FC2ブログ
2017年12月26日 (火) | edit |
何でも予約数ヶ月待ちの焼肉屋があるらしい。
曙橋にあるらしい。
6000円ポッキリで肉300gに飲み放題が付くらしい。
行ってみたい。
とても。

2017_12260190.jpg
ってことで、お誘いを受けてお出かけしてきました。
焼肉 ヒロミヤ」。
今夜の舞台はこちら本店の2階。
2階は貸し切りのみで、会員制。
声をかけていただいてありがたや~、でございます。

2017_12260178.jpg 2017_12260179.jpg
ちなみにすぐ近くに3号店もありますよ。

2017_12260191.jpg 2017_12260197.jpg
で、本店の方ですが……

2017_12260198.jpg 2017_12260195.jpg
2階への入口は2ヶ所あります。
右のピンクのドア(どこでもドアみたい!?)が2号店なのかな?

2017_12260200.jpg
我々の入口はこちら。
このドアの向こう側に、不思議な世界が広がっているわけです。
では、ドアを開けて……

2017_12260201.jpg
あ、普通の階段でしたね。(笑)

2017_12260202.jpg 2017_12260206.jpg
2階は調理台のようなテーブルが2つ。
そこに七輪が置いてあって、網はセルフで交換です。

2017_12260207.jpg 2017_12260208.jpg
飲み物も部屋に置いてあるものは自由に飲んでよいというシステム。
ただし、飲み残しとお持ち帰りは厳禁です。

2017_12260209.jpg 2017_12260211.jpg
早速、韓国海苔、キムチ、ナムルが運ばれてきました。
ちなみにこちらのお店はコースのみで肉オンリーなので、
野菜類は各自持ち込まねばなりません。

2017_12260229.jpg
ナムル類をお皿に取り分けて、準備OK。
さあ、お肉がやってきますよ!

2017_12260221.jpg
まずはタン、レバー、ハラミあたりがやってきました。

2017_12260214.jpg 2017_12260216.jpg
タンが分厚い!

2017_12260218.jpg 2017_12260219.jpg
レバーがぷりっぷり!

2017_12260223.jpg 2017_12260224.jpg

2017_12260225.jpg 2017_12260227.jpg
きれいなサシが入ったお肉です。
これは美味しそう♪

2017_12260236.jpg

          2017_12260242.jpg
それでは焼いていきましょう。
タンは分厚いけど、やわらかくてスッと噛み切れます。
レバーもさっと焼いて食べると臭みは全然無し。
ハラミなんかも甘いです。

2017_12260247.jpg 2017_12260248.jpg
鴨やホルモン類もやってきました。

2017_12260251.jpg 2017_12260252.jpg
色がきれいですよね。

2017_12260274.jpg
ホルモンはジャジャッと豪快に焼いていきます。
きれいに花が咲いて、コリコリの食感に。
こちらも新鮮なので臭みがなくて美味しい。
塩だけでいけちゃいます。

2017_12260266.jpg 2017_12260272.jpg
何ですか、このステーキ肉は!(@@;)

2017_12260264.jpg 2017_12260271.jpg
イチボもきれいな色。

2017_12260283.jpg 2017_12260287.jpg
焼肉は、この焼いている時間も楽しいですよね。
普通のお料理だと、出てきてからのスタートですが、
焼肉の場合は焼いている間もすでに美味しい。
期待感が高まる感じで。

2017_12260257.jpg 2017_12260280.jpg
そして食べ方はいろいろ。
すき焼き風に卵につけたり、ご飯にのせてみたり。
ちなみにこのご飯は大きな炊飯器で炊きたてです。
私たちの宴会がスタートした直後に炊き上がりました。

2017_12260290.jpg 2017_12260293.jpg
そんなご飯を小さなおにぎりにして焼いてみたり。

2017_12260300.jpg
最後は冷麺。

2017_12260309.jpg 2017_12260311.jpg
かなり弾力のある麺で、あっさりしたスープとの絡みもバッチリ。
口の中もさっぱり。
〆にちょうどいい1品でした。

2017_12260314.jpg
お酒も飲み放題だったので、いろいろいただきました。
なかなかのコスパ。
そりゃ、人気があって予約待ちになるよね。
またの機会があったらぜひ誘っていただきたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック