2017年08月25日 (金) | edit |
昨日、無性にタイ料理が食べたくなって
調布のオーキッド・キッチンに行ったのですが、
ランチ臨時休業で撃沈。
で、中河原のスイタイに行ったのはすでにお話した通り。

2017_08251244.jpg
      2017_08251246.jpg
            2017_08251248.jpg
今日こそは、とオーキッド・キッチンまで出かけてきました。

2017_08251253.jpg 2017_08251255.jpg
ハイ、今日はやってました。
よかった、よかった。


2017_08251251.jpg
こちらのお店、去年の夏以来なのですが
あのときに食べたガパオが美味しかったんですよね。
「うちは私たちのママの味だから味の素は使わないの」とのこと。
1年ぶりのガパオ、どんな感じかな?

2017_08251269.jpg
          2017_08251278.jpg
辛口でお願いしたら、ランチのガパオは辛さの調節ができないんですって。
オープンキッチンだから注文ごとに炒めると
店内が唐辛子の煙で大変なことになるから
ガパオだけはあらかじめ作って用意してあるということでした。
そうか~、1年でちょっとスタイルが変わったのね。

2017_08251270.jpg 2017_08251274.jpg
それでもガパオの量はたっぷりでうれしい。
こちらはガパオガイ(鶏肉のガパオ)ではなくて
ガパオムー(豚肉のガパオ)なので、
これまた一味違った感じですよね。

2017_08251271.jpg 2017_08251272.jpg
ランチにはスープ、サラダ、デザートがついています。
スープはゲーンジューであっさり。

2017_08251280.jpg 2017_08251279.jpg
さてさて、それではいただきましょう。
作り置いてあるので、どうしてもガパオの葉の色がくすんでしまいますが、
それでもたっぷり入っているおかげで香りはしっかりしています。
豚肉の食感が残っているのもいいですよね。
全体的にあっさりした塩味がきいています。

2017_08251254.jpg 2017_08251281.jpg
ここで辛さを出すために「にんにく入り炒め唐辛子」を投入。
これがまた美味しいんですよ。
自家製で作っているとのことですが、旨辛でご飯に合います。
これとご飯だけで十分食べられちゃう。
常連のお客さんが「売ってほしい」とお願いするのもわかるわ~

久しぶりのオーキッド・キッチンでガパオを食べられて満足。
そしたらお店の方に、1つ情報をいただきました。
「国領にもタイ料理店ができました」とのこと。

気になったので、帰りは国領で途中下車。

2017_08251282.jpg 2017_08251283.jpg
あ~~~っ、前は金魚屋だったところがタイ料理店になってる!
お店の名前は「バーンサイアム」。
京王線沿線にもタイ料理屋さんが着々と増えていきますね。
千歳烏山の「トムヤムクン」、仙川の「チョッディー」、
つつじヶ丘の「クルア・タイ」、国領の「バーンサイアム」、
調布の「タイ・トーイ」と「オーキッド・キッチン」、
府中の「ヴィエン・タイ」に中河原の「スイタイ」と「ノンちゃん家」。
高幡不動にも「舞」というタイ料理屋さんがあるみたいだし、
各駅にタイ料理屋さんができる日も近いかもしれません。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
京王線タイ化いいですねぇ。
基本我が駅から一本ですから!!
そのうちタイ料理研究飲み会企画してください!!
2017/08/26(Sat) 15:11 | URL  | ash #31BVsZ6Y[ 編集]
>ash さん
ご無沙汰しております。m(_ _)m
京王線も徐々にタイ料理屋さんが増えてきてうれしい限りです。
またashさんが落ち着いたところでぜひお目にかかりたいです。
2017/08/29(Tue) 01:02 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック