2016年07月08日 (金) | edit |
いやいや、まだ梅雨ですけども。
でも、この暑さ!
もはや夏と言ってもいいでしょう。

2016_07080013.jpg
ということで、本日のお昼は府中で仕事のついでに
国際通りをぶらぶら歩きます。
実はここに行きたいタイ料理屋さんがあったんです。
そう、「あった」んです。
でも、去年の夏に行ってみたら営業していなくて、
それ以来週1~2回確認しに行ってもやっぱり営業していなくて、
ふと気づいたら新しいタイ料理屋さんが開店してました。

2016_07080014.jpg
それが「ヴィエン タイ」。

2016_07080016.jpg 2016_07080018.jpg
雑居ビルの2階にあります。
# もともとここには「スイタイ」というタイ料理店があったんですよ。

2016_07080019.jpg 2016_07080035.jpg
よかった、よかった。
「ヴィエン タイ」、やってました!
入口の外にはタンブン。
お坊さんや仏様に食事をあげて徳を積むのです。
それがタンブン。

2016_07080025.jpg 2016_07080026.jpg
店内は通路が広く取ってあって、ちょっと勿体ない造り?

2016_07080020.jpg
          2016_07080021.jpg
                    2016_07080022.jpg
お昼はランチメニューのみみたいです。
センレック ナムトゥック ムー(豚の血入り汁麺)が好きなので
食べたかったのですが、センレック ナム ムーしかなかったので、
パネーン ムーを選びました。
私は初めての店ではガパオを食べることが多いのですが、
家にガパオの葉が山ほどあって、今夜ガパオを食べるつもりだったため、
ガパオを注文するのはやめました。(^^;)

2016_07080027.jpg
先客が11名ほどいたので、料理が出てくるまで30分ほどかかりました。
何しろシェフが1人で作ってますからね~
最初、ライスにカイダオ(目玉焼き)がのっていなかったので、
メニュー写真を見せてカイダオがのっていないことを告げると、
「新しいシェフだからのせるのを忘れたみたい」ということでした。
で、あらためてカイダオ付きのパネーン ムーです。

2016_07080032.jpg
なんだかシャバシャバしてますね?
パネーンムーというと、もうちょっと濃厚な感じで、
さらに言えばバイマックルー(コブミカンの葉)も入っていたりするのですが、
バイマックルーの形は見えませんね。
香りはすれども姿は見えず、です。(笑)

2016_07080028.jpg 2016_07080031.jpg
ランチのセットにはゲーンチュー(スープ)とサラダ、
そしてデザートがセットになっています。

2016_07080029.jpg 2016_07080030.jpg
サラダのドレッシングは胡麻ドレ。
結構タイ料理屋さんやインド料理屋さんでは
サラダに胡麻ドレッシングがかかっているのを見かけるのですが、
これって何か理由があるのかしら???

2016_07080033.jpg 2016_07080034.jpg
ではでは、早速……
う~ん、やっぱりちょっと薄い感じかな~
濃厚さが私の好みより少し足りない、というか……
豚肉はたっぷり入ってるけど、辛みもちょっと弱い。
ジャスミンライスの炊き加減はいい感じですが、
カイダオ(目玉焼き)は日本スタイルの半熟。
ちょっと物足りなさを感じます。
そう考えると、ランチでもいつも一定レベルのMONTEE(モンティー)なんかは
非常に貴重なお店なんだな、と思います。
現在の私は「ディープ至上主義」ではなく、
「自分の好み第一主義」なのでゴザイマス。(^^;)
自分好みの味の店(=シェフ)を見つけるのって
なかなか大変ですよね。。。


2016_07080037.jpg
ってことで、今夜はガパオ ムー。
タイのガパオはカイダオ無しがわりと一般的なので
今夜はあえて目玉焼きをつけませんでした。
そして本当はシーフードで「ガパオ タレー」にしたかったけど、
シーフードが安価に手に入らなかったので、
冷凍庫の中の豚肉を使ってガパオ ムー。
これだけガパオの葉をたっぷり使っていれば(これで60枚くらいかな?)
そりゃ美味しいに決まってますよね。(笑)
基本的に私は自宅の調味料でそれらしい味を出す、という方針なので、
これも使っているのはちゃんとしたタイ料理のレシピではないのですが、
自分の好みの味を再現しているので、これはこれで美味しいと思います。
というか、自分の好みの味にしてるんだから、
美味しいに決まってるんですけども。(笑)

職場の近くで自分の好みの味のタイ料理を出してくれる店を
これからも探求していきましょう。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック