2016年08月26日 (金) | edit |
無類の、というほどではないけれど、そこそこの麺好きである。
ツルツルスルスル食べられるのがいい。
なので、昨日のお昼は日赤13階の食堂で麺を1杯。

2016_08250695.jpg
フェアメニューの「汁なし坦々麺」。
おそらく「坦々麺」は「担々麺」の誤植。

2016_08250699.jpg 2016_08250700.jpg
黒胡麻担々麺チョイス。
モヤシ、キュウリ、トマトがトッピングされています。

2016_08250702.jpg 2016_08250707.jpg
意外にも麺がたっぷり。
肉みそはちょっとにゅるっとした食感だったけど、
全体の味付けはしっかりしていてそこそこの味。
辛さは卓上の一味唐辛子1/5本くらいを投入して調整。
すっかりお腹いっぱいになりました。


そして今日は松江駅に行ったので、「らあ麺ダイニング 為セバ成ル。KAKERU」へ。
ここは以前「奥出雲大橋」があった場所。
(「奥出雲大橋」は「月島亭」があった場所に移動しました)

2016_08260732.jpg 2016_08260733.jpg
ここはときどき父が食べに来ているらしい。(笑)
父曰く「注文までは早いがラーメンが出てくるのが遅い」。とのこと。
え? そうなの? (@@;)

2016_08260716.jpg 2016_08260715.jpg

2016_08260714.jpg 2016_08260717.jpg
店内はカフェみたいに明るくて清潔感があります。
しかも!
カウンター席にはコンセントとUSBポート完備。
携帯の充電もOKです。
これはありがたい!

2016_08260710.jpg 2016_08260713.jpg

2016_08260712.jpg 2016_08260711.jpg
メニューには地元のお酒やつまみ類もあって、
「ちょっと一杯」なんてときにもよさそう。

2016_08260709.jpg
私は「餃子セット 極味」(¥970)にしてみました。
ランチ限定で「成ル麺。 極味(きわみあじ)」にごはんと焼餃子3個がセットになっています。

2016_08260722.jpg
「ラーメンができるまで時間がかかる」という父の言葉に
ドキドキしていたのですが、注文してから6~7分で出てきました。
別に遅くなかったね。(笑)

2016_08260724.jpg 2016_08260726.jpg
香港麺のような細麺にとろっとしたチャーシューと
キクラゲ、モヤシ、ネギがトッピングされています。

2016_08260723.jpg 2016_08260721.jpg
餃子はそこそこの大きさものが3個。

2016_08260728.jpg
        2016_08260729.jpg
                2016_08260731.jpg
「成ル麺。」は「黒香油」と「隠しだれ」でコク深い味わい、とのことでしたが、
思ったよりもあっさりしたスープです。
ポタージュより少しゆるいくらいのとろみ加減。
香港麺のような細麺が徐々に伸びてくるので、
一気に食べるのがおすすめかも。
麺とスープの絡みは今一つな感じ。
チャーシューはとろとろで美味しかったです。
そして胡椒とすり胡麻が味変アイテムとして有効でした。
焼餃子はあっさりしていますが、あまり主張のないタイプでした。
これは自作の餃子に軍配かな。

さて。
松江で過ごすのも明日まで。
明後日のやくも&のぞみで東京に戻ります。
そして私も通常運転開始です!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック