2017年09月22日 (金) | edit |
いやいや、昨夜は大変でした。
北千住の先の方から電車に乗って帰ってきたら、
新宿と初台の間を走っているときに
「桜上水・上北沢間で人身事故」の車内アナウンス。
ええええーーーーっ!
今?
新宿を出発したところで人身事故ですかー!?(@@;)
これが仮に新宿に停まっているときなら、すぐに小田急線に乗り換えて
成城学園前からバスで帰って来たのですが。
このまま笹塚まで行って新宿に引き返したら、
もはやバスの最終に間に合いません。
22時10分頃に運転再開予定だったのが、
桜上水で待っている間に23時頃にまで繰り下げられて、
仕方なく明大前まで戻って井の頭線で吉祥寺、
吉祥寺から深夜バスで調布、調布から再度京王線の迂回ルート。
20時半の電車で帰ってきたのに、家に着いたのは0時半でした。orz
1時間半くらいで帰れる道のりなのに……4時間。
泣く。

2017_09212365.jpg
あまりの情けなさに、本当に泣けてきました。
だってさー、先々週の木曜日も数分の差で人身事故で振替輸送だったんだよ。
もはや私の中では「木曜日は人身事故の日」と認定されそう。
お願いだから人身事故とか金輪際やめて。(泣)

そんな昨日のお話からスタートです。

2017_09212346.jpg 2017_09212347.jpg
仕事で板橋駅を使うのですが、
板橋駅には決定的に欠けているものがありました。
それは何?
駅のエスカレーター?
ああ、そりゃ欠けてますね。
駅のエレベーター?
ああ、それも欠けてますね。
でもまあ、今バリアフリー工事の真っ最中だからしばらく我慢するとして。
そう、板橋駅に足りないのはタイ料理屋さんだったのです!(←そうか???)

中華料理屋は数多くあるし、インド料理屋に至っては
カツ丼も出すインド料理屋とか韓国料理もあるインド料理屋とか
やきとりのあるインド料理屋とか多岐にわたっているのですが、
タイ料理屋だけはなかったんですよね~

そんな板橋にタイ料理屋さんがOPENしたのでした!
そう、ミョー・ミャンマーというミャンマー料理屋さんの跡地に。
お店の名前は「クルア・チャオプラヤー」。

2017_09222370.jpg 2017_09222371.jpg
店内はほぼ居抜き。
せま~い感じもそのまま。(笑)

2017_09212351.jpg 2017_09212352.jpg
ランチメニューはガパオなどのご飯メニューと
パッタイなどの麺メニューが6種類と、
ガパオ+カレー類のセットメニューが4種類。

2017_09212350.jpg
何とテイクアウトのお弁当は500円なんですよ!(@@;)
(こちらはサラダやスープがつきませんが……)

2017_09212355.jpg
で、昨日はガパオガイとチューチークン(チューチーグン)の
セットにしてみました。

2017_09212358.jpg 2017_09212357.jpg
ガパオは辛口でお願いするのを忘れてしまったのでノーマルです。
2品セットのガパオガイは[小]と書かれていましたが
なかなかどうして立派なサイズです。
ガパオの葉もそこそこ入っています。
チューチークンは海老のレッドカレー炒め。
珍しくキャベツがたっぷり入っています。

2017_09212359.jpg
ではではガパオガイとチューチークンを合いがけしてみましょう。
これ、タイの屋台を思い出しますよね。
私がタイに行ったのは10年近く前ですが、
当時、屋台でぶっかけご飯を頼むと、
ライスに1品かけるのは20バーツ、2にかけるのは30バーツでした
ちょっとそんなイメージの1皿です。(笑)

2017_09212361.jpg 2017_09212356.jpg
スープにも珍しくキャベツが入っていましたが、
このスープがなかなか美味しかったです。

2017_09212362.jpg
で、ガパオは辛さがちょっと足りない感じだったので
プリックナムプラーをもらって唐辛子を追加しました。
ガパオもチューチークンも味はしっかりめについていて、
ジャスミンライスによく合いますが、
そのおかげでライスが足りなくなっちゃうくらいな感じです。(笑)
チューチークンは大ぶりの海老も3尾入っていて
これがブリブリといい食感でした。


2017_09222373.jpg
そして今日も2日連続でクルア・チャオプラヤーへ。
今日はパッタイにしてみました。
どさどさっと盛られていて、ライムが添えられています。

2017_09222375.jpg 2017_09222377.jpg
盛り付けは大雑把ですが、海老や卵も入っていてなかなかのボリューム。
ビジュアル的にはいい感じだと思います。

2017_09222378.jpg 2017_09222376.jpg
パッタイと言えばタマリンドを使って味付けしているのが特徴ですが、
酸味はそれほど強いわけではないので
添えられたライムを絞りながらいただきます。
私はさらにクルワンプルン(調味料セット)をもらって
プリックポン(粉唐辛子)とプリックナムソム(酢漬け唐辛子)を
お好みでかけながら食べていきました。
センレックを使っていますがもっさり感は無くて、むしろしっとり。
あんまりパッタイは食べないのですが、このパッタイは美味しいです。
そしてライムとプリックナムソムの酸味でさっぱり♪

私の正面で食べていた男性客もカオマンガイを絶賛していました。
それはぜひ食べねばなるまい。(笑)
テイクアウトのお客さんもときどき訪れて、
グリーンカレーやマッサマンカレーを持ち帰っていました。
オープンしてまだ間もないお店ですが、結構地元では人気になりつつあるようです。
私も板橋でタイ料理が食べられるお店として大切にしようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック