2017年04月29日 (土) | edit |
おはようございます。
と言うには少々遅い11時20分。

2017_04290005.jpg

          2017_04290008.jpg
成田空港第2ターミナルに集合です。
何とワタクシ、二胡の師匠であるウェイウェイ・ウー先生が
上海の公開ラジオコンサートで演奏するので
それにくっついて上海に行くツアーに潜り込んだのでした。
思えばここまでの道のりは長かった!
去年夏の香港は諸事情により行けず。
年末12月にこのツアーの申し込みがあって、
行けるかどうかわからないもののとりあえず申し込みだけしたのでした。

旅程は4月29日~5月2日の3泊4日。
今日は土曜日だから大丈夫、と思っていたら、授業が入ってしまいました!
なので、朝6時に家を出て仕事へ。(泣)
そして仕事を終えて速攻、成田へ。
集合時間が11時20分のところ、5分前に到着。
いや~、朝から「急ぐ女」になっちゃいました。(^^;)

連休初日なのでチェックイン・カウンターも激コミ。
自分の番が来るまで1時間半ちかく待ちました。
どーなってんの!?(怒)
外国製品持ち出しの手続きと出国はスムーズだったので、
多分中国東方航空のカウンターがいけなかったのではないかと……
だから中国系の飛行機は苦手なんだよー

2017_04290011.jpg
出国手続きを済ませたところのすぐそばに
エクセルシオールカフェがあったので軽くお昼を食べることになりました。
だって中国系の飛行機は機内食に期待できないからね……

2017_04290015.jpg

2017_04290013.jpg 2017_04290014.jpg
私は持ち帰りのことも考えて、クレミアソフトとクロワッサン。
そしてアイスコーヒーにしてみました。
クレミアソフトはとにかくクリームが濃厚。
生クリームをそのまま食べているような感覚です。
コーンの部分はラングドシャになっているので
かなり脆いのが食べにくいところ。
すぐに崩れてきちゃうんですよね。
でも、クロワッサンをちぎってソフトクリームにつけながら食べると
これから乗るのが中国系の飛行機だってことを忘れそう。(笑)

2017_04290016.jpg 2017_04290017.jpg
ちなみに友人たちはこんなプレートを食べていました。
今回のツアーは総勢約80人。
半数が私と同じ成田出発(以降「成田組」と表記)、
残り半数は朝8時40分の羽田便で上海に向かいました(以降「羽田組」)。

2017_04290026.jpg
今回の飛行機は13時50分発の中国東方航空便。

2017_04290030.jpg
……だったのですが、一向に動く気配がありません。
なので、待ち時間に書類を書いちゃいました。
それでもまだ出発しない……
結局1時間以上遅れての出発となりました。

2017_04290031.jpg
そしてようやくの機内食。
この時点ですでに日本時間の15時を過ぎちゃってますからね。(^^;)

2017_04290037.jpg 2017_04290036.jpg
機内食は豚肉と魚があったので、私は豚肉をチョイス。
ブヒブヒッ!
でもね、謎なんですよ。
他の日本人客は英語で質問されているのに
なぜか私は中国語で質問される……
私ってそんなに中国人顔??? (@@;)

2017_04290034.jpg 2017_04290039.jpg

2017_04290040.jpg 2017_04290042.jpg
スプライトを飲みながらの機内食。
豚肉はちょっと塩気強めのうま煮という感じで悪くなかったのですが
ライスが不味い。(笑)
ポテサラみたいなのも美味しくない。
パンは夜用に確保、ということで適当に食べ終え、
食後にコーヒーをもらってしばし急速。
友人はコーヒーをお願いしたけど、「待て」と言われたまま
とうとう最後までコーヒーがもらえなかったようでした。

2017_04296148.jpg
飛行機は16時20分着のところ、17時頃に到着。
さあ、これから市内に向かいます。

2017_04296151.jpg
今回は団体なので私は自分で何もしなくていいのが気楽。(笑)
スマホも前回のときと違って、
電源を入れたらすぐにローミングにつながりました。
携帯が使えるか使えないかというのは安心感に影響します。
何かあったときに電話ができるのは非常に心強い。

2017_04290045.jpg 2017_04290047.jpg

2017_04290052.jpg 2017_04290054.jpg
バスは約1時間かけて市内のホテルへ。
すっかり街並みも変わって、都会になりました。

2017_04290061.jpg 2017_04290067.jpg
万博会場が懐かしい。

2017_04290072.jpg 2017_04290080.jpg
高いビルが次々建って、摩天楼のようです。

2017_04296153.jpg 2017_04290083.jpg
今回の宿泊は上海駅のすぐ近くにある「假日酒店 (ホリデイイン)」。
ツインの部屋で、同室はねーさん。
タイトなスケジュールのため、部屋でくつろぐ時間もなく、
二胡とホルダーの準備だけしてロビーに下りました。

2017_04296155.jpg 2017_04290085.jpg
ロビーでは食事のとれなかった成田組のために
ウェイウェイ先生のお母さまからの差し入れが用意されていました。

2017_04290093.jpg 2017_04290092.jpg
干支の鶏さんたちに見守られながらバスで出発。

2017_04290100.jpg
ウェイウェイ先生のお母さまからの差し入れは餅菓子と鮮肉月餅。
とりあえずバスの中で餅菓子を食べ、
鮮肉月餅は帰ってからの夕食に取っておきました。

2017_04290096.jpg 2017_04290102.jpg
すっかり暗くなった上海の街をバスで移動。
いや~、バス移動って楽ですね。(笑)

2017_04290111.jpg 2017_04290117.jpg
上海音乐厅(上海音楽庁)に到着すると
オタ芸にいそしむ若者たちの群れに遭遇しました。

2017_04290123.jpg
早速ホールに入ります。

2017_04290130.jpg
入口で演者パスを受け取りました。

2017_04290128.jpg

2017_04290138.jpg 2017_04290143.jpg
由緒ある音楽ホール。
中国の中でも最も古い時代のホールです。

2017_04290132.jpg
ステージでは夕方からすでにリハーサルが行われていました。

2017_04290155.jpg 2017_04290156.jpg
私たちは迷路のような通り道を抜けて楽屋へと移動します。

2017_04290159.jpg
こっちの豪華な楽屋はエライ人用で、我々は大部屋です。(^^;)

2017_04290170.jpg
二胡ホルダーをつけて二胡を用意したら、
ウェイウェイ先生のあとについてリハーサルスタート!
初めてのホールなのでステージの大きさなどがはっきりわからなかったので
本番前日の今が初めて本当のステージを使ってのリハになります。
思いのほか狭いステージに四苦八苦。
並び順などもここで最終チェック。
ホールの使用可能な時間ギリギリ(22時)までみっちりやって、
ようやくホテルへと戻ることになりました。

2017_04296158.jpg 2017_04296157.jpg
ホテルではウェイウェイ先生のお母さまからの差し入れの小籠包を
1人2個ずついただきました。

そしてみんな仲良く夜のコンビニへと出陣。(笑)
水や酒、おにぎりなどを各自手にしてホテルへと戻りました。

2017_04292233.jpg 2017_04300174.jpg
部屋に戻ってから、風呂と並行して晩ご飯。
この時点ですでに23時を過ぎています。

2017_04300177.jpg 2017_04300178.jpg
3.5元くらいの肉まんは意外とジューシーで美味しい。
生地もふかふかです。

2017_04300175.jpg 2017_04300182.jpg
大口饭团は本当に大きくて、ケチャップライスの中に
コーン、ベーコン、マヨネーズが入っていて
結構懐かしい感じの味でした。
ご飯がぼそぼそしているものの、全体的にはOKなおにぎりでしたよ。

2017_04300183.jpg
ねーさんはミルフィーユハムチーズサンド。
味はイマイチだったらしい。(笑)

さあ、日付もとっくに変わり、明日は5時起床!
早く寝なきゃ。
本番のことも気になるけれど、とりあえずはオヤスミナサイ。

(今回は旅行中に日記を書く時間が無かったので、写真を見ながら思い出しつつ書いています)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック