2017年04月21日 (金) | edit |
昨日、バーン・タム2に行こうと新宿の小滝橋通りを歩いていたら
ちょっと気になるお店を見つけました。

2017_04215839.jpg 2017_04215842.jpg
「純中国伝統 四川料理 芊品香(せんぴんしゃん)」ですって。

2017_04215835.jpg
どうやらこの場所には、小滝橋通りを挟んだ反対側にある
「菜香菜」という中華料理屋さんの別館があったようなのですが、
わりと最近になってお店が変わったようなんです。
この場所はすぐ近くに「天府舫」もあって、
中華系では激戦区なのではないかと思います。

2017_04215840.jpg 2017_04215845.jpg
そんな「芊品香」ですが、「芊」という字はあんまり見たことがないなあ、と
携帯している辞書を引いてみたら
「芊 (qiān)[芊芊]<文>草木茂盛的样子。」
と書いてありました。
文語で「草木が生い茂っている様子」ということですね。
勉強になるわ~

ではでは、中へ。

2017_04215849.jpg 2017_04215851.jpg
ちょうど開店したばかりの時間なので、お客さんは私一人。

2017_04215847.jpg 2017_04215848.jpg

            2017_04215846.jpg
メニューを指さしながら、お店のおねえさんに
「口水鸡(よだれ鶏 )と麻婆豆腐、どっちがおすすめ?」
と聞いてみたら、しばし考えた後、
「麻婆豆腐がおすすめ」とのことでした。
ならばその「火焔山香草麻婆豆腐」を。
すかさず「辛さはどうしますか?」と聞かれたので
辛くしてほしい旨を告げると、「地獄?」と聞かれてびっくり。
なるほど、辛さは「小辛」「中辛」「激辛」地獄」の4段階なのね。
じゃあ、その「地獄」で。(笑)
パクチーを入れるかも聞かれたので、
麻婆豆腐に香菜もいいかも、と思ってお願いしました。


2017_04215853.jpg
しばらくして店内がいがらっぽい感じになってきたな~、と思ったら、
石鍋に入った麻婆豆腐が出てきました。
このスタイル、陳家私菜と同じですね。
さすが「地獄」。
店員のおねえさんたちも咳き込んだりくしゃみをしたりと
かなりの影響が出ているようです。(^^;)

2017_04215854.jpg
石鍋のお豆腐は店員さんが崩して混ぜてくれます。
これでもかってくらいに混ぜてくれます。(笑)

2017_04215857.jpg
ってことで、目の前で仕上がった「火焔山香草麻婆豆腐」です。
ランチにはライス、スープ、サラダ、杏仁豆腐がついて800円(税込)。
メニューには「中華お新香」と書いてあったけど、実際にはサラダ。(笑)

2017_04215855.jpg

            2017_04215858.jpg
石鍋が熱々なので、とにかく地獄のようにグツグツしています。
エプロンを渡されたので、服はエプロンでガードしつつ、
さっそく麻婆豆腐にトライです。

2017_04215862.jpg 2017_04215864.jpg
香りはかなり刺激的な感じでしたが、
食べてみるといい感じの辛さで私にはぴったり。
ただ、とにかく熱い。
ひたすら熱い。
アチチチ、口の中を火傷しちゃったよ!
豆腐は絹ごし豆腐が使われていてとてもなめらかだけど、
これまた死ぬほど熱いので喉を通るときが地獄。
ああ、「地獄」ってそういう意味だったんだ。(笑)
スープの方は味があまりなくてイマイチ。(^^;)

2017_04215867.jpg 2017_04215868.jpg
麻婆豆腐はそのまま食べたりライスにオンしたり。
石鍋でグツグツしてもドロドロになるわけではなく、
しっかり唐辛子がきいていて(花椒は弱め)、
香菜の香りが爽やかな感じで意外にもマッチしていました。

2017_04215870.jpg
お好みで自家製ラー油やマーラー油をかけるのもよさそう。
最後の最後まで熱々の麻婆豆腐、堪能しました。

2017_04215861.jpg 2017_04215871.jpg
食後はセットの杏仁豆腐。
これ、自家製みたい。
麻婆豆腐の汁が跳ねるので、杏仁豆腐が赤くなっちゃってますが、
実はこの杏仁豆腐がとても美味しかったのです。
とろとろのタイプで練乳的な甘さはあるけど私の好みのベクトルでした。

いや~、お腹いっぱいです。
昨日、こちらのお店を見つけたあとでGoogle先生に訊いてみたら、
こちらのお店に関してあまりいいことを書いていないブログを教えてくれたので
少々不安になっていたのですが、行ってみたらおいしい麻婆豆腐で安心しました。
ええ、これが「純粋正統派」の麻婆豆腐ではないことはわかってますけど。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック