2017年09月15日 (金) | edit |
ぶっちゃけ、辛いものは慣れである。
もちろん辛いものに対する耐性があるかどうかが第一だけれど、
慣れというのも1つの要因であったりする。
しばらく食べなかったりすると辛いものに弱くなったりもする。
だからたまには食べないとね♪

2017_09152130.jpg 2017_09152129.jpg
というわけで、今日のお昼は「ヴィエンタイ」。
こちらは府中にあるタイ料理屋さんで、
国際通りというちょっとコアな通りにある隠れ家的なお店です。

2017_09152131.jpg
        2017_09152132.jpg
                2017_09152133.jpg
「カオソーイが食べたいな~」と思ったら、今日はもう売切れ。
残念だけど仕方ないので、またまたガパオです。(笑)
ここ最近ガパオばかりでゴメンネ~

2017_09152135.jpg
で、こちらがカオガパオガイの辛口。
鶏肉はかなり大きくカットされていて、かなり汁ダクです。
「ガパオの葉が全然入ってないじゃん!」と思ったら、
下の方にドサッと入っていました。(^^;)
あんまりきちんと混ざってなかったのね。(笑)

2017_09152136.jpg 2017_09152144.jpg
カイダオ(目玉焼き)は縁がチリチリっとなっていて、
いい揚げ焼き加減です。
ちょっと半熟気味だけどね。

2017_09152141.jpg 2017_09152140.jpg
スープは今まで見たことがないくらい具沢山。
このスープ、美味しいですよ。

2017_09152145.jpg
ガパオの味付けはタイ醤油とオイスターソースっぽさを感じます。
もうちょい汁少なめでもいいかも。
汁が多い分、ガパオの葉がかなりトロトロに……
シャッキリと炒めてあった方がガパオの香りは出ると思う~
でも、鶏肉たっぷりで、ジャスミンライスもたっぷりで
かなりのボリュームです。
半分くらいでかなり満腹に。
素晴らしい。
デザートの南瓜のココナッツミルク煮も美味し。
ココナッツミルクの甘じょっぱい感じが好き。

2017_09152147.jpg 2017_09152148.jpg
食後にサービスのアイスコーヒー。
お会計のとき、次回使える割引券(50円)をいただきました。
ふぅ、ゴチソウサマでした。


さて。
夜の仕事が終わったら、またまた府中で晩ご飯。
最近エンゲル係数が上がってるナ……

2017_09152149.jpg
今夜も「麺創研 紅」。
入口に行列はありませんが、中に行列ができています。

2017_09152150.jpg 2017_09152151.jpg
おひとりさまが多いけど、二人連れや3人組もちらほら見かけます。
カウンター席だけでなく、テーブル席があるのもグループ客が来る理由かも。

2017_09152154.jpg
前回は初めてだったので紅ラーメンにしましたが、
今回は鬼紅ラーメンにしてみました。
というのも、紅ラーメンはあまり辛くなくて、若干物足りなかったから。

2017_09152157.jpg 2017_09152158.jpg
前回より短い待ち時間で鬼紅ラーメンが出てきました!
ウン、赤いね。(笑)
紅ラーメンと決定的に違うのは、上にかかっている粉唐辛子。
実はスープにも唐辛子がといてあるみたいで
結構どろりとしたスープです。
そしてどろりとしている分、なかなか冷めなくて、ひたすら熱い。
麺のちぢれも驚くほど強いので、箸でつかんだだけど
結構スープが飛び散ります。
用心、用心。

2017_09152159.jpg 2017_09152160.jpg

2017_09152161.jpg 2017_09152163.jpg
食べてみると、見た目ほどの辛さはなくて、食べやすい辛さです。
今回は野菜や肉を増量しなかったのですが、
結構豚バラは入っていますよね。
ブキブキした食感の麺もやっぱり独特です。
ただ、7種類の太さの麺が入っているといっても、
一度に箸でつかめる麺の量がそんなに多くないので、
実際には3種類くらいの太さでも全然OKな気がする。(笑)
あと、ニンニクスライスも結構入っているので
ニンニク少なめで注文するのが私には向いてるかも。
前回の紅ラーメンもそうだったけど、
鬼紅ラーメンも結構しょっぱいのでスープ完飲にいたりませんでした。
「こってりしたものが食べた~い!」という気分になったときに
また来てみましょう。


ところで、今日のテーマはカラカラ・ラプソディ。

2017_09051627.jpg
結構こういうインスタント麺を買いそろえております。

2017_09051631.jpg 2017_09142128.jpg
汁なし担々麺(左)と台湾まぜそば(右)。
台湾まぜそばの方はかなりかつおだしがきいていました。
辛さは……それほどでもなかったよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック