2017年10月09日 (月) | edit |
ぶっちゃけ私はカエルは結構好きな方である。
カワイイと思う。

2017_10093422.jpg
来春から京王線は全席指定席の有料特急を走らせるのだけれど、
私はそういう恩恵にはあずかれない人なのでちょっと悲しい。

2017_10093476.jpg
今日もそんな調布のお話です。
お昼はトリエ。
7月に府中のル・シーニュがオープンしたときと比べると、
調布のトリエの混みようはスゴイですね。
面積が狭いというのもあると思うけど、
人出がかなり多い気がします。

2017_10093475.jpg 2017_10093474.jpg
お昼を食べようと思って出かけていった「妻家房」も
長蛇の列でしたからね~
30分は待ちましたよ。

2017_10093428.jpg 2017_10093437.jpg
待っている間に飾り窓の隙間から厨房が見えたので
ちょっと楽しかったけど。

2017_10093450.jpg 2017_10093443.jpg
店内はわりと広く通路がとってあって、
カウンター席も用意されていたりします。
待っている間に店員さんが片っ端から
「オ二人サマデスカ~?」「オ二人サマデスカ~?」と聞いて回っていたので
デフォルトは二人連れのお客さんかと思ったけど、そうでもなかったみたい。(笑)

2017_10093444.jpg 2017_10093445.jpg 2017_10093446.jpg

2017_10093447.jpg 2017_10093448.jpg 2017_10093449.jpg
なんと、こちらのメニューは御膳以外はすべて前菜ビュッフェ付き。
ルミネエスト(新宿)の「pab-sang(パプサン)」と同じ方向性です。

2017_10093456.jpg
        2017_10093452.jpg
                2017_10093453.jpg
注文をすませたら、ビュッフェ台で前菜を取ってきました。
並んでいるのは生野菜サラダ、チャプチェ、豆もやしナムル、
チヂミ、キムチ、トッポギ。

2017_10093461.jpg
前菜を取ってきたところで、注文した石焼きビビンバが出てきました。
石焼きビビンバって石鍋の中でジュウジュウ音がしているのが
すごく楽しいですよね。

2017_10093462.jpg 2017_10093460.jpg
石焼きビビンバの具は豆もやし、人参、小松菜、ぜんまい、ひき肉、海苔、卵黄。
わりとしっかり具がのっています。
お好みで卓上のコチュジャンで辛みを足していきます。

2017_10093457.jpg 2017_10093465.jpg

2017_10093466.jpg 2017_10093468.jpg
前菜ビュッフェの方もまんべんなく盛り付けてきました。
トッポギはそこまで執着がないのでひかえめに、
キムチはドカ盛りで、ナムルとチャプチェも大盛で。
チヂミは山と積まれていましたが、最初のものは具が少なくて、
あとで補充されたものにはイカが入っていました。

2017_10093464.jpg 2017_10093470.jpg
ビビンバはよーく混ぜていただきましょう。
日本食は口内調味なので最初から混ぜないのですが、
韓国料理は最初から混ぜちゃうのが特徴ですよね。
取ってきたキムチも混ぜながら食べると、実に美味しい。
ご飯のおこげも香ばしくて、久しぶりの石焼きビビンバはバッチリでした。
ちなみにキムチは古漬けタイプで、結構酸味がありました。
ナムルとチャプチェもほどよい味付けで美味しかった!
生野菜サラダのドレッシングはあまり好みのタイプではなかったので
(梨かな? ちょっと甘みがあったけど……)
チヂミのたれをかけるのが私には合っているみたい。
石焼きビビンバは1380円だけど、1500円前後で
前菜のビュッフェが付いてくるのはお手頃でお得ですよね。
「野菜をたくさん食べたい!」というときには重宝しそう。


2017_10093479.jpg
食後にぶらぶら歩いていたら、まい泉の店頭に
キャラクターのまいちゃんがいました。
でも私、まい泉よりもさぼてんのトンカツの方が好きなんだよな~(^^;)
(さぼてんはトリエではなくてパルコの方に入っています)


2017_10093487.jpg 2017_10093484.jpg
そして2階に下りて、スターバックスで食後のコーヒー。

2017_10093488.jpg 2017_10093493.jpg
店内は混んでいたけど、ちょうどテーブルが1つ空いていたのでした。
家に帰るとゆっくりできないので、ここで本を読みながらちょっと休憩。


2017_10093495.jpg
そして1階の「Atelier UKAI (アトリエ うかい)」に寄ってみました。

2017_10093494.jpg 2017_10093496.jpg
ショーケースを覗いたら、トリエ限定のプリンがあったので
思わず列に並んで購入。

2017_10093500.jpg 2017_10093502.jpg
季節限定の「栗のプリン」と、トリエ限定の「バニラのプリン」と
「フロマージュプリン」。
母は栗、父はバニラだろうと想像して買って帰ったのですが、
まさに全くその通りになりました。(笑)

2017_10093503.jpg 2017_10093504.jpg

2017_10093505.jpg 2017_10093506.jpg
栗のプリンは一番値段が高いだけあって(530円)
中にゴロリと栗が1つ丸ごと入っていました。
私が食べたフロマージュプリンは底にレモンシロップが入っていて
酸味を前面に押し出したプリンになっていました。
チーズの風味もわりとしっかりしていて、
とろとろの食感が結構よかったです。
口当たりもクリーミーで美味しかった!
でも、サイズがかなり小さくて、3~4口で食べ終わっちゃうので
若干の物足りなさはあるかも。
容器がとてもかわいらしいので、おみやげには喜ばれそうですよね。

そうそう、フールセックなどの焼き菓子の缶がとてもかわいかったので、
今度、缶狙いで買いに行っちゃおう!(笑)


で、有料特急には到底乗れない私ですが、
今日は普通に座って帰りました。
時間はかかるけど各停に乗るのが座るコツです。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック