FC2ブログ
2018年04月02日 (月) | edit |
久々にエンちゃんと再会。
本当は2年前の夏に会う予定だったのに
予定外のことが起こって私が東京不在となって会えず。
去年の冬はディズニーシーで会う予定が
私の風邪が治らなくて会えず。
そんなわけで約3年ぶりの再会です。

2018_04020008.jpg
待ち合わせ場所は浅草。
お互いにさほど外見も変わっておらず(?)
普通に再会できました。(笑)

2018_04020010.jpg
で、今日は浅草から隅田川を渡って……

2018_04020011.jpg
MONTEE(モンティ)へ。
ええ、エンちゃんがタイ料理をご所望だったので。(笑)

2018_04020017.jpg
私はパネーン ムーとプラームック パッ ピッ トゥアと迷ってパネーンムー。
エンちゃんはムー マナオ。
本当はヤム タクライを食べたがっていたのですが、
ランチタイムのためできないということで。

2018_04020013.jpg 2018_04020016.jpg
ムーマナオは辛さを少しおさえてもらいました。
何しろこの間食べたときにかなり辛くて衝撃をうけましたからね。
ただ、私の場合は、最初の頃は
「オネーサン、辛クシマスカー?」と確認されていたけど
いつの頃からか聞かれることなく辛くするのがデフォルトになっていたので
前回のムーマナオも通常辛くより作られていたと思われます。
今日のも辛さはガツンとしていたけど、
酸味と辛さがいい感じのバランスで美味しかったです。

2018_04020019.jpg 2018_04020021.jpg
パネーンムーも久々。
豚肉をレッドカレーで炒めてご飯に合わせたものですが、
バイマックルー(コブミカンの葉)から来る柑橘系の香りが
何とも言えず心地いいですよね~。

2018_04020023.jpg
ちょい濃いめの味がライスに合う!
量的には結構あるのですが、ぺろりと食べちゃいました。
豚肉たっぷりで満足。(笑)


で、ここからスカイツリーのところまで腹ごなし的にお散歩。
今日は少し汗ばむくらいの陽気で
外を歩くのが気持ちよかったですね。

2018_04020025.jpg
途中で桜の盆栽を売っているお店を見つけました。
2800円なんですって。
これはちょっと欲しかった!
でも枯らしちゃいそうだよなー (^^;)
逡巡の末、購入を見送りました。
でも、こういうのが家にあれば、春を待つのが楽しみになりそう。


2018_04020808.jpg
そしてようやくのスカイツリー。
浅草→押上は東武線なら1駅、地下鉄なら2駅ですが
歩いてもそんなに時間はかかりません。
距離にして1.5kmくらいでしょうか。

2018_04020034.jpg 2018_04020040.jpg

2018_04020038.jpg
スカイツリー周辺は桜がきれいに咲いていました。


2018_04020042.jpg 2018_04020043.jpg
ソラマチに着いたら、まずは6階のスタバでコーヒーを買って、
そのまま祇園辻利へ直行。
つじりツリーソフト(3色)で決まりです!(笑)

2018_04020045.jpg 2018_04020047.jpg
香ばしいほうじ茶ソフトが一番のお気に入りなのですが
ついつい欲張って3色ソフトにしちゃうのです。
だって、せっかくならどの味も食べたいですからね。
抹茶は苦みのきいたコクのある味、
緑茶はあっさりさっぱりした味、ほうじ茶は先述の香ばしい味。
トゥルンとした白玉を間にはさみながら
3色のソフトを少しずつ食べるのが楽しいんです。
ちなみにエンちゃんの評価は
「ほうじ茶が香ばしくて美味しい」だそうです。
やっぱり私だけじゃなかったのね。(笑)


で、その後ソラマチの中でぶらぶらっとお買い物をして
それぞれに家にお土産を買って帰りました。

2018_04020053.jpg 2018_04020054.jpg
私はアマラデリでタンドリーセットとサモサを買いました。
タンドリーセットにはナンが2切れとタンドリーチキン、
チキンケバブ、温野菜が入っていて、ちょっとしたおかずになります。
サモサは中のマサラポテト部分がわりとピリッとしていて
スパイシーな感じになっていました。
豆も結構入っていて、ポテトだけではなかったのもよかったな。
サクサクとした生地がまたよかったです。
お店でお惣菜を買うときの私なりの目安としては、
1. 家ではあまり作ることができないもの
2. 家で作ることができるけれども少量作るのは難しいもの
3. 多種類の材料を使ってあるもの
という3点を掲げているのですが、
こういうエスニック系のものは1~3の全てを満たしているので
惣菜として買って帰るのは有効だと思うのです。
タンドリーチキンもスパイス感は抑えめでしたが、
そもそも家にタンドール窯なんかないので、
こういうのは買って帰って正解なのです。(笑)


そんな感じで、わずか4時間ほどでしたが、
久しぶりの再会で話が弾みました。
この次は西川口の東北鉄鍋炖のときに呼ぶからねー! (笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック