2018年04月07日 (土) | edit |
昨夜は久しぶりの長生庵。

2018_04060014.jpg
日本酒も久しぶり~♪
最近はあんまりお酒も飲んでいませんからね……

2018_04060939.jpg
通りからは少しわかりにくい入口。
ここから先が長生庵の世界です。

2018_04060009.jpg 2018_04060010.jpg
お蕎麦屋さんでありながら、日本酒もおつまみも充実している
スバラシイお店です。
まずは怒涛の日本酒から。

2018_04060011.jpg 2018_04060013.jpg
正直に告白すれば日本酒は詳しくないので
ジャケ買いならぬラベル買いなところも。(笑)
今回は春らしいラベルで攻めつつ、
お店の方のおすすめを取り入れていきます。

2018_04060032.jpg 2018_04060033.jpg
このあたり、かなり春らしいラベルですよね~
とくにロゼワインのような色のピンレディは
味わいもロゼワインのような感じです。

2018_04060044.jpg 2018_04060043.jpg

2018_04060051.jpg 2018_04060052.jpg
3人で3杯ずつ。
少しずつ味見をもらいながら飲んでいきます。
この濁りのお酒も美味しかったですよ。

2018_04060056.jpg 2018_04060057.jpg
最後はMIYASAKAを3人でシェア。
お料理との組み合わせも考えつつ
「これが合うね~」「いや、こっちの方かも」などと言いながら
自由に飲めるシアワセ。

そんなお酒のつまみもしっかり充実。

2018_04060016.jpg 2018_04060017.jpg
まずはお刺身の盛り合わせ。

2018_04060019.jpg 2018_04060020.jpg
ホタルイカなんかプンプクリンにふくれちゃって
こんなの食べたのは初めてです。(@@;)
まぐろも脂がのっていてとけるようだし、これも築地ならではのものでしょう。

2018_04060021.jpg 2018_04060022.jpg
ホワイトアスパラには温泉卵をからめて。

2018_04060024.jpg 2018_04060025.jpg
蕎麦豆腐。
お蕎麦の香りのするお豆腐で、食感はあん肝っぽいですよ。
お出汁で食べるのもいいけど塩もおすすめ。

2018_04060027.jpg 2018_04060028.jpg
昨日解禁されたばかりの白えび。
サクサクふわふわの天ぷらはただもう美味しい。

2018_04060035.jpg 2018_04060036.jpg
クリームチーズ酒盗。
ふんわりしたクリームチーズにちょっとしょっぱい酒盗で
これは日本酒のつまみの定番ですね。

2018_04060038.jpg 2018_04060039.jpg
玉子焼き。
お出汁の方でお願いしました。
甘すぎず、七味が意外に有効です。

2018_04060040.jpg 2018_04060042.jpg
そして今年は牡蠣を食べなかったなあ、と生牡蠣を。
想像していたのと全く異なるビジュアル。
トマトと玉ねぎを刻んだものがのっていて、
さっぱりした酸味と合わさると洋風な一品です。
ぷっくりした身の生牡蠣を頬張るシアワセったら……

2018_04060045.jpg 2018_04060047.jpg
とり貝をお願いしたら、これまた想像と全く違うビジュアル。(笑)
普通は開いた状態のとり貝が出てくると思うのですが
これはワタもそのままの丸のまま。
まあ、ビックリ。
ほんのり苦みもきいたとり貝で、さらにお酒がすすみます。

2018_04060053.jpg 2018_04060054.jpg
そして銀鱈の煮付け。
やわらかい銀鱈の身に温泉卵がからまって
鱈のすき焼きを食べているみたいな感じですね。
酔い、酔い♪

2018_04060058.jpg
〆にカレー南蛮をいただきました。
大盛を3つのお椀に分けて盛り付けてくれました。
ありがたい。

2018_04060062.jpg 2018_04060064.jpg
ずっとずっとここで食べてみたかったカレー南蛮。
ようやくのご対面。
おお~、これは思っていたより出汁がきいていますね。
カレーの風味はもちろんあるのですが、何よりも出汁がしっかりしています。
これぞお蕎麦屋さんのカレー。
薄切りの豚肉もするするとお腹に入ります。
細めのお蕎麦も美味しかったです。

いや~、飲んで食べた春の宵でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック