2016年11月09日 (水) | edit |
エスニック系の料理が大好きなワタクシ。
家では両親に合わせて和食系を作って食べておりますが、
たまには洋食が食べたくなるってものです。(笑)

2016_11091013.jpg 2016_11091014.jpg
そんな欲求を満たすべく本日のランチは「enoteca CRAFTO (エノテカ・クラフト)」。
2016_11090020.jpg
          2016_11090006.jpg
                    2016_11090008.jpg
店内の雰囲気は以前と変わらないかな。。。

2016_11090009.jpg
ランチには前菜付き。
今日の前菜は見事に緑ミドリしてますね。(笑)

2016_11090016.jpg 2016_11090017.jpg

2016_11090015.jpg 2016_11090019.jpg
グリンピースのスープに岩のりのゼッポリーネ(ナポリの揚げピザ)。
いろいろつまめるのが楽しいですよね。
ただ……私はメインにピザを注文したので、
フォカッチャ+ゼッポリーネ+ピザで炭水化物の三乗。(笑)
これはちょっと炭水化物の摂りすぎではないでしょうか。(^^;)

2016_11090025.jpg
そしてメインの週替わりピザは「ズワイガニとねぎとアンチョビのピッツァ」。
こちらはトマトソースが使われているので、前菜とは打って変わって
赤いお料理になっています。

2016_11090029.jpg 2016_11090031.jpg

2016_11090023.jpg 2016_11090034.jpg

2016_11090032.jpg 2016_11090036.jpg
丹念に焼き目をつけたピザは、ちょっと見た感じはキリンです。(笑)
でも、侮るなかれ、このキリンちゃんがいい味を出しているのです。
外側はカリッとパリッとしていて、中はモッチモチ。
ポン・デ・ケージョくらいのモチモチ感。
そういえば前菜のゼッポリーネもかなりモチモチしていました。
ズワイガニとアンチョビの塩気とネギのシャキトロな感じがいいですね。
久しぶりに食べたエノテカ・クラフトのピザはとても美味しかったです。

ただ1つ残念なのはカウンターと椅子のバランス。
私は身長175cmで脚はかなり長い方(股下90cm)なので
膝がカウンターの下に閊えてしまうのです。
あと、足をのせる台がないので、太もものお尻に近い部分が
スツールの角に当たって結構痛い……
普通の体型の人には問題ないことでも、
私のような人間にはちょっと辛いこともあるのです。。。


せっかく烏山まで来たので、「LA VIEILLE FRANCE (ラ・ヴィエイユ・フランス)」
にも寄っていきましょう。

2016_11091016.jpg 2016_11090046.jpg
ここで買うのはもちろん焼き菓子。
これから仕事なのでケーキは買えませんからね~

2016_11090047.jpg 2016_11090048.jpg

2016_11090050.jpg 2016_11090052.jpg
でも、1個だけどうしても食べてみたくて、
ブラウニーを買ってみました。
もちろん今夜の食後のおやつです♪
さてさて、お味は?
生チョコのような濃厚なチョコレート感豊かなブラウニーで
とてもなめらかです。
中にはナッツがちりばめられていて、香ばしい。
1つ370円とお高めですが、この甘さと香りが疲れた脳を癒してくれたので
ヨシとしましょう。


と、ここまで書いたら、ついでに昨日のお話も。
昨日はちょっと武蔵野台を経由したので、
駅前の「おがつ農園」の販売所に寄り道してみました。

実はこの「おがつ農園」では10月~11月の期間限定で
栗を販売しているのです。
販売しているのは火曜日と木曜日の午前9時半から。
売切れ次第終了なので、今年は何回トライしても毎回完売で
一度も買えませんでした。
どうやら今年は全国的に栗の収穫があまり多くなかったみたいですね。
今年の焼き栗の販売は明日(10日)までなのですが、
何と昨日は奇跡的に買えました!

2016_11080965.jpg 2016_11080968.jpg
ってことで、生栗(利平)は800円、焼き栗は大1000円。
この大粒の栗がうれしいですね~
ちなみにどちらも16個入っていました。

2016_11080969.jpg 2016_11090044.jpg
で、今夜は生栗の利平(何種類かあったけど、甘いは利平なんですって)で
栗ご飯にしました。
焼き栗も栗ご飯の栗も甘くて美味しかった!
秋の味を堪能できたので、これで安心して冬を迎えられます。(笑)

食欲の秋。
肥え太る冬。(≧∇≦)ノ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック