昔ながらの中華料理屋さんは「町中華」とか「街中華」と
呼ばれているらしいんですね。

2018_05111802.jpg 2018_05111803.jpg
実は板橋はこの町中華の宝庫で、
結構な数の昔ながらの中華料理屋さんが
今でも残っているんです。
この「点心」も「え? ホントにやってるの?」という店構えですが
ちゃんとお客さんで満席になっています。

2018_05111805.jpg 2018_05111806.jpg
昨日はこちらの「山幸」に行ってみました。
店構えは新しくて「昔懐かしい」って感じではありませんが、
一応「町中華」というジャンルでよいのではないでしょうか。

2018_05111807.jpg 2018_05111808.jpg
ラーメンと半チャーハンのつもりでお店に入ったのですが、
後ろのテーブルで食べていたサラリーマン風のおじさまが食べていた
オムライスに思わず目を奪われてしまいました。
こりゃ、すごい。
私はよくオムライスを「枕のような」と例えるのですが、
このオムライスはさしずめ「掛け布団のよう」です
ふっくら膨らんだ羽根布団。

2018_05111809.jpg 2018_05111811.jpg
慌ててメニューを見てみると、「オムライス 七一〇円」の文字。
そういえば前に別の中華料理屋さんで食べたオムライス
美味しかったのを思い出しました。
ってことで、オムライスを注文。
「他の人のを見てたら食べたくなっちゃいました!」と言うと
お店の方に吹き出されました。(笑)

2018_05111816.jpg
作り方をじっくり見ていると、皿に一人分のご飯をのせて用意。
卵は空き缶で溶き、チキンライスを作って、
別のフライパンで玉子を焼いたらチキンライスをのせて
お皿にパッカンとひっくり返す方式でした。
そして、ラーメンの醤油だれとラーメン用のスープに
ザーサイなどのお新香。
この中華スープとお新香が洋食屋さんのオムライスと
決定的に違うところです。

2018_05111812.jpg 2018_05111815.jpg

2018_05111813.jpg
考えてみれば、唐揚げなどで鶏肉は使うわけだし、
玉ねぎや卵ももちろん用意されています。
ケチャップだってエビチリや酢豚などに使うので
当然用意されているわけですよね。
ということは、何も特別なものを用意しなくても
オムライスが作れるというわけです。

2018_05111818.jpg 2018_05111821.jpg

2018_05111822.jpg 2018_05111823.jpg
食べてみると、ラードの香ばしさと中華だしの独特の香りで、
明らかに洋食屋さんのオムライスとは一線を画します。
チキンライスは香ばしいけどしっとりと炒めてあって
この感じは結構好きだな~
ケチャップの酸味を飛ばして、食べやすいチキンライスになっています。
ちなみにご飯の量は炒める前の段階で茶碗2膳半くらいあったので
そりゃもう、相当なものです。
でも、美味しかったのでぺろりと完食しましたよ。

中華屋さんのオムライス、極めてみたくなりました。


2018_05121841.jpg
そして今日は二胡のレッスン。
がっつり「Spain」。
ウェイウェイ先生の二胡とバイオリンのコラボした「Spain」が
YouTubeにアップされているのですが

それが結構お気に入りでときどき閲覧しています。
あんな風に弾けたらいいよな~、と思いつつも
なかなかそうは弾けず(弾けたらプロでやってる!)
ただただ思っているだけなのが情けないのですが、
それでも最近は楽しく弾けるようになってきました。
リズムに乗って弾くのって楽しい!
今は上手く弾くより楽しく弾く方を優先させたいと思います。


2018_05121840.jpg 2018_05121842.jpg
で、レッスン後はスタジオの横にある「WeiWei's Cafe」。
久しぶりです。

2018_05121845.jpg 2018_05121846.jpg
久しぶりにワンタンを食べたくて、ワンタンのランチセットにしました。
ランチセットは中国粥と中国茶がおかわり自由。
茶蛋(お茶で煮た玉子)とザーサイ、スープがついています。

2018_05121847.jpg 2018_05121849.jpg
上海のワンタンは北京のワンタンと違って具がたっぷりしているのが特徴。
北京のワンタンが皮がメインのスープだとしたら、
上海のワンタンは具がメインの主食的なもの。
根本的に考え方が違います。
私はどちらも好きですが、家で作るときは上海風。
これ、皮も日本で売っている普通のワンタン皮より大きいんですよ。
ちょっと厚くて大きめで、餃子の皮みたいな感じです。

2018_05121850.jpg 2018_05121851.jpg
ママのワンタン(←そういうメニュー名なんです)は
青菜も入っていてバランスがいいですよね。
麻婆豆腐も人気メニューですが
私は麻婆豆腐にはお粥より白飯を合わせたい派なので
ちょっと躊躇してしまうのです。(^^;)


中華料理・中国料理がとっても好きなワタクシですが
どうやらとうとう風邪をひいた模様。
一昨日のディズニーランドで雨にぬれたのが敗因のようです。
中華で風邪を吹き飛ばすか、風邪が通り過ぎるまで中華を我慢するか、
それはまあ、おいおいに考えましょ。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック