2017年02月07日 (火) | edit |
今日は久しぶりに浅草橋方面。
先週は出勤がなくて、その前の週はウイルス性胃腸炎で欠勤。
なので本当に久しぶりです。

2017_02073410.jpg
ならば「スマイルタイランド」に行かねばなりません!
だって私は今、タイ料理が食べたくて仕方ないのですから。

2017_02073412.jpg
ガパオを食べようかな、と思っていたのですが、
期間限定ランチメニューにパッシーユーがあったので
そちらにしてみました。

2017_02073413.jpg
まずはスープと生春巻とお茶。
スープはもちろんトムヤムクン ナムサイ。
ピリッと辛くて酸っぱい透明のトムヤムクンです。
これが美味しいんだよね~
喉にピリリと来る刺激がたまりません。
お茶は「タイティー」というタイの紅茶。
バニラの香りが漂います。

2017_02073418.jpg
そしてこちら、「パッシーユセット」。

2017_02073420.jpg 2017_02073424.jpg

2017_02073425.jpg 2017_02073428.jpg
センヤイという太い米麺が使われています。
(センレック=3mmくらいの米麺、センミー=細い米麺、バミー=卵小麦麺)
お醤油味なので、見た目はきしめんで作った焼きそばですね。(笑)
キャベツや人参、ブロッコリーなどがたっぷり入っていて
上にはチャーシューがどどーんとトッピングされています。
ボリュームがありますね~

2017_02073429.jpg
では、混ぜ混ぜしながらいただきましょう。
私はもう少しパンチが欲しいので、酢と唐辛子を追加です。
ん~、美味しい~♪
そのまま食べればやさしい味ですが、
調味料(クルワンプルン)で自分好みのテイストに仕上げられるのが
タイの麺の楽しいところ。
モチモチしたセンヤイを噛みしめながらいただきました。

この次はトムカーガイラーメンもいいな、でもガパオもやっぱり捨てがたいな、と
あれこれ妄想しながら仕事へと向かいました。


2017_02073432.jpg
そんなとき、皮革専門のお店でエゾシカに遭遇し、
「ギョエーーーッ!」と驚きました。
2階にはお兄ちゃん(ということはさらに大きいのか?)もいるらしい。

2017_02073435.jpg
ついでに銀杏岡八幡神社に寄ったら面白い御神籤があったので引いてみました。

2017_02073433.jpg 2017_02073436.jpg
小吉でした。(笑)

【第廿一番  小吉】
[運勢]
なにか奥歯に物がはさまっているような状態。願い事を成就させるには、
勇気をもって邪魔者を噛みくだけばよい。
中途半端な妥協や行動をとるより、ここは全力をあげて
真正面からあたっていくファイトが欲しい。時には強引さも功を奏することがある。
金運はあるので経済的には不自由はない。
[仕事・交渉・取引]
車内や取引先ととのわだかまりをまず取り除け。
全て強気に出てよし。直接交渉が効果があがる。
[愛情・縁談・恋愛]
異性関係のトラブルが起きるかも。三角関係にならぬよう注意せよ。
縁談は仲人役の人を慎重に選ぶこと。
[健康・病気・療養]
もし手術しなければならない場合は病根が意外と深い。
この際、医師をかえて別の診察を受けてみては。
[学業・技芸・試験]
ファイトを集中させて頑張ること。
何が障害であるのかをよく見極めて取り除くことが大切。

だそうです。(^^;)

2017_02073440.jpg
中に入っていたのは金運上昇の御守りと勝運到来の御守り。
金運御守には「金のなる木(成功繁栄)」「招き猫(金運招来)」
「打ち出の小槌(福徳招来)」「タヌキ(金運融通)」「弁財天(招福の女神)」、
勝運御守には「昇鯉(勝利運上昇)」「刀(百戦百勝)」「兜(勝運将来)」
「軍配(勝運招福)」「トンボ(前進の勝ち虫)」があって、私のは「タヌキ」と「刀」。
微妙なところですね。(笑)
でも、大事にしておきましょ。


そして今日は早く帰れる日なので18時半頃に帰ったら、
もう両親は晩ご飯の準備(レンジでチン)を始めていて、
当然のごとく私の食事は何もありませんでした。

2017_02073443.jpg
なので、冷蔵庫の中からコストコのパンとイイダのメンチを引っ張り出して
サンドイッチを作って食べました。
正直言って、一人のときの方が食事は充実していました。
ちゃんと料理していたし、箸置きだって使っていたし。
今は冷蔵庫に何が残っているのかわからないので
ドキドキしながら家に帰り、何もなければパンかカップ麺。
親との同居ってこんなモノ??? (@@;)
思っていたのとちょっと違うんですケド。


とりあえず明日は烏山のお仕事。
どこでお昼を食べようかな~
そして晩ご飯は何にしようかな~
ま、明日は明日の風が吹く、かな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック