2017年08月13日 (日) | edit |
先日は環八通りのマックで東京ローストビーフバーガーを食べましたが、
今日は府中のマックで大阪ビーフカツバーガーを食べてきました。

2017_08130807.jpg 2017_08130838.jpg
ル・シーニュに入ったマックは1階と2階に入口があって、
1階が注文カウンター、2階が客席になっています。

2017_08130813.jpg
        2017_08130836.jpg
                2017_08130825.jpg
席はおひとりさまのお客さんを多く受け入れられる
カウンター席と大テーブルがメイン。
あとは2人用のテーブル席がずらっと並んでいます。
どうやらここル・シーニュでは家族連れよりも
おひとりさま客をターゲットにしている店が多そうな感じ。
でも、私は荷物が多いのでカウンターには座らず、
2人用のテーブル席に座りましたけども。

2017_08130814.jpg 2017_08130817.jpg
注文すると意外とすぐに出てくる大阪ビーフカツバーガー。
1階で両親と別れて2階に上がり、席を確保して1階に下りて注文、
2階に上がったところでポテト用のケチャップを忘れたことに気づいたので
また1階に下りてケチャップをもらって2階へ、と1階と2階を何往復かしました。
マックって1階で注文をして2階で飲食、というスタイルが結構あるけど、
ときどき(今日のような感じだと)面倒くさくなっちゃいます。(^^;)

2017_08130821.jpg 2017_08130820.jpg

2017_08130822.jpg 2017_08130824.jpg
東京ローストビーフバーガーとは違って、
大阪ビーフカツバーガーはふんわりやわらかいバンズです。
ほんのりと黄色く色づいているのは
カボチャとかのカロテン系の色なのかな?
バンズの間にはビーフカツ、チーズ、レタスが挟んであります。
いつも思うんだけど、マックのレタスは小さくカットしてあるので
ポロポロこぼれてきて非常に食べにくい。
廃棄率を少なくしようというのが狙いなのではないかと思うのですが、
食べる方のことを考えるともう少し大きめにカットしてほしい。

2017_08130828.jpg
それでは早速いただきま~す♪

2017_08130830.jpg 2017_08130831.jpg
んん~?
思ったよりバンズが冷たい。
もう少し温かいといいなあ。
ビーフカツは、「ビフカツ」と言われてみんなが想像するものとは違っていて
「牛肉メンチカツ」というのが一番近くてわかりやすい表現。
中がパテになっているので噛み切りやすく食べやすい。
生姜のきいた和風ソースもビフカツによく合っていて美味しい。
これは「有り」ですね。

そうそう、先日のマックで食べたポテトは
油臭くて今一つだったのですが、
こちらのポテトは揚げたてではなくて若干冷めていたけど
油臭さと油っぽさがなくてよかったです。

ということで、「マック VS マクド」の対決は、
呼び方で言うならマック派の私ですが、
バーガーの味としてはマクドに軍配が上がりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック