2017年06月13日 (火) | edit |
先週、ぶらぶら~っと浅草橋駅の東側を歩いていたら、
「いきなり!ステーキ」ができているのを見つけました。

2017_06137994.jpg
あら~、こんなところに。(@@;)
でも、先週はスマイルタイランドでお昼を食べた後だったのでパス。
ってことで、今日のお昼は「いきなり!ステーキ」に決まりです!

2017_06137996.jpg 2017_06137997.jpg

2017_06137998.jpg 2017_06138026.jpg
階段を上がって2階へ。

2017_06138000.jpg 2017_06138003.jpg
ドアを開けて中に入ると、店内には空席が結構あったのですが、
「店の外でお待ちください」ということで外に出されました。
で、しばらく外で待機。
ようやく入店が許され、入口の真ん前の席へ。
私はあんまり気にしないけど、女性客を入口の席へ、
後ろにいた男性を窓側の席へ案内するのは
マニュアルとしてどうなのだろうか……

2017_06138002.jpg 2017_06138001.jpg
ランチなのでお得なメニューがありますね。
私はワイルドハンバーグ(300g)ですよ♪

2017_06138006.jpg 2017_06138008.jpg
まずはスープとサラダ。
サラダのドレッシングは2種類ありましたが、醤油ドレッシングの方が好みかな。

2017_06138010.jpg
そしてワイルドハンバーグ。
素晴らしいボリュームです。
つけ合わせはコーン。
つけ合わせを変更したり追加したりもできますよ。

2017_06138011.jpg 2017_06138013.jpg

2017_06138015.jpg 2017_06138016.jpg
ハンバーグは中がまだ生の状態で提供されるので、
鉄板で好みの焼き加減に調整してからいただきます。
なめらかな感じの肉質がいいですね~

2017_06138018.jpg 2017_06138021.jpg
さてさて、それではイタダキマス♪
他の店舗でステーキの方は食べたことがあるけどハンバーグは初めて。
このハンバーグは歯があまり必要ないですね。
するっと口の中からお腹の中へと入っていきます。
肉々しい感じだけど、重たさとかしつこさはないので
ぺろりと最後までいけちゃいます。
イメージとしては「ものすごくやわらかくて噛まなくても食べられる肉」
という感じでハンバーグよりもステーキ寄りだと思います。

2017_06138023.jpg
ご飯を鉄板にのせてコーンとソースを混ぜて即席炒飯に。(笑)
こういう食べ方ができるのも鉄板で提供されているから。
接客は今一つ(なかなか注文を取りに来てくれなかったりとか……)だけど
お肉は美味しかったからまた行かなくちゃ。

2017_06138080.jpg
だって、ついうっかり肉マイレージカードを作っちゃったんだもん。(笑)


食後はお散歩。
職場が意外と鳥越のおかず横丁に近いことを発見したんです。

2017_06138031.jpg

            2017_06138033.jpg
鳥越神社にお参りして、ここからお散歩スタートです。

2017_06138047.jpg

2017_06138043.jpg
この通りがおかず横丁。

2017_06138048.jpg
テレビでも結構話題にのぼる「まめぞ」。

2017_06138076.jpg 2017_06138078.jpg
人気のカツサンドは夜だけのメニューなんですって。
今度予約してお持ち帰りしようかな。

2017_06138050.jpg

2017_06138051.jpg 2017_06138052.jpg
私、完全に誤解してました。
おかず横丁って、お惣菜屋さんとかが並んでいる
活気ある商店街だと思ってました。
でも、現在はシャッター通りなんですね。

2017_06138055.jpg

2017_06138059.jpg
あれ?
何かいる??? (@@;)

2017_06138062.jpg
カエルちゃんでした~♪

2017_06138054.jpg 2017_06138063.jpg


2017_06138069.jpg

            2017_06138073.jpg
もっとにぎわっているかと思ったけど人通りはほとんどなく、
焼き魚を売っている魚屋さんなんかも店頭には人がいなくて
「魚は置いてあるけど営業してるの? 休憩してるの?」
というとても寂しい感じでした。

2017_06138067.jpg
以上、おかず横丁はここまで。
今夜のご飯を何か買って帰りたかったけど、買えなかった……
この次は新御徒町の方の商店街を覗いてみよう~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック