2017年09月08日 (金) | edit |

今日は府中の仕事なので、お昼も府中で。
いや~、ル・シーニュ利用しまくってます。(笑)

2017_09081740.jpg
で、そんなランチは「目利きの銀次」です。
そこそこお客さんが入っていて賑わっています。

2017_09081741.jpg 2017_09081742.jpg

2017_09081745.jpg 2017_09081746.jpg
「カウンターでよろしいですか?」と聞かれたので
よろしい旨を伝えましたが、なんとそのカウンターが
狭くて壁にものすごく接していて、圧迫感がありました。
これはツライ……
そのうちに隣の女性二人客が酎ハイを飲みながらタバコを吸いだし、
その煙が直撃して咳が止まらなくなりました。
やむなく店員さんに「タバコの煙が来ない席はありませんか?」と訊ねると
「こちらは全席タバコが吸える席ですのでご理解ください」とのこと。
理解はするけど納得はできないわ……

2017_09081743.jpg 2017_09081744.jpg
お昼時はランチメニューがあって、丼がメイン。
隣席のタバコ女子2名はディナーメニューから注文していたので
ランチタイムもディナーメニューOKみたいです。
そんなランチメニュー、丼だけど汁物はつかないのね。
+100円の別料金。
「鮪たたきと海鮮のドカ盛り本部長 (税込み967円)」に
本日の味噌汁(100円)をつけました。

2017_09081748.jpg
10分くらいして、「鮪たたきと海鮮のドカ盛り本部長」が出てきました。
メニューに「圧倒的なボリューム」と書いてあったので期待していたのですが、
圧倒的なのは鰹節の量。(^^;)

2017_09081751.jpg 2017_09081749.jpg
鮪が8切くらいにイクラ、蟹、しらす、ネギトロ、鰹節。
海苔は丼に貼り付いちゃってました。(^^;)

2017_09081752.jpg 2017_09081753.jpg
値段がお安い分、マグロもちょっと薄っぺらい。
解凍してちょっと水が出たからキッチンペーパーで
水気を拭き取りました、という感じの見た目ですが、
味もそんな感じです。(^^;)
蟹はほぐし身ですが、このラインアップには合わないのでは?

2017_09081754.jpg
卓上に醤油が3種類あるのはなかなか珍しいので◎。

2017_09081755.jpg 2017_09081759.jpg
「〆は茶漬けに」とのことでしたが、
出汁が熱いうちにと思って最初の方でお茶漬けにしてみたのですが、
この時点ですでに出汁がぬるかった……
なので、期待したほどマグロに火が入らず、
生ぬるい感じのお茶漬けになってしまいました。

それにしても今時、全席喫煙可のお店ってまだ残っていたんですね。
せめてランチタイムは(小さい子供も来る可能性を考えると)
禁煙にしてもいいんじゃないかな、と思いました。


そして、仕事を終えて、夜。
またまたル・シーニュで晩ご飯。
家で食べるのが面倒くさいので。
家で食べるのが、というよりも、帰ってから準備して、
食べ終わってから片付けるのが面倒。(^^;)

2017_09081785.jpg 2017_09081786.jpg
気になっていた「麺創研 紅」。
京王線の高架沿いから移転してきました。
お隣には「麺創研 紅 BLACK」もあります。
BLACKの方は並んでいるのに紅の方は行列がないな、
と思ったら店内に列ができていました。

2017_09081787.jpg 2017_09081788.jpg
とりあえず食券を買って待機。
15分くらい待ったかな。
並んでいる間に食券チェック。

2017_09081792.jpg
お店の看板メニュー「紅ラーメン」にすべきか
辛さの際立つ「鬼紅ラーメン」にすべきか
頭がはげそうになるくらい悩みましたが、
初めてなのでレコメンドなものをと思って紅ラーメンにしました。
卓上に唐辛子などの調味料は一切ないので、
辛いものが好きな人は最初から鬼紅ラーメンにすべきかも。

2017_09081793.jpg
席に着いて10分くらいで出てきました。
紅ラーメンのバラ肉増(肉ダブル)。
ちなみに紅ラーメンは800円でバラ肉増は990円。

2017_09081796.jpg 2017_09081795.jpg
なるほど、表面にラー油(198度で作った自家製らしい)が浮いていて
とても赤く見えますが、中のスープは味噌ベースのようです。

2017_09081799.jpg
バラ肉は薄切りでやわらかいものがドサッとたっぷりのっています。
この下に野菜が隠れていますが、想像よりは野菜が少なかったかも。

2017_09081804.jpg 2017_09081802.jpg
で、この麺が「乱切り麺」というやつで、
2mm~10mmの7種類の麺が混在しているわけです。
これが独特な食感を出すとのことですが、
かなり縮れていて、それなりの弾力があるので
箸で麺をつかもうとするだけでツルツル跳ねてスープが飛び散ります。(^^;)
麺の食感は味噌煮込みうどんっぽいかも。
いろいろな太さで硬さやコシにバリエーションが出るところは
刀削麺っぽいかもしれません。
麺が太い分、「小麦粉ーーーっ!」という味が自己主張しています。
スープは味噌ベースなのでかなりしっかりと味噌の旨みがあって、
しょっぱさも全開です。
ニンニクもかなりきいていますよ~
スープの味はわりと好きな方なので飲み干そうとしたのですが、
途中でお腹いっぱいになったのと、
しょっぱさのせいで、途中で断念しました。

全体的に言えば、「紅ラーメンは辛くない」。
辛いというより、熱いです。
店内も暑いし、ラーメンも熱い。
これからの寒くなる季節にはピッタリかも。
紅ラーメンが全然辛くなかったので、
次回は鬼紅ラーメンに行ってみようと思います。
あ、肉の量は普通でいいや。(笑)


そんなこんなで府中でほぼ1日過ごしましたが、
府中ものんびりしていていい街ですよね。
ル・シーニュの上層階にはカフェや自習室があったりして
市民が気軽に利用できるスペースがありました。
府中も住みやすそうですが、新宿まで結構時間がかかるのと、
調布以西の京王線は本数が激減するのがネックで
イマイチ引っ越しには踏み切れません。
でも、いつか現役をリタイアしたら府中生活もいいかもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック