2017年09月20日 (水) | edit |
連休中はアキバに行ったり、深大寺に出かけたり、
アフタヌーンティー・ティールームでランチしたりしましたが、
そろそろアジア系料理を食べたい気持ちが
ムクムクと沸き起こってきました。

2017_09192243.jpg

        2017_09192253.jpg
なので、昨日のお昼は浅草橋の「スマイルタイランド」。
ランチメニューも変わったばかりですからね~

2017_09192245.jpg
とかいいつつ、昨日食べたのはカオソーイ。
いやいや、新メニューじゃなくて、前にも食べたメニューじゃありませんか。(笑)
でも、ここのカオソーイってすごくビジュアルがいいですよね。
縦に盛り上がった盛り付けって3次元的で圧倒的な力があります。
自分で料理を盛り付けるときもできるだけ3次元的を志すのですが、
このカオソーイはまさにそんな感じ。

2017_09192247.jpg 2017_09192244.jpg

2017_09192249.jpg 2017_09192252.jpg
カオソーイと言えば、タイ風のカレーラーメンの上に
揚げ麺がトッピングされた独特の麺料理。
スープは辛すぎず、わりと日本人の好きな味だと思います。
麺は小麦粉麺なので、このあたりもなじみやすいところ。
スープの中に隠れているゆで麺のモチモチチュルチュルしたところと、
スープの上に盛られている揚げ麺のカリカリパリパリしたところを
それぞれに楽しめるのがまた面白いでしょ?
こちらのお店では大ぶりの鶏肉が3つトッピングされていて、
さらに上に飾られたレモンを絞れば、よりあっさりといただけます。
最後はジャスミンライスとスープを一緒に食べれば
いわゆるラーメンライスっぽい感じで楽しめます。


そして今日もアジア系を攻めてみます。

2017_09202280.jpg 2017_09202279.jpg
烏山の「マイちゃん」。

2017_09202284.jpg 2017_09202283.jpg
アジア系の料理店というと店がきれいで高級なお店から
小汚くて庶民的なお店までさまざまですが、
こちらはわりと小綺麗で庶民的なお店です。

2017_09202281.jpg 2017_09202282.jpg
あら~、ランチメニューが増えてる!
しかもバインセオまでランチに入ってるじゃないの!
バインミーを食べるつもりで来たのですが
いとも簡単にバインセオに寝返りました。(笑)

2017_09202286.jpg
注文してからパリパリに焼いてくれるバインセオ。
バインセオは米粉、ターメリック、ココナッツミルクを使っているので、
色が黄色くてココナッツの甘い香りがするのが特徴です。
このパリパリ感は米粉のおかげなんだと思います。
ほら、ご飯を炊いたときにおこげができるじゃないですか。
ああいう感じだと思えば納得できますよね。

2017_09202289.jpg 2017_09202288.jpg
バインセオの中身はモヤシ、豚肉、海老。
オーソドックスなタイプです。
横に野菜となますが添えられています。
私にとってはレタスの量が足りませんが、これで750円(+税)なので
かなり頑張っているんではないかと思います。

2017_09202291.jpg 2017_09202290.jpg

2017_09202293.jpg 2017_09202296.jpg
ランチには生春巻(ゴイクン)とミニデザートもついています。

2017_09202295.jpg
ではでは、ヌクチャムをつけてバインセオをいただきましょう。
う~ん、生地がパリパリ!
ココナッツミルクの甘い香りもいいですね。
このパリパリと甘い香りがバインセオの持ち味ですね。

思い出してみれば、大学に入ったばかりの頃に
クラスの友人たちと本郷三丁目の「ミュン」で食べたのが
初めてのバインセオでした。
あのときは「何だかちょっと変わったモノだな~」という認識でしたが、
この30年で私の味覚や好みもずいぶん変わって
こういうのを「美味しい~~~♪」と思うようになりました。
人間の味覚は「絶対」ではないし、経験や年代で変わっていくので
今は好きでなくとも、将来は好きになるかもしれません。
そういうことを教えてくれたのが「バインセオ」だったのかも。

マイちゃんのバインセオはボリュームもあってお手頃価格で
ランチの強い味方です。
次回は肉系もいってみたいですね~

さあ、明日、明後日もアジア系で攻めていきますよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック