FC2ブログ
2018年01月03日 (水) | edit |
年末、西川口の「滕記熟食坊」まで出かけてきたのですが、
そのときに「またここでお鍋を食べましょう」と約束していました。
いや~、それがこんなに早くに実現するとは。
だって、あれから2週間ですからね。(笑)

2018_01030037.jpg
ってことで、再びの西川口です。

2018_01037174.jpg 2018_01037176.jpg
駅には「Beans」という駅ビルがあって、
その3階はお惣菜やスイーツのお店が並んでいます。
FLOとか京樽とかの一般的なお店が並んでいる横に……

2018_01037177.jpg DSC_7178.jpg
「軼菁亭 (いじんてい)」。
吉祥寺にあるお店の支店らしいのですが、
油条や豆浆を売っているのが珍しい。

2018_01030158.jpg 2018_01030159.jpg
焼き小籠包が人気のようですが、ちょっと皮が厚めな感じに見えたので
1個120円の餃子まんを買ってみました。
ニラ玉が入っているということだったので、
韭菜盒子っぽい感じかな、と思って。

2018_01030160.jpg 2018_01040099.jpg
おお~、ニラが結構たっぷり入っていますね。
ニラが好きな人にはたまらないだろうし、
ニラが好きでない人には別の意味でたまらないでしょう。(笑)

2018_01030040.jpg
そして、次に行くのは「ザ・プライス」。

2018_01030041.jpg 2018_01030042.jpg
安定の吉時餃子です。

2018_01030156.jpg
牛肉まんが2個残っていたので「两个牛肉包」を注文したら、
「不是牛肉的,是羊肉的。(牛肉じゃなくて羊肉)」ですって。
ここ、なぜか陳列棚には「羊肉まん」の文字が一切ないんですよね。
なので、訊ねてみて初めて羊肉まんの存在を知るという
ちょっとハードルの高いシステムになっています。

2018_01030155.jpg 2018_01030157.jpg
この間買ってみたら、結構しっかりと羊肉の味がしていたので、
「こういうのこそ普通のお店では買えないよなー」ということで、
リピートしちゃいました。
小ぶりなサイズが食べやすくていいですよね。

で、そのあと、西川口の街をぶらぶら。

2018_01030039.jpg 2018_01030057.jpg
カラオケ串バーとか……

2018_01030059.jpg 2018_01030063.jpg
烤羊腿のお店とかあって、なかなかディープな雰囲気です。


2018_01030045.jpg
そして本日の目的地、「滕記熟食坊」へ。

2018_01030066.jpg 2018_01030154.jpg
次々とお客さんが入っていくという、大人気のお店です。
前菜類や水餃子もありますが、基本は鉄鍋がメインのお店。

2018_01030082.jpg 2018_01030083.jpg
今回、この大きな鉄鍋を2種類食べようという無謀な企画。
オソロシイ。
本当に食べきれるのでしょうか。(@@;)

2018_01030069.jpg
まずは「东北农家炖(東北農家の煮込み料理)」からスタートです。

2018_01030070.jpg 2018_01030073.jpg
鍋に入るものは排骨(スペアリブ)、豆角(インゲン)、
玉米(トウモロコシ)、南瓜(カボチャ)、土豆(ジャガイモ)。
インゲンは冷凍されているモロッコインゲン、
トウモロコシは中国の白くてモチモチした粘玉米ですよ!

2018_01030079.jpg 2018_01030081.jpg
排骨と野菜をよーく炒めたところにスープを入れてグツグツ煮ます。

2018_01030089.jpg 2018_01030101.jpg
大餅子と呼ばれるトウモロコシの蒸し焼きパン生地をペタンペタンと貼り付けて、
蓋をしてしばらく蒸し煮にしていきます。
このトウモロコシパンが写真ではマカロンに見えるので、
我々は「マカロン鍋」と呼んでいます。(笑)
ちなみにメニューの名前にも入っている「炖」は日本語では「燉」と表記して、
「とろ火で長時間煮込む」という意味なのですが、
業火に包まれている鍋を見ていると「炖」という文字で正しいのか
いささか疑わしくなってきます。(^^;)

2018_01030110.jpg
そして出来上がったのがこちら。
前回の杀猪菜(豚殺し鍋)とは違って、
こちらは水分がほとんど残っていません。
モロッコインゲンもやわらかくなり、カボチャもホクホク。
下茹でしてあるスペアリブは骨からホロリとはずれます。

2018_01030108.jpg 2018_01030111.jpg
中国版の肉じゃがという感じで、すごく素朴な味。
ちょっと八角の香りがします。
これに似たお料理を、実は私、食べたことがあるんです。
ハルビン出身の生徒がジャガイモとインゲンと豚肉を煮た料理を
ご馳走してくれたことがあるんです。
そのときの味にそっくり。
さすがに一般家庭ではここまで大掛かりなことはしないけれど、
本当に普通に食べられている料理なんですね。
トウモロコシの皮のプツッとした食感と、身のモチモチした食感もまた美味しい。
これはご飯も食べたくなっちゃう!
もちろんトウモロコシの蒸し焼きパンも
ほんのり甘くてふわっとしていて美味しいですけどね。

1つ目のお鍋が全て無くなったところで、次のお鍋に移ります。

2018_01030113.jpg 2018_01030117.jpg
今度はちょっとピリ辛だという「铁锅炖活鱼 (活魚の鉄鍋煮)」にしてみましょう。
こちらのお鍋には、活鱼1尾、白菜、豆腐、粉条(板春雨)が入ります。
ちなみに粉丝が一番細くて、日本で春雨として認識されているもの、
粉条は1~2cmくらいの幅広い春雨、
粉皮になると直径30cmくらいの大きな春雨になります。

2018_01030120.jpg
お魚は、店の水槽で泳いでいた生きている魚を使います。
ゴメンヨ、そんなにこっちを見ないでくれ……(泣)

2018_01030124.jpg 2018_01030131.jpg
こちらはまず魚を油の中にボイッと放り込んで火を通します。
そしてスープを注ぎ、豆腐、春雨、白菜の順に入れて煮込みます。
サービスで付く玉米大饼子(トウモロコシの蒸し焼きパン)は1人1個なので、
鍋を2つ注文して、もう1個大餅子を食べたければ
2個目の方は有料での提供になるそうです。

2018_01030135.jpg 2018_01030142.jpg
さあ、煮えてきましたよ。

2018_01030147.jpg
白菜がとろりと溶けかけていて、
お豆腐にもしっかり味がしみています。
お魚はメスだったので、卵も入っていましたよ。
スープの味は唐辛子が入っているわりに辛さはおさえ気味で
醤油ベースのスープに魚の出汁がしっかり出ています。
このスープ、美味しい!
いくらでも飲めるわ。(笑)
板春雨のムチムチ感もいいですね~

2018_01030150.jpg 2018_01030152.jpg
最後に冻豆腐(凍り豆腐)と地瓜(サツマイモ)を追加して
活魚鍋を堪能しました。
いや~、美味しかった!

今回はお料理代(鍋2種類分)が1人1450円、
プラス飲み代ということで私は瓶ビール1本500円。
〆て1950円。
(紹興酒なども飲んだ人は3000円くらいでした)
このお値段も魅力。
マカロン鍋サイコー♪ \(^o^)/


で、夜にそんな豪華なお鍋だったので……

2018_01037169.jpg 2018_01037171.jpg
昼はスタバで軽めに食べることにしました。

2018_01037166.jpg 2018_01037168.jpg
最近、Starbucks Rewardのリワードチケットがたまっているので
チケットを使ってリザーブのコーヒーを注文しました。

2018_01030011.jpg
石窯フィローネ ハム&マリボーチーズとジャマイカブルーマウンテン。

2018_01030014.jpg 2018_01030020.jpg
ブルーマウンテンの方は「これぞコーヒー」という王道の香り。
砂糖もミルクもいりません!
これだけで美味しい。
コーヒーの香ばしさやコクがしっかり出ています。
甘みも感じますよ。
試飲用につけてもらったグアテマラ カシ シエロの方は
ココア感が強くて、料理ではなく、チョコレートなどのスイーツに合いそう。
こちらも美味しいコーヒーです。

2018_01030013.jpg 2018_01030026.jpg
フィローネの方はハムとチーズというシンプルなものですが、
ブルーマウンテンと一緒に食べることで、チーズの香りが引き立ちます。
そのおかげなのか、一口分ですごくボリュームを感じます。
そしてサンドイッチの塩気が、ブルーマウンテンのコーヒーで
すっと流れていく感じですね。
さすが、お高いコーヒーというのを実感しました。(笑)

で、夜の川口に向かう途中で、新宿ルミネのスタバに寄って……
2018_01030028.jpg 2018_01030033.jpg
アイスコーヒーとカカオナッツでおやつタイム。
ピーカンナッツ、クルミ、アーモンドがキャラメルがけになっていて、
っこにカカオパウダーがまぶしてあるという感じです。
甘さはひかえめで、むしろ苦みを強めに出しているので
大人の味のナッツになっています。
これこそグアテマラ カシ シエロに合いそう。


いや~、お正月から美味しいものをあれこれ食べちゃいました。
これは今年1年楽しみになりそうですね。(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック