FC2ブログ
2018年03月19日 (月) | edit |
今日もちょちょいとソラマチ経由。

2018_03190006.jpg
東京では一昨日、桜の開花宣言が出ましたが
寒の戻りですっかり冷え込んでいる毎日です。

で、お昼ご飯の場所を求めて歩きます。

2018_03190009.jpg 2018_03190012.jpg
この横綱バーガーとか韓国料理も気になります。

2018_03190015.jpg 2018_03190066.jpg
ステーキ&カレーというのも気になるし、
ペッパーランチの本社のお膝元なので……

2018_03190007.jpg 2018_03190068.jpg
いきなりステーキと、その研修センターも気になります。

気になりますが!!!

2018_03190028.jpg 2018_03190030.jpg
「どうかな~?」と思って覗いてみたら、開店してました!
そう、浅草地下街から移ってきたMONTEEです。

2018_03190029.jpg 2018_03190032.jpg
ではでは、入ってみましょう。

2018_03190033.jpg
入口入ってすぐのところはカウンター。
まずはターちゃんにご挨拶。
すると横から髙橋さんが。
ご無沙汰してます~ (^^;)
「奥の席もこだわってるんで、ぜひ見てください」ということだったので
覗いてみたら……

2018_03190043.jpg 2018_03190040.jpg
奥のテーブル席は屋台っぽい雰囲気ですね。
今日がオープン初日ですが、開店30分ですでに満席です。

2018_03190042.jpg 2018_03190044.jpg
壁はチャイナタウンをイメージして造ったんだとか。
なるほど、そういう感じ、わかります。
以前より席数も若干増えたので入りやすくなったかも。

2018_03190034.jpg 2018_03190035.jpg
       2018_03190036.jpg
2018_03190037.jpg 2018_03190038.jpg
私は先日来ずっと食べたかったムーマナオを注文。
メニューは以前と変わらずですが、今後徐々に変えていくとのこと。

で、注文してしばらくしてターちゃんが申し訳なさそうに
「今、ごはん炊いてるけどまだもう少し時間がかかるから、
ラーメン、サービスします」って。
そんなの気にしなくていいのに。

2018_03190047.jpg 2018_03190048.jpg
というわけで、ありがたくラーメン(センレック ムーサッ)をいただきました。
このスープの味がモンティの味で懐かしい。
考えてみればモンティに来ること自体が2年ぶりくらいだもんな……
私もいろいろあったし。

2018_03190051.jpg 2018_03190052.jpg
で、唐辛子や酢で味を調整して、するするっと麺をいただきます。
米の麺はなぜか小麦粉麺より軽い感じがしますね。
シャキシャキのモヤシで、さらに加速度UP。(笑)

2018_03190054.jpg
そうこうしているうちにムーマナオが出てきました。
おっと!
なんだかビックリするくらいに唐辛子がのってます。
私が最近行っているタイ料理屋さんは
MONTEEほどガツンとしたお店ばかりではないので、
私自身の辛さに対する耐性もちょっと弱まっている気がします。
大丈夫だろうか……(^^;)

2018_03190053.jpg 2018_03190056.jpg
たっぷりの千切りキャベツの上にのせられた
これまたたっぷりのゆで豚肉。
ここに唐辛子たっぷりのタレがかかっていて、
これはもうライスと一緒に頬張るしかないでしょ、って感じです。

2018_03190058.jpg 2018_03190060.jpg
では、さっそく一口。
ヒ…ヒィ~~~ッ
やっぱり辛かった!(笑)
ここに来るといつもターちゃんが気をきかせて
辛口でオーダーを通してくれるのですが、
いつにも増して辛い気がする。
でも、ナムプラーのしょっぱさとか、豚肉の歯ごたえとか
マナオの酸味とか、とにかく食欲をそそる味なので
フォークとスプーンが止まらない~!
ライスもちょうど炊き立てなのでホカホカアツアツ。
美味しかったけど辛かった!

あとでターちゃんに「辛かったよー!」と言うと、
「久しぶりだったカラ」とニヤニヤされました。
確かに。(^^;)

2018_03190062.jpg 2018_03190064.jpg
そんなモンティ、以前と営業時間が変わっているので要注意です。


2018_03190019.jpg
MONTEEからソラマチに戻る途中で
「塩パン屋 パン・メゾン」に寄ってみました。
愛媛に本店があるとのことですが、
これはもしやテレビで見たことのある塩パン発祥のお店では!?

2018_03190023.jpg 2018_03190022.jpg
本当に塩パンしかないお店で、店頭にあるのは3種類のみ。
普通の塩パン、塩メロンパン、塩パンの生クリーム小倉。
実に潔いですね。
今回は塩パンと塩メロンパンを買ってみました。

2018_03190092.jpg 2018_03190093.jpg
まずは塩パン。
バターロールの上に塩の結晶。

2018_03190094.jpg 2018_03190095.jpg
中のバターがじゅわ~っとしみ出る感じです。
塩辛すぎるわけではなく、バターのジューシーさが感じられます。
ときどき塩の結晶がシャリシャリっと絶妙な歯ごたえ。
カロリーが高そうだけど美味しい。(笑)
これはぺろりと2個くらい食べられそうです。

2018_03190090.jpg 2018_03190091.jpg
塩メロンパンは塩パンにメロンパンの生地をのせて焼いたもの。
甘じょっぱい味のメロンパンです。
ただ、メロンパンのクッキー生地がボロボロ崩れて食べにくい。
甘じょっぱさもちょっとどっちつかずな感じで中途半端かな~?
塩メロンパンの方は私としてはイマイチ、かな。


2018_03190069.jpg
そして、ソラマチまで戻ってきて……

2018_03190070.jpg 2018_03190071.jpg
アイスコーヒーでちょっと休憩。

2018_03190073.jpg
そして祇園辻利へと向かいました。

2018_03190074.jpg 2018_03190075.jpg
今日こそはお花見そふとを食べるのです!(≧∇≦)ノ
……と思ったら、お店周辺のベンチやテーブルが
お客さんでいっぱい。
お花見そふとはテーブルに置いて食べたいので
席が空くのをしばらく待ちました。
いつもはすんなり座れるので、こんなに待ったのは初めてです。(@@;)

2018_03190077.jpg
お待ちかねのお花見そふと。
抹茶ソフト、白玉、あずき、ぎおんの小路、さくら餡クリーム、
さくらババロア、さくらチョコ、さくらゼリーで構成されています。
お花見そふとは1つ780円ですが、
私はすみだ水族館の年パスを持っているので5%引きの741円。
ちょっとだけお得です。

2018_03190078.jpg 2018_03190083.jpg

2018_03190088.jpg 2018_03190089.jpg
抹茶ソフトはほろ苦い抹茶で、鉄板の味。
さくら餡クリームはわりとしっかりとした桜の風味で
桜餅を食べているような感覚です。
意外とよかったのがさくらババロアで
ふんわりとくちどけのよいムースタイプのババロアでした。
こちらも桜の香りがほんのり漂ってきて春のお花見気分。
つるんとした白玉は紅白の二色でこちらも春らしさ満点でした。
実は私はあんこが苦手なのですが
ここのあんこはとりあえず食べられます。
(もちろん甘いけど)甘すぎなくて食べやすいのかも。

まだまだ寒い三寒四温の日々ですが、
気分だけはちょっとだけ春を満喫できました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック