2017年05月25日 (木) | edit |
今日は上野までお出かけ。

2017_05256996.jpg 
両親に一緒に行くか聞いたら、「行かない」というので
一人でお出かけです。

2017_05256997.jpg 2017_05257002.jpg

2017_05257000.jpg
目的はこれ。
東京都美術館の「バベルの塔展」。
最近忙しかったので、美術館も久しぶり。
学生の頃はよく行ったんですけどね~
ちょうどバブルの頃で企業も美術館事業に力を入れていました。
そんなわけで美術館もあちこちにあったので、
講義の合間を縫って、あちこち出かけたものです。

2017_05250095.jpg 2017_05250079.jpg
ぶらぶら歩いて都美術館に到着。

2017_05257010.jpg

2017_05257020.jpg 2017_05257014.jpg
バベルの塔、すごかったです。
この1枚の絵の中に3mmくらいの人物が1000人以上描かれていて、
その壮大さと緻密さに圧倒されました。
3DCGで再現されたバベルの塔も面白かったですね~
しかしこの公式キャラクターの「タラ夫」はいかがなものか……(笑)

2017_05250025.jpg 2017_05250021.jpg
いつものように図録を買い、せっかくなので
バベルの塔シフォンケーキも買ってみました。
「創造主になったつもりでお召し上がりください」だそうです。(笑)
ココアシフォンでふんわりあっさりしていましたよ。


2017_05257024.jpg 2017_05257028.jpg
たっぷり芸術を吸収して目を楽しませた後は、
今度はお腹を楽しませてあげないとね。(笑)
ということで、美術館レストランへ。
ちょうど東京都美術館のレストランが4月1日から変わったんです。

2017_05257039.jpg 2017_05257031.jpg

2017_05257037.jpg 2017_05257034.jpg
1Fがカフェの「cafe Art」とフレンチレストランの「RESTAURANT salon」。

2017_05250005.jpg 2017_05257043.jpg
そして2Fがカジュアルレストランの「RESTAURANT MUSE」。
なんとなんと、全て「上野 精養軒」の経営です。
美術館で精養軒とは、なんと贅沢なんでしょう!

2017_05250059.jpg 2017_05250058.jpg
カウンター席もあって、おひとりさまにも対応可能です。

2017_05250006.jpg 2017_05250070.jpg
窓からは敷地内が一望出来て、お天気のいい日は気持ちいいですよね。

2017_05250009.jpg 2017_05250012.jpg

2017_05250014.jpg 2017_05250016.jpg
メニューはハンバーグ、ステーキ、スパゲティ、カレーなどの洋食、
とんかつや丼などの和食、パフェなどのデザートもあって
デパートの大食堂のようなイメージでしょうか。

2017_05250017.jpg
私は「バベルの塔展コラボメニュー」にしました。
「バベルの塔」の作者ブリューゲルの故郷オランダにちなんだお料理が
セットになったコースです。

2017_05250074.jpg 2017_05250075.jpg
ちなみに1Fの「RESTAURANT salon」でもオランダにちなんだお料理のコース、
「cafe Art」では「ベルギーワッフル バベルの塔盛り」が
それぞれコラボメニューとして提供されていますよ!

2017_05250037.jpg

2017_05250027.jpg
まずは「エルテンスープ」。
エンドウ豆と野菜にソーセージの燻製をのせたスープです。

2017_05250033.jpg 2017_05250034.jpg
ぽってりとした食感の豆スープは想像より濃厚。
なんだかホッとする感じの味で、庶民の味なのかな?
クラッカーとかにディップのようにつけて食べても美味しそうですね。

2017_05250043.jpg
メインは「ビターバレン ヒュッツポット添え」。
こちらもオランダを代表する伝統料理なんですって。

2017_05250036.jpg 2017_05250055.jpg
ビターバレン は一口サイズのミートコロッケ、
ヒュッツポットは人参を加えたマッシュポテトです。
全体的にイモですね。(笑)
でも、これが農民たちの普段の食事なのかも。

2017_05250040.jpg 2017_05250041.jpg
メインにはパンかライスがつくので、私はパンにしました。
紅茶の香りの食パンが面白いですね。

2017_05250049.jpg 2017_05250051.jpg
ビターバレンはとろりとなめらかなマッシュポテトに
ひき肉が混ぜ込んであって、ハーブの香りが漂います。
フライ衣がサクサクなので、中のとろりとした食感と
いいコントラストになっています。
マスタードマヨネーズを添えて食べるというのも
普段食べるコロッケとはまた違っていて美味しかったですよ。

2017_05250066.jpg 2017_05250065.jpg
食後はコーヒー。
冷めるとちょっと酸味が出てきたけど、コーヒーも美味しかったです。


2017_05250077.jpg

          2017_05250088.jpg
久しぶりに美術館に来たけど、ゆったりした時間が流れていて
何だか日頃の緊張がほどけていくような感じでした。


2017_05250098.jpg
ところで、都美術館の隣には上野動物園。

2017_05250100.jpg 2017_05250101.jpg
何だか勢いで年間パスポートを作っちゃいました。(@@;)
1日券が600円ですが、年パスは2400円。
4回分ってことね。
上野動物園の年パスは何だかとっても手軽に作れてしまって、
写真も「後で自分で貼ってください」とのことでした。
そんなゆるい感じでいいの??? (@@;)

2017_05250102.jpg
園内には修学旅行生の姿。
なんだか微笑ましいな~

2017_05250106.jpg
私が真っ先に向かったのはパンダ舎。

2017_05250111.jpg 2017_05250113.jpg
上野動物園といったら、やっぱりパンダですよね~
現在上野にいるのは2011年2月21日にやってきたリーリーとシンシン。
リーリーは2005年8月16日生まれのオス、
シンシンは2005年7月3日生まれのメス。
どちらも中国の臥龍保護センターで生まれたパンダです。

「2005年7月」「臥龍保護センター」のキーワードでピンときた方はいませんか?
実は私、2005年7月末に臥龍のパンダ保護センターに行っているんです
どうしてもパンダに会いたくて、臥龍に行ったんですよ~
そのとき、2頭の赤ちゃんパンダと対面しました。

2005_07313034.jpg 2005_07313062.jpg
いずれも保育器に入っていたのですが、
左が生まれて約3週間、右が生まれて約4週間の赤ちゃんパンダです。
私がセンターを訪れたのが7月31日。
ということは、この右の子が7月3日頃に生まれたパンダですよね。
そう、私は生まれたばかりのシンシンと逢っていたんです!
あの頃の面影はあるかな~?

2017_05250245.jpg
今はシンシンに妊娠の兆候が見られるということで、
昨日から公開が中止されているのですが、
もしも赤ちゃんパンダが生まれたら絶対に会いに来よう!

2017_05250122.jpg 2017_05250171.jpg
そんなわけで、現在はオスのリーリーのみ公開。

2017_05250194.jpg 2017_05250214.jpg

2017_05250220.jpg 2017_05250232.jpg
リーリーが動き回るたびにお客さんから歓声が起こっていましたよ。

2017_05250261.jpg 2017_05250289.jpg
パンダのあとは象さんを見て、残りはまたの機会に。

2017_05250251.jpg 2017_05250255.jpg
動物園グッズも一応チェック。
この次はレストランも利用してみたいな。
「バードソング」の「パンダちゃんマフィン」も面白いし、
「西園食堂」の「パンダちゃんソフト」もかわいいし、
「カフェカメレオン」の「竹皮パンダ弁当」も美味しそう。
残念ながらパンダだんごを食べることのできた「東園食堂」は
4月1日から閉鎖になっちゃったみたいですが、
また面白い企画を楽しみに出かけてみようと思います。

2017_05250293.jpg
ちなみに。
動物園の近くにはこんなポストもあるんですよ。


2017_05257003.jpg
そして上野公園はただいま「さつきフェスティバル」の真っ最中。

2017_05250301.jpg 2017_05250303.jpg

2017_05250311.jpg 2017_05250313.jpg
飲食の屋台も出ていて楽しそうでした。

うちの親たちも来ればよかったのに。
とりあえず私はバベルの塔が見られて、パンダにも会えたので善しとしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック