2017年01月06日 (金) | edit |
昨夜は人生初めての亀有。
東京に住むようになって29年。
始めて亀有駅に降り立ちました。

2017_01050386.jpg
亀有か~~~ ( ´Д`)

2017_01050393.jpg 2017_01050396.jpg
さすが亀有、両さんの像があちこちにありました。

2017_01050399.jpg
で、昨夜の目的はこちら、「ワラポン」です。
年末、ソンポーンのユキちゃんに
「嘉門達夫のライブがあるけど来る? 私も手伝いに行く」
と誘ってもらったので、行ってみることにしました。
実際には嘉門氏は急に仕事が入ってキャンセルになっちゃいましたけど。
来てたら生で「鼻から牛乳~」が見られたんだけどな~(笑)
そんなわけで昨夜の私達は「嘉門、カモ~ン!」が合言葉。(≧∇≦)ノ

2017_01050403.jpg
お店はこんな感じでスナック居抜きという感じです。

2017_01050408.jpg
まずはビールで喉を潤して……そしてお料理です。

2017_01050409.jpg
ヤム タレー

2017_01050411.jpg 2017_01050414.jpg
海老や蟹がたっぷり入っています。
タイ料理は甘味、酸味、辛味が一体となっていて
とても複雑な感じがしますね。
もちろんタレも飲めます。(笑)

2017_01050417.jpg
サイクローク イサーン

2017_01050419.jpg 2017_01050421.jpg
これはこちらのお店の通常の料理ではなくて、
ユキちゃんが手作りして持ち込んでくれたもの。
なので、こちらのお店でいつもこの味が食べられるわけではありませんが、
酸味がやわらかくてふんわりと口どけのいいサイクローク(腸詰)でした。

2017_01050425.jpg
ラープ ヌア

2017_01050426.jpg 2017_01050428.jpg
最初ラープムーを注文したのですが、
「牛肉があるから豚肉じゃなくて牛肉にしたら?」
というアドバイスに従ってラープヌア。
これが大正解。
ギュギュッと噛みしめながら食べると牛肉の旨味が出てくる~
カオクワ(炒り米)の香りも香ばしくていいですね。

2017_01050431.jpg
タム スア

2017_01050436.jpg 2017_01050437.jpg
何て説明したらいいのかな?
うーんと、ソムタムはわかるかしら?
青パパイヤを細切りにして叩いて作る和え物ね。
あのパパイヤを素麺で作ったようなものです。
酸味があって、さっぱりと食べられますよ。

2017_01050439.jpg 2017_01050440.jpg
チム チュム

2017_01050442.jpg 2017_01050443.jpg
今回、特別にお願いしておいたのがコレ。
お鍋なんです。

2017_01050444.jpg
卵に絡めた肉や魚をあっさり味のスープで煮て食べます。
もちろん野菜もたっぷり入りますよ。

2017_01050449.jpg 2017_01050452.jpg
スープは甘みがあってやさしい味なので、レモン汁をかけると
グッと味がしまってスッキリします。
もちろんタレも酸っぱ辛くて美味しい。
寒い日には鍋がいいですね~
タイは暑い国なのに鍋料理があるというのも何だか面白いですけどね。(笑)

2017_01050453.jpg
最後にサービスでエイヒレが出てきて、
これを齧りながら来週末の予定などを語り合いました。

お腹いっぱい!
ご馳走様でした。


そして今日は……

2017_01062703.jpg
年末23日に修理に出していたデジカメ(E-PL7)の修理が終わって
ヨドバシに戻ってきたので受け取りに行ってきました。
レンズは部品交換、本体は分解してホコリ除去。
まだ購入後1年経過していないので無償修理でした。
これで安心♪

それにしても去年はいろいろなものが壊れました。
愛用の腕時計も壊れて修理、エアコンも不調で取り替え、
毎日のようにつけていたブレスレットも4本が壊れて修理……
今年はあまり壊れて欲しくないのですが、
目下のところ洗濯乾燥機が怪しい動きをしています。
いつもと同じだけ洗濯物を入れているのに「洗濯物の量が少なすぎます」とか
いつもと同じだけ洗濯物を入れているのに「洗濯物の量がオーバーしています」とか、
とにかく滅茶苦茶なことを訴えてくるんですよね。
もうすぐ10年。
そろそろ変え時かもしれません。


2017_01062702.jpg
ヨドバシに行くために新宿まで出かけたので、
ついでに新宿中村屋でお昼にしましょう。

2017_01062699.jpg 2017_01062700.jpg
ここに来たらやっぱりカリーよね~♪

2017_01060004.jpg 2017_01060007.jpg
年配のお客さんが多いですよね。
店員さんも年齢層が高めです。
その分落ち着いた雰囲気なのが中村屋っぽいところです。

2017_01060010.jpg 2017_01060009.jpg
最初に来たのが母のナポリターノ。
八鳳麺をトマト煮込みにしたイタリアンな中華麺。

2017_01060012.jpg 2017_01060013.jpg
次に来たのが父の伊府麺(イーフーメン)。
父に言わせると「これはうどんだな」とのこと。(笑)

2017_01060015.jpg 2017_01060021.jpg
最後に私のコールマンカリー。
中村屋と言ったら「中村屋純印度式カリー」が名物ですが、
コールマンカリーもまた名物の1つです。

2017_01060017.jpg 2017_01060019.jpg
薬味が6種類用意されているのもうれしいところ。
もちろん薬味はおかわりできますよ!

2017_01060023.jpg 2017_01060029.jpg
コールマンカリーにも骨付きチキンがゴロゴロ。

2017_01060025.jpg 2017_01060028.jpg
中村屋純印度式カリーに比べると辛さがおさえてあって、
ヨーグルトの風味がより感じられるカリーだと思います。
いろいろな薬味が揃っていますが、
このコールマンカリーに一番合うのは粉チーズかもしれません。
粉チーズを混ぜるとクリーミーになるんですね。
やっぱり中村屋に来たらカレー、いや、カリーを食べちゃうな。(笑)

で、お会計をしたら、B1のBonna(ボンナ)で使える
10%割引券を貰ったので寄ってみました。
いや、そもそも割引券を貰う前からB1を覗いて
よさそうなものがあったら買って帰ろうと話していたのですが。
そうしたら、新商品としてパンの販売が始まっていたので、
試しに買ってみることにしました。

2017_01060038.jpg 2017_01060041.jpg
今回はフォカッチャ、イチジクのパン、クリームパン。
フォカッチャはオーブントースターで温めると
表面がさっくりして、中はふんわりとした食感に。
いわゆる普通のフォカッチャのもっちり感はひかえめですが、
あまり油っぽくなく、味もあっさりしているので
これはサンドイッチにちょうどよさそうです。
生ハムとルッコラなんか挟んで、マヨネーズをちょいと絞りたくなります。
イチジクのパンも塩が少なめで小麦粉の味を楽しむという感じ。
こちらもあっさりの方のベクトルなので、
好みでバターをぬったりしてもよさそうです。

2017_01060042.jpg 2017_01060043.jpg
そして、LINEでお友だち登録をしたところ、
お菓子を1つサービスしてもらっちゃいました。
うれしい♪

さらに、ここまで来たので小田急の催事場に上がってみたのですが、
お歳暮のバラ売りが大人気で長蛇の列ができていて断念。
そのままエスカレーターで下りてくる途中、
「LINEでお友だち登録すると抽選で○○」という文字が目に入ったので、
早速登録してみました。
そうしたら300円引きクーポンが当たり! (@@;)
これは……チャンスでは?
大晦日の日の買い出しに来たとき、本当は買いたかったケーキ。
でもお値段がちょっと高かったので断念したケーキ。
まさにアレを買うタイミングなのでは!?

2017_01060033.jpg
ということで、トロワグロに立ち寄って、
クレームブリュレとセラミックショコラトリュフェを買っちゃいました!
1個600円とか、そう簡単には買えないよー(笑)

2017_01060034.jpg 2017_01060035.jpg

2017_01060036.jpg 2017_01060037.jpg
今夜、夕食後、両親と3人で少しずつ分けて食べてみました。
これ、超美味しいじゃないか!!!
クレームブリュレはカスタードクリームを食べているかのように
なめらかでクリーミー。
バニラの香りがちょうどいい加減で漂ってきます。
クソー、この味を知ってしまったらもう戻れないじゃないか……
セラミックショコラトリュフェの方はほろ苦い大人の味のチョコレートムース。
こちらもなめらかですが、しっかりとしたかたさもあって、
少し固まりかけた油絵具くらいの食感です。
いや~、こっちも美味し。
私はクレームブリュレが気に入ったのですが、
父と母はセラミックショコラトリュフェが気に入ったとのこと。
クレームブリュレは550円、ショコラトリュフェは626円、
そっちの方が76円高いんだぞ!
贅沢者め!(笑)


と、まあこんな感じでちょっとだけお得に楽しめた今日という日でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック