2017年08月24日 (木) | edit |
最近タイ料理を食べてないなー、タイ料理が食べたいなー、
と思いながら過ごしていたのですが、
「そういえば調布にオーキッド・キッチンがあったじゃん!」と思い出し、
ぶらぶら~っと行ってみました。

2017_08241196.jpg 2017_08241200.jpg
去年行ったきりだけど、美味しかったんだよね。
でも、2階に上がってみたら「本日のランチは休業」と書いてあって
思わずのけぞってしまいました。

さて、どうしよう?
心も体もすでにタイ料理。
今更修正はきかない。
でも調布の他のタイ料理というとタイ・トーイだけど、
あそこは2回行って2回ともはずしてるからな~
府中まで出てもいいけど、府中だとヴィエン・タイしかなくて
そこも前回いろいろあったからな~

2017_08241202.jpg
で、思い出したのが中河原。
そういえば中河原に行ってみたいタイ料理屋さんがあったじゃん!
そんなこんなで、人生初の中河原駅。


2017_08241214.jpg
まずは駅から遠い方のタイ料理屋さん「ノンちゃん家」。
ハイ、休業でした。(^^;)

2017_08241208.jpg
で、駅の方に引き返す途中で北京家庭菜も発見。
ほほう、そういえば中河原にもあったんだよね。
すっかり忘れてました。


2017_08241205.jpg 2017_08241207.jpg
そして駅のすぐそばにある「スイタイ」まで戻ってきました。
いろいろなスナックが入っている雑居ビル。

2017_08241206.jpg
スイタイの店構えも完全にスナック。(笑)

2017_08241220.jpg 2017_08241222.jpg
中に入れば、店内も完全にスナックの様相。(笑)
15時まではランチタイムだけど、15時から19時まではカラオケタイム。
いや、別にそれは全然オッケーですよ。

2017_08241218.jpg
メニューはわりと定番のものが並んでいます。
カオマンガイとかカオパットとかガパオとかパッタイとか。
お値段は全て850円。
私は定番中の定番、ガパオライスで決まりです!
もちろん辛口で。

しばらくすると何やら不穏な空気が漂ってきました。
これは……熱せられた唐辛子の立ち上る危険な香り……
ヒィ~~~ッ、ゴホゴホゴホゴホ……
厨房からも咳き込む声が聞こえてきました。
そして「オネエサン、ソレツケテ」の声。
厨房から指さされた「ソレ」は換気扇でした。(笑)
換気扇を回して、唐辛子の気配もようやく落ち着き……

2017_08241223.jpg 2017_08241224.jpg
ガパオ到着!
おお~、ここのガパオにはインゲンが入ってますね。
このタイプ、確かどこかでも経験したような記憶が……
鶏肉はかなり大ぶりにカットされていて、
ガパオの葉もそこそこ入っていますね。
カイダオ(目玉焼き)は半熟気味だけど、まあ大丈夫でしょ。

2017_08241228.jpg
          2017_08241226.jpg
ゲーンジュー(スープ)とサラダ、デザートのライチ。
辛さはプリックナムプラーで調整するように、とのことでした。

2017_08241229.jpg 2017_08241232.jpg
ではでは、さっそくいただきましょう。
オイスターソース系ではない方で、汁ダクでもない方のガパオ。
いわゆる正統派ですね。
味も結構しっかりしていて美味しい。
何よりインゲンの食感がいいですね。
モンティーでプラームック パッ ピッ トゥアを注文すると
インゲンがたっぷり入っているのですが、そういう感じです。
辛さもそこそこありますが、カイダオにプリックナムプラーをかけて
ちょっとアクセントをつけちゃいましょう。
このナムプラーでまた少し味が変わって、これまた美味しい。
ジャスミンライスもパラリとした炊きあがりで上々。

食後にアイスコーヒーもいただいて、すっかり満腹に。
調布でタイ料理に振られたときには、この世の終わりを感じましたが、
ここ中河原のスイタイでこの世も捨てたもんじゃないな、と感じました。
今度、府中で仕事のときはまたランチに寄ってみようっと。


2017_08241233.jpg
駅の北口にライフとセリアがあったので
「今日の用事がここで一遍ににすんじゃう!」とうれしくなり、
そのままライフに吸い込まれました。
近所のライフが閉店して、早5ヶ月。
なんだか懐かしくて涙ぐみそうになりました。
ペットコーナーにはモカさんの愛用している牧草などが
ここにもちゃんと置いてあったので、
何かあったときにはここに買いにくればいいな、とチェックもできました。

中河原、いい街じゃありませんか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック